一枝 修平(いちえだ しゅうへい、1940年7月24日 - )は、大阪府大阪市天王寺区[1]出身の元プロ野球選手内野手)・コーチ解説者評論家

一枝 修平
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府大阪市天王寺区
生年月日 (1940-07-24) 1940年7月24日(80歳)
身長
体重
169 cm
62 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手
プロ入り 1964年
初出場 1964年3月21日
最終出場 1974年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 阪神タイガース (1975 - 1977)
  • 中日ドラゴンズ (1978 - 1980)
  • 阪神タイガース (1985 - 1987)
  • 中日ドラゴンズ (1990 - 1991)
  • 阪神タイガース (1997 - 1998)

経歴編集

プロ入り前編集

難波駅前で「一栄」という料亭旅館を営んでいた家庭に出生したが[2]、実家はホテルへの業態転換を経て「ホテル一栄」という屋号で現在も営業中[3]上宮高校では投手として活躍したが、高校卒業後は1959年明治大学へ進学すると、二塁手に転向する[1]東京六大学リーグでは2年次の1960年春季からレギュラーに定着し、在学中は通算82試合出場で0本塁打ながら打率.251(263打数66安打)・21打点をマーク。2年次の1960年秋季と4年次の1962年秋季では、二塁手としてベストナインに選出された[1]。3年時の1961年には春季での優勝を経て全日本大学野球選手権大会に出場するが、準決勝で日本大学に敗れている。野球部の同期生には、後藤晃吾八木孝辻佳紀別部捷夫、松本雄作(4年次のの中退を経て国鉄へ入団した外野手)がいる。大学卒業後は1963年河合楽器へ入社して遊撃手に転向し、同年の都市対抗では、優勝した積水化学に準決勝で敗れたものの、リッカーとの準々決勝で5打数4安打と活躍。この大会でのチームメイトに渡辺秀武日本軽金属からの補強選手)がいた。

プロ入り後編集

1964年中日ドラゴンズへ入団[1]。1年目は背番号54を付けていたが、2年目の1965年以降は一貫して背番号2を着用。3年目の1966年には正遊撃手として規定打席に初めて到達し、リーグ13位の打率.265を記録したほか、遊撃手としてリーグのベストナインに選出された。1968年には自身唯一のオールスターゲーム出場[1]を果たす一方で、10月10日阪神戦で江夏豊から三振を奪われたことによって、江夏はシーズン最多奪三振NPB最多記録(401奪三振)を達成した。遊撃手や二塁手としての守備力は高く、中日の正遊撃手時代には、当時の正二塁手・高木守道からのバックトスの受け手として併殺を頻繁に完成させていた[4]1972年飯田幸夫との交換トレードで、地元の近鉄バファローズへ移籍[1]。中日時代に続いて背番号2を付けると共に正遊撃手として活躍したが、1973年には自己最少の53試合出場にとどまった。シーズン終了後に球団から自由契約を通告されたが、阪神タイガースへ移籍。移籍に際しては、この年に現役を引退した安藤統男の後釜であるだけにとどまらず、将来の指導者候補としての技量も評価されたという。阪神では背番号1を付けたが、57試合に出場しただけで、1974年のシーズン終了後に現役を引退[1]

打撃面では、中日1年目の1964年に阪神甲子園球場の対阪神戦で本間勝から一軍公式戦初本塁打を放ったものの、降雨ノーゲームで幻に終わった。この年には後の公式戦で初本塁打を記録したが、通算の本塁打数は52本で、シーズン2桁本塁打は中日時代の1968年(13本)だけにとどまった[5]

現役引退後編集

引退後は前述した阪神移籍時の評価を背景に、現役時代にも在籍した阪神で二軍守備コーチ(1975年)・一軍守備コーチ(1976年 - 1977年, 1985年 - 1987年)・ヘッドコーチ(1997年 - 1998年)、古巣の中日で二軍守備コーチ(1978年)・一軍守備コーチ(1979年 - 1980年)・ヘッドコーチ(1990年 - 1991年)を務めた。コーチ業の合間を縫って、毎日放送解説者(1981年 - 1984年, 1988年 - 1989年, 1992年 - 1996年)・中日スポーツ(1981年 - 1984年)→日刊スポーツ大阪本社評論家(1988年 - 1989年, 1992年 - 1996年)を務めた。

阪神コーチ時代は一貫して、吉田義男監督の参謀格として手腕を発揮。いずれも、吉田の監督就任と同時にコーチへ就任した後に、吉田の退任に合わせて自身も退団している。1985年には21年ぶりのリーグ優勝と球団史上初の日本一に貢献した一方、吉田が監督を辞任した1987年には、後任の村山実監督から残留を強く要請されたが固辞。1989年のシーズン終了後には、チームの成績不振などで村山が監督を辞任したことを背景に、球団幹部から後任監督への就任要請を受けた[6]。しかし、コーチ人事を決める寸前で要請を固辞。結局、明大の後輩・星野仙一が監督を務める中日にヘッドコーチとして復帰し、村山の後任には中村勝広が就任。解説者・評論家時代の1996年にも、阪神の監督を中村から引き継いでいた藤田平の辞任を機に、監督候補に再び名前が挙がっていた。後に、吉田にとって通算3回目の監督就任が決まったことを受けて、ヘッドコーチを2シーズン務めている。1998年限りで阪神を退団してからは、1999年から毎日放送解説者・日刊スポーツ大阪本社評論家へ復帰。その傍らで日本プロ野球OBクラブ関西支部長を務め、2001年から2007年には、吉田が監督を務めていたプロ野球マスターズリーグ・大阪ロマンズのヘッドコーチを兼務していた。毎日放送のプロ野球中継には「ナニワの名参謀」というキャッチフレーズで出演していたが、2016年頃から出演のペースが月に1回程度まで減少。2019年には出演の機会がなく、1990年から解説者として契約していた安藤とともに、毎日放送の中継から勇退した。ただし、勇退後も日刊スポーツで評論活動を続けている[7]

中日の選手時代に授かった息子は、中学校から大学まで野球を続けた後に、「ホテル一栄」などへの勤務を経て、神戸市内でカレーとビーフシチューの専門店を営んでいる[8]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1964 中日 71 161 146 21 36 6 0 1 45 6 1 3 5 0 8 0 2 18 4 .247 .295 .308 .603
1965 66 154 142 10 31 2 2 2 43 15 2 0 2 1 9 0 0 24 3 .218 .263 .303 .566
1966 119 419 378 36 100 13 4 7 142 30 4 6 9 1 29 0 2 53 4 .265 .320 .376 .695
1967 117 423 391 26 90 22 2 6 134 36 3 8 9 1 19 1 3 60 6 .230 .271 .343 .613
1968 115 490 434 51 118 24 3 13 187 47 4 6 18 2 33 0 3 74 10 .272 .326 .431 .757
1969 129 553 494 52 115 17 4 7 161 29 6 8 16 1 36 0 6 85 10 .233 .292 .326 .618
1970 126 474 438 42 106 16 5 7 153 28 2 2 14 2 18 3 2 52 10 .242 .274 .349 .623
1971 66 141 124 6 28 2 2 0 34 14 1 0 4 2 9 0 2 16 3 .226 .285 .274 .559
1972 近鉄 114 382 349 25 90 13 0 5 118 32 5 7 8 3 20 1 2 34 3 .258 .299 .338 .638
1973 53 124 117 9 29 4 0 3 42 8 2 2 4 0 3 0 0 13 1 .248 .267 .359 .626
1974 阪神 57 143 123 12 23 1 0 1 27 10 0 0 3 2 14 0 1 28 5 .187 .271 .220 .491
通算:11年 1033 3464 3136 290 766 120 22 52 1086 255 30 42 92 15 198 5 23 457 59 .244 .293 .346 .637

表彰編集

記録編集

節目の記録
  • 1000試合出場:1974年6月22日 ※史上174人目
その他の記録

背番号編集

  • 54 (1964年)
  • 2 (1965年 - 1973年)
  • 1 (1974年)
  • 74 (1975年 - 1980年)
  • 88 (1985年 - 1987年、1997年 - 1998年)
  • 73 (1990年 - 1991年)

関連情報編集

過去の出演番組編集

以上はいずれも、毎日放送のプロ野球中継。

  • CBCドラゴンズナイター
    • CBCの解説者が不足していた時期に、MBSとネットを組む金曜日の中日対阪神戦中継へ出演。放送上は、MBS制作分の阪神戦中継(CBCとの相互ネット・同局向けの裏送り・予備カードからの昇格扱い)に解説者として登場することもあった。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集