久保 帯人(くぼ たいと、1977年6月26日[要出典] - )は、日本漫画家広島県安芸郡府中町出身[1]府中町立府中緑ヶ丘中学校広島県立安芸府中高等学校卒業[2]。初期のペンネームは「久保宣章」(くぼ のりあき)であった。

久保帯人
生誕 (1977-06-26) 1977年6月26日(40歳)
日本の旗 日本広島県安芸郡府中町
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1996年 -
ジャンル 少年漫画
代表作 BLEACH
受賞 第50回小学館漫画賞少年向け部門
(『BLEACH』)
テンプレートを表示

代表作は『BLEACH』。

目次

略歴編集

  • 1995年 - 高校3年生時投稿した作品が、担当編集の目に留まる[3]
  • 1995年 - 『FIRE IN THE SKY』がホップ☆ステップ賞最終選考に残る。
  • 1996年 - 『週刊少年ジャンプ』増刊に掲載された『ULTRA UNHOLY HEARTED MACHINE』でデビュー。当時のペンネームは「久保宣章」。
  • 1996年 - 『週刊少年ジャンプ』36号に『刻魔師 麗』を掲載。
  • 1997年 - 『週刊少年ジャンプ』51号に『BAD SHIELD UNITED』を掲載。
  • 1999年 - 『週刊少年ジャンプ』34号より、『ZOMBIEPOWDER.』の連載を開始(2000年11号まで)。これを機に上京し本作からペンネームを「久保帯人」に変更。
  • 2000年 - 『赤マルジャンプ』2001 Winterに『BLEACH』の前身となるプロットタイプ版を掲載。
  • 2001年 - 『週刊少年ジャンプ』36・37合併号より、『BLEACH』の連載を開始(2016年38号まで)。
  • 2004年 - 『BLEACH』がTVアニメ化される。(テレビ東京系)
  • 2005年 - 『BLEACH』で第50回(平成16年度)小学館漫画賞少年向け部門を受賞。
  • 2006年 - 『BLEACH』が映画化される。(東宝系)

人物編集

  • 子供の頃から『ゲゲゲの鬼太郎』、『聖闘士星矢』が好きで漫画を描き始めたとインタビューで語っている[4]。小学3年生の頃漫画家になることを志し、6年生の頃ジャンプで描く事を決めた[5]。ただし、漫画自体はジャンプ以外あまり読まないと2008年12月13日放送の『ポルノグラフィティ岡野昭仁のオールナイトニッポン』にゲスト出演した際に語っている。
  • 高校卒業後は広島市内にある穴吹デザイン専門学校に進学するも中退。
  • アシスタント経験なし。初代担当曰く、かなりの速筆であるという[6]
  • ジャンプフェスタ・アニメツアー」で放映された『BLEACH』のアニメでは、コンの声を演じた。
  • 非常に音楽好き、またお笑い好きであり、本誌や作中、コメントで多く話題に上がっている。笑いを変えた漫画の作品では『すごいよ!!マサルさん』を挙げている[7]
  • うすた京介とは非常に仲が良く、うすた京介の誕生日には自筆のジャガーのイラストを送っている。また、作品内でも交友がうかがえる。
  • 非常に飽きやすく、2年に一度引越しをしている[8]。好きな建築家はオスカー・ニーマイヤーザハ・ハディッドである。
  • テレビ西日本アナウンサー津野瀬果絵とは高校で同期。
  • アメリカでファンと交流した際には会場前に開始2時間以上前から行列ができ入場できなかったファンもいたほどであり、そこで初めて人気の高さを知ったという[9]
  • 2012年頃から風貌の似た別人を久保と称したコラージュ画像がインターネットで広まっているが、2015年9月にジャンプ編集部から久保の人格権を侵害しているとして法的措置を行うと宣言した[10][11]

作品編集

漫画編集

  • ZOMBIEPOWDER.2000年ジャンプ・コミックス集英社)。全4巻)
    • ZOMBIEPOWDER.(1999年 - 2000年連載、週刊少年ジャンプ。全編収録)
    • ULTRA UNHOLY HEARTED MACHINE(1996年、週刊少年ジャンプ増刊、2巻に収録。発表時は久保宣章名義)
    • 刻魔師 麗(1996年、週刊少年ジャンプ、3巻に収録。発表時は久保宣章名義)
    • BAD SHIELD UNITED(1997年、週刊少年ジャンプ、4巻に収録。発表時は久保宣章名義)
  • BLEACH2001年 - 2016年 、週刊少年ジャンプ、全74巻)

イラスト(挿絵)編集

画集編集

  • BLEACHイラスト集 All Colour But The Black All(2006年

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集