メインメニューを開く

上崎洋一

日本の編集者、著作家、俳人

上崎 洋一(うえさき ひろかず、1972年5月13日[2] - )は、日本編集者著作家[3][4]俳人。元株式会社コアマガジン海紅社編集人[5]。ペンネームは上崎よーいち[6][7]俳号日野百草(ひの ひゃくそう)[8]全国俳誌協会賞[9][10]日本詩歌句随筆評論協会賞奨励賞受賞[11]千葉県野田市生まれ[9]東京都日野市在住[12]

上崎 洋一
ペンネーム 猿1号
上崎よーいち
日野百草
誕生 (1972-05-13) 1972年5月13日(47歳)
千葉県の旗 千葉県野田市
職業 編集者著作家俳人
国籍 日本の旗 日本
教育 学士学術
最終学歴 大手前大学現代社会学部
活動期間 1993年 -
ジャンル サブカルチャー[1]俳句
主な受賞歴 全国俳誌協会賞(2017)
日本詩歌句随筆評論協会賞奨励賞(2018)
公式サイト 無中心
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

来歴編集

野田市立南部中学校常総学院高等学校卒業。デイリースポーツ産業金融新聞ナイタイを経て[5]角川書店コンプティーク』に入社[6]。猿1号、上崎よーいち等の名義でパソコンゲームリプレイ小説、ゲーム、アニメ声優関係のコラムを執筆[13]。のち『メガストア』のアニメ担当を経てコアマガジンの編集人となり[14]、『G-type』『ティアラ!』等のアニメ雑誌や『シャルロット〜Charlotte〜』シリーズ等の原作、シナリオも手掛けた[15]。同社退職後は秋水社の漫画編集を経て独立[5]

出版社在職中に知遇を得た社会福祉学者の李仁之の勧めで[5]佛教大学日本福祉大学大学通信教育で卒業[16]。後に学士入学した大手前大学通信教育部で川本皓嗣の授業を受けたことをきっかけに俳句を始め[5]、日野百草の俳号で『ホトトギス』に投句[9]、2015年3月同大卒業、河東碧梧桐創立「海紅」編集委員に就任[17]、海紅文庫、海紅百周年記念句集編集人に就任[9]。2016年、「砲車は戦争を賛美したか 長谷川素逝と戦争俳句」で第36回現代俳句評論賞最終候補[18]。2017年、「故郷」で第3回宝井其角俳句大会準賞[19]、「過去帳」で第1回全国俳誌協会賞[9][20]、この年の評価により、2017年度の第14回鷗座賞を受賞した[10][21]。2018年、処女句集『無中心』(第三書館)上梓[22]。同年、「砲車は戦争を賛美したか 長谷川素逝と戦争俳句」で第14回日本詩歌句随筆評論協会賞の評論部門で奨励賞を受賞した[11]。また「少年兵」で第46回新俳句人連盟賞選外佳作[23]、「他者は〈われ〉になり得るか 代演と共感のリアリズム」で第38回現代俳句評論賞候補[24]、この年の第15回鷗座年度作品賞を受賞。 日本伝統俳句協会現代俳句協会新俳句人連盟会員[9]全国俳誌協会新人賞選考委員[25]NHK学園、朝日カルチャーセンター講師[26]

作品編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『天皇制と共和制の狭間で』(第三書館)2018年3月、プロフィール。
  2. ^ a b 『新俳句人連盟70年 -歴史と作品-』(新俳句人連盟)2016年10月、237頁。
  3. ^ 「80年代マンガ“セクシーヒロイン”ランキング」上崎洋一氏アサヒ芸能』、2013年5月7日。
  4. ^ 「マスオ的人生っていいかもね」上崎洋一『東京スポーツ』、2013年7月11日。
  5. ^ a b c d e 『無中心』略歴(第三書館)2018年1月。
  6. ^ a b コンプティーク』「よーいちの代々々ライターズ学院」第14回、「もろもろライター、きっかけ編」、1998年8月号、149頁。
  7. ^ 「大人が愉しいゲーム教えます」上崎よーいち『宝島』、1998年2月18日。
  8. ^ a b 『現代俳句精鋭選集17』(東京四季出版)2018年3月、158頁。
  9. ^ a b c d e f g 全国俳誌協会 協会賞 全国俳誌協会
  10. ^ a b 『新俳句年鑑2018』(北溟社)、2018年1月1日、205頁。
  11. ^ a b 平成30年(第14回)日本詩歌句随筆評論大賞ならびに協会賞の結果発表 NPO法人 日本詩歌句協会、2018年8月17日。
  12. ^ 初参加の上崎洋一は俳人日野百草 夢道サロン(月島・橋本夢道の会)。
  13. ^ 『コンプティーク』「よーいちの代々々ライターズ学院」第11回、「おおつきべるのインタビュー」、1998年5月号、151頁。
  14. ^ ボクらの時代のエロ・イノベーション大全、『週刊SPA!』、1999年12月27日号、40頁。
  15. ^ a b c d e 10周年記念スペシャル「また、会えたね!」『G-type』2009年6月号、30頁。
  16. ^ 「怪物君あらわれる!」吉平たもつ(『俳句人』2018年6月号)、40-41頁。
  17. ^ 海紅百周年記念大会
  18. ^ 長谷川素逝と戦争俳句、「夢道サロン」で日野百草さん語る 勝どき書房(「夢道サロン」)。
  19. ^ 第3回 2017 宝井其角俳句大会入賞入選者発表
  20. ^ 日野百草「玉砕の島より鷲の羽ばたけり」(『俳誌展望』第175号) 大井恒行の日々彼是。
  21. ^ 第十四回鷗座賞受賞「-無中心- 日野百草の俳文学館」。
  22. ^ 「可能性への挑戦新た」岡崎万寿(「ブックエリア」『現代俳句』2018年8月号)、74頁。
  23. ^ 「第46回新俳句人連盟賞第二次選考表と結果」『俳句人』2018年9月号、10頁。
  24. ^ 「第三十八回現代俳句評論賞選考経過」(『現代俳句』2018年10月号)、27頁。
  25. ^ 日野百草さん、赤羽根めぐみさんとともに審査員をつとめた全国俳誌協会新人賞(15句作品応募)、結果速報出ました。 神野紗希Twitter、2018年6月13日ツイート。
  26. ^ 多摩俳句会 朝日カルチャーセンター立川教室
  27. ^ 猿1号、或いは上崎よーいちとして吾妻ひでお先生。
  28. ^ イラスト・コミック制作の萌画舎LLP パワードール2 「オーディンの侍女」。
  29. ^ 『POWER DoLLS2 COMPLETE BOX』豪華特典の詳細が判明 ファミ通.COM、2008年6月11日。
  30. ^ 人気声優アイドルの実像『MPEG SPECIAL Vol.3』(アスキー)1996年12月、26頁。
  31. ^ 日本における Charles Lutwidge Dodgson 関係文献目録 小原俊一(盛岡大学文学部准教授)。
  32. ^ 「祭宴」52号 大井恒行の日々彼是。
  33. ^ 『俳句人』2016年6月号、27頁。
  34. ^ 俳句四季2017年8月号目次 (PDF)
  35. ^ 鋸研究家で俳人・栃木の吉川金次が昭和俳句弾圧事件で検挙 殿岡駿星「日野百草さんが「夢道の獄中句・日記」に寄稿」。
  36. ^ 最新ニュース(勝どき書房・夢道サロン)鷗座」10月号に日野百草さんが評論。
  37. ^ 日野百草「狐火の赤か救急車の赤か」(『無中心』) 大井恒行の日々彼是、2018年2月6日更新。
  38. ^ 水仙と同じ高さの心電図 日野百草 (PDF) 続・らくだ日記(四十九)佐怒賀正美、2018年3月19日更新。
  39. ^ 30代~90代の日本エンペラー論 模索舎、2018年3月8日更新。
  40. ^ 東京四季出版の出版案内 東京四季出版
  41. ^ 俳壇1月号(第36巻第1号) 2018年12月14日発売。
  42. ^ 俳句四季 2019年1月号 No.497 2018年12月20日発売。
  43. ^ 団塊ジュニア・氷河期中年15人の失敗白書 「BOOKセレクト」『スポーツ報知』、2019年8月31日配信。

参考文献編集

  • 角川書店『コンプティーク』1995年4月号-1998年8月号
  • コアマガジン『G-type』2006年8月号、2009年6月号、2011年2-4月号
  • 第三書館『無中心 日野百草句集』2018年1月

外部リンク編集