三浦龍司

日本の陸上競技選手

三浦 龍司(みうら りゅうじ、2002年平成14年)2月11日 - )は島根県浜田市出身の陸上競技選手、専門は中距離長距離で主に3000mSC。浜田市立浜田東中学校、京都洛南高校卒業。順天堂大学陸上競技部所属。 2021年に2020年東京オリンピック3000mSCに出場し、日本人初入賞の7位入賞を果たす。

三浦 龍司
みうら りゅうじ
Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム 三浦 龍司
ラテン文字 MIURA Ryuji
愛称 ミウラガット エルゲ龍司
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技
種目 3000mSC
中距離走 長距離走
大学 順天堂大学
生年月日 (2002-02-11) 2002年2月11日(20歳)
出身地 島根県の旗島根県浜田市
身長 168 cm[1]
体重 56 kg
オリンピック 3000mSC:7位(2021年
国内大会決勝 日本選手権
3000mSC:優勝(2021年2022年
クロスカントリー10km:優勝(2021年
最高世界ランク 6位(2022年6月17日現在)
自己ベスト
1500m 3分36秒59(2022年)
3000m 7分48秒07(2021年)
5000m 13分26秒78(2021年)
10000m 28分32秒28(2021年)
3000mSC 8分9秒92(2021年)日本記録
ハーフマラソン 1時間01分41秒(2020年)
獲得メダル
陸上競技
アジアユース選手権
2019 香港 3000mSC
編集 テンプレートのヘルプを表示する

3000mSCの日本記録保持者で日本学生記録、U20日本記録も同タイムで保持。また、U18日本記録、高校記録保持者。2000mSCのU20及びU18日本記録保持者。1500mの日本人学生記録保持者。3000mの日本人学生記録、U20日本記録保持者。ハーフマラソンのU20日本及びU20アジア最高記録保持者。

来歴・人物編集

小学校から高校1年まで編集

小学1年から、陸上クラブの浜田JASに所属。小学校時代から負けず嫌いで体力があり、縄跳び競技で二重跳びを10分間飛び続け、優勝した時の記録は浜田市小学生記録で2021年現在も更新されていない。80mHで浜田市記録を塗り替えたり、県大会で優勝したこともあった[2]。ハードルを飛び越える身のこなしや長距離が好きなことから、当時から陸上クラブのコーチに高校生以降の種目である3000mSCを勧められる。それをきっかけに洛南高校へ進学後、本人が希望して3000mSCに出場することになる。中学に入ってからは陸上クラブと学校の部活の両方で練習を行う[3]。中学2、3年はジュニアオリンピック全中1500m3000mで出場。中国大会では2種目優勝も経験するが、全国大会ではいつも予選敗退だった。中学2年で都道府県駅伝に初出場。

2017年、陸上クラブのコーチの勧めもあり、県外の強豪校洛南高校へ進学。 京都高校総体3000mSC予選を1位通過し、決勝では1年生ながら2000m付近まで先頭集団を引っ張り5位入賞[4]。近畿高校総体でも決勝へ進出し12位。 近畿高校ユース陸上競技対抗選手権で1年男子3000mSCに出場し、9分10秒78の高校1年歴代2位、大会新で優勝[5]

2018年編集

洛南高校2年、京都高校総体3000mSCで、8分52秒27の大会新、高校2年歴代最高で優勝[6]。 近畿高校総体3000mSCでも独走し優勝。入賞が確実とみられた全国高校総体3000mSCでは予選4組に出場し1着でゴールしたが、レース中に三浦が障害に激突した際、接触を避けてやむを得ずコース外に出た選手への妨害で失格になる[7]

近畿高校ユース陸上競技対抗選手権で2年男子3000mSCに出場し、8分46秒56のU18日本新、高2歴代最高、高校歴代3位で優勝。1500mは2位入賞[8]

第73回福井国体で少年男子A5000mに出場し、14分4秒50で3位入賞。

2019年編集

3月、第3回アジアユース選手権英語版(香港)で2000mSCに出場し、5分42秒35の大会新で、金メダルを獲得[9]

洛南高校3年になった4月、第53回織田幹雄記念国際陸上競技大会チャレンジ男子2000mSCに実業団選手の中に混ざり出場し、5分39秒27のU20/U18日本新で優勝。

6月15日、近畿高校総体3000mSC決勝で8分39秒49の高校新、U18日本新、大会新記録を記録。強風と後半は土砂降りの雨が降る悪天候の中、櫛部静二の陸上最古の高校記録を30年ぶりに5秒以上更新した。 更に12日後の6月27日、第103回日本陸上競技選手権大会3000mSC予選1組に出場し、自身の記録を0.12秒更新する8分39秒37を記録し、再び高校新とU18日本新を出す。決勝では8分40秒30で5位入賞[10]

8月、全国高校総体は台風が近づく沖縄で強風の中、3000mSCではフィレモン・キプラガットに29秒の大差を付けられ、台風の影響もありタイムも振るわなかったが2位入賞。1500m決勝では3分48秒00の自己新で6位入賞。洛南高校は総合優勝も果たした[11]

12月1日、日体大記録会5000m43組で13分51秒97の自己新、組1位。全国高校駅伝を前に、当時の日本人高校3年の中で1位のタイムを叩き出す。しかし、全国高校駅伝や都道府県駅伝では3年間通して思ったような活躍ができず、ロードや駅伝に苦手意識を持っていた[3]

2020年編集

在学中に3000mSCでオリンピック出場や箱根駅伝などでも活躍した卒業生の塩尻和也に憧れて、順天堂大学に進学。

7月18日、シーズン初戦となったホクレン・ディスタンス2020千歳大会3000mSCに出場し、高校時代には全く歯が立たなかったフィレモン・キプラガットに競り勝ち、8分19秒37で優勝。 この記録は、日本記録まであと0.44秒の日本歴代2位で、41年ぶりに新宅雅也の日本学生記録と、37年ぶりに愛敬重之の当時陸上最古だったU20日本記録を大幅に更新。いきなり自己記録を20秒更新し、延期が決定していた2020年東京オリンピック代表の最有力候補となり注目を浴びる。 なお、オリンピック参加標準記録の8分22秒00を突破したが、新型コロナウイルス感染拡大・緊急事態宣言発令の影響で延期を余儀なくされ、世界陸連が各国の公平性に配慮して設けたオリンピック参加にかかわる参加標準記録とワールドランキングポイントの適用除外期間だった[12]

9月11日、第89回日本インカレで3000mSCに出場し、8分28秒41の大会新記録で優勝。

10月17日、箱根駅伝予選会に出場し、ハーフマラソン1時間1分41秒を記録し、5位(日本人1位)。10年ぶりに大迫傑のU20日本最高記録、U20アジア最高記録を6秒更新した。 雨の中でのレースだったが、新型コロナウイルスの影響で、立川駐屯地のみの平坦な周回コースだった事もあり、順天堂大学は上位10人の総合タイムで過去最速の駒澤大学の記録を6分以上更新して10:23:34で1位通過した。

11月1日、第52回全日本大学駅伝に1区(9.5km)で、27分07秒と従来の区間記録を18秒更新する区間新記録で区間賞を獲得する。順天堂大学は総合8位で来年のシード権を獲得した[13]

標準記録を突破し優勝すれば、オリンピック代表に内定する12月4日の日本陸上競技選手権大会に出場予定だったが、11月末の練習中の打撲により欠場。

2020年の男子3000mSCのU20世界ランキング1位[14]

アスレティックス・アワード2020(東京運動記者クラブ選出)新人賞受賞[15]

2021年編集

1月2日、第97回箱根駅伝1区(21.3km)に出場し、1時間3分33秒で区間10位。 三浦は、高速レースになると予想していたが、スタート直後から数百メートルは全員が周りの様子を窺い、1km4分以上はかかるゆっくりとしたジョギングペースという選手も驚きの入りだった(1km通過は3分33秒)。その後もペースの上げ下げが激しく、ラストスパートに付いていけず、トップから33秒差だった。順天堂大学は総合7位で来年のシード権を獲得した。

2月27日、第104回日本選手権クロスカントリーシニア10kmに出場し、松枝博輝(富士通)をかわし29分10秒で優勝[16]

5月9日、国立競技場で開催された東京 2020 テストイベントREADY STEADY TOKYOで3000mSCに出場し、8分17秒46の日本新記録で優勝し、オリンピック参加標準記録を突破した。自身初の内水壕だったが、ほぼ先頭で集団を引っ張り、18年ぶりに岩水嘉孝の日本記録と自身の持つ日本学生記録、U20日本記録を更新[17]

6月12日、順大記録会で3000mに出場。序盤からハイペースでレースを進め、ラスト1周で大学の先輩である塩尻和也を追い抜いて7分48秒07の1位でゴール[18]。この記録はこれまでの日本人学生記録およびU20日本記録を更新するものであり、同時に日本歴代4位の記録となった。

6月26日、長居陸上競技場(ヤンマースタジアム長居)で行われた第105回日本陸上競技選手権大会3000mSCにおいて、自身の持つ日本記録、日本学生記録、U20日本記録を更新する8分15秒99をマークし、大会新で初優勝。1ヶ月後に開催される2020年東京オリンピック代表に内定した。先頭を走っていたが、残り550mほどの水濠を越えた所で転倒するアクシデントに見舞われ、青木涼真山口浩勢に抜かれるもすぐに追い抜き、そのままラストスパートで引き離した[19]

7月30日、国立競技場で行われた、東京オリンピックの陸上・3000mSC予選にて、8分9秒92の日本新記録を樹立[20]。1組2着となり、8月2日夜に行われる決勝に進んだ[20]。日本選手の同種目決勝進出はミュンヘンオリンピック小山隆治以来49年ぶりの快挙である[20]。8月2日の決勝、スタート時は先頭集団の好位置につき、一時はスローペースの集団を先頭で引っ張ったが、レース中盤に後退。残り1周で10位まで後退していたものの、最後の水濠を越えてから加速し、ラストスパートで順位を引き上げ[21]、8分16秒90の記録で7位に入る。本種目において日本人初の入賞を成し遂げた[22]。トラック個人種目での入賞も、シドニーオリンピック・10000mで7位入賞の高岡寿成以来21年ぶりであった[23]

11月7日、第53回全日本大学駅伝では2区(11.3km)で出走。トップと20秒差の11番目(順位は10位)で襷を受けると、2km手前で先頭集団に追いつき、残り1kmで一気に集団から抜け出して先頭で襷を渡した。区間歴代3位の31分30秒で2年連続の区間賞を獲得し、順天堂大学20年ぶりの3位入賞に大きく貢献した。

2022年編集

1月2日、第98回箱根駅伝2区(23.1km)に出場し、1時間7分44秒で区間11位。

4月9日、第30回金栗記念選抜中・長距離熊本大会2022で1500mに出場し、3分36秒59で優勝。また大会MVPに選ばれた。この記録は、日本歴代2位で、46年ぶりに石井隆士の日本人学生記録を更新した。一時、ラスト200mで10mほど先行する遠藤日向を特にラスト100mほどから猛追してラスト30mほどで更に切り替えて交わし、遠藤とは0.1秒差の僅差だった[24]

自己記録編集

  • 3000m - 7分48秒07(2021年6月12日:順天堂大学競技会)U20日本記録、日本人学生記録、日本歴代4位、U20アジア歴代2位[25]
  • ハーフマラソン - 1時間01分41秒(2020年10月17日:箱根駅伝予選会)U20日本最高記録、U20アジア最高記録[30]

関連項目編集

出典編集

  1. ^ [1]スポーツ報知 2022年1月12日閲覧
  2. ^ [2]スポニチ 2021年8月11日閲覧
  3. ^ a b [3]4years. 2021年3月1日閲覧
  4. ^ [4]2021年3月5日閲覧
  5. ^ [5]2021年3月16日閲覧
  6. ^ [6]2021年3月5日閲覧
  7. ^ [7]2021年3月6日閲覧
  8. ^ [8] 三浦龍司twitter 2021年3月6日閲覧
  9. ^ [9]2021年2月28日閲覧
  10. ^ [10]学生陸上スポットライト 2021年5月5日閲覧
  11. ^ [11]洛南高校公式サイト 2021年3月16日閲覧
  12. ^ [12]日本陸連公式サイト 2021年2月28日閲覧
  13. ^ [13]日刊スポーツ 2021年04月14日閲覧
  14. ^ [14]世界陸連公式サイト 2021年2月28日閲覧
  15. ^ [15]日本陸連公式サイト 2021年3月1日閲覧
  16. ^ 待望の実戦で輝く逸材、順天堂大・三浦龍司…箱根駅伝めざして : ニュース : 箱根駅伝” (日本語). 読売新聞オンライン (2021年3月15日). 2021年5月7日閲覧。
  17. ^ 【READY STEADY TOKYO】男子3000mSC新記録樹立者 三浦龍司(順天堂大学)コメント:日本陸上競技連盟公式サイト - Japan Association of Athletics Federations” (日本語). 日本陸上競技連盟公式サイト. 2021年5月10日閲覧。
  18. ^ 第4回順天堂大学競技会 (順天堂大学陸上競技場) リザルト (pdf)”. 順天堂大学陸上競技部. 2021年8月2日閲覧。
  19. ^ 【第105回日本選手権】男子3000m障害優勝 三浦龍司(順天堂大・島根)コメント:日本陸上競技連盟公式サイト - Japan Association of Athletics Federations” (日本語). 日本陸上競技連盟公式サイト. 2021年6月27日閲覧。
  20. ^ a b c 三浦龍司が日本新で決勝へ 男子3000m障害、日本選手49年ぶり”. 毎日新聞社 (2021年7月30日). 2021年7月30日閲覧。
  21. ^ “三浦龍司が7位入賞 3000m障害で初の快挙”. デイリースポーツ online. (2021年8月2日). https://www.daily.co.jp/olympic/tokyo2020/2021/08/02/0014558034.shtml 2021年8月2日閲覧。 
  22. ^ “三浦龍司、男子3000M障害8分16秒90で日本人初7位入賞 19歳が日本選手49年ぶり決勝で快挙”. Sponichi Annex. (2021年8月2日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2021/08/02/kiji/20210802s00056000510000c.html 2021年8月2日閲覧。 
  23. ^ “三浦龍司、7位入賞 トラック個人種目では日本勢21年ぶり 男子3000M障害…現役箱根駅伝ランナー”. スポーツ報知. (2021年8月2日). https://hochi.news/articles/20210802-OHT1T51164.html 2021年8月2日閲覧。 
  24. ^ 東京五輪7位の三浦龍司が専門外1500mで3分36秒59!日本歴代2位!日本人学生最高!遠藤日向も3分36秒69/金栗記念選抜” (日本語). 月刊陸上 (2022年4月9日). 2022年4月13日閲覧。
  25. ^ [16]世界陸連公式サイト 2021年9月11日閲覧
  26. ^ [17]世界陸連公式サイト 2021年9月11日閲覧
  27. ^ [18]世界陸連公式サイト 2021年9月11日閲覧
  28. ^ [19]世界陸連公式サイト 2021年9月11日閲覧
  29. ^ [20]世界陸連公式サイト 2021年9月11日閲覧
  30. ^ [21]世界陸連公式サイト 2021年9月11日閲覧

外部リンク編集