平原康多

日本の競輪選手

平原 康多(ひらはら こうた、1982年6月11日 - )は、日本競輪選手日本競輪学校第87期卒業。日本競輪選手会埼玉支部所属。師匠は太田耕二太田真一の兄)。ホームバンクは西武園競輪場。平原啓多(97期)は弟。

平原 康多
Kōta Hirahara
KEIRINグランプリ2017にて
基本情報
本名 平原 康多
ひらはら こうた
生年月日 (1982-06-11) 1982年6月11日(42歳)
身長 185cm
体重 99kg
縁故選手 父:平原康広(28期・引退)
弟:平原啓多(97期)
選手情報
所属 日本競輪選手会 埼玉支部
期別 87期
脚質 自在
アマチュア経歴
1999-2001 埼玉県立川越工業高等学校
登録地変遷
2002- 埼玉
業績
S級S班 2008-2011, 2014-2023
特別競輪勝利
GI 高松宮記念杯 2009 2010
GI 競輪祭 2009 2014 2016
GI 全日本選抜 2013 2017
GI 寬仁親王牌 2021
GI 日本選手権 2024
GII ふるさとダービー 2006
GII 共同通信社杯 2018
■最終更新日:2024年5月5日  テンプレートを表示

略歴

編集

父・康広は弥彦競輪場に拠点を置く競輪選手(28期)であり、14歳までは競輪場がある弥彦村に隣接した岩室村(現在の新潟市西蒲区)で育った[1][2]

15歳の時に埼玉県狭山市に転居。父の影響から自転車競技を始め、埼玉県立川越工業高等学校在学時にはジュニア世界選手権に出場している[3]。第87期生として入学した日本競輪学校では、全生徒中最終バック先頭回数が最も多かったことや恵まれた体格もあり、同期の中で最も将来性がある生徒と目されていた。

2002年8月5日、西武園競輪場でデビューし、初出走で初勝利。2004年1月にはS級へ昇進し、同年のヤンググランプリに出場(7着)。翌年のヤンググランプリでは山崎芳仁に続く2着となり、2006年頃からGIやGIIの常連となった。

2006年8月に開催されたふるさとダービー富山競輪場)では、本命を背負った武田豊樹を相手に逃げ切り優勝。また、同年の全日本選抜競輪決勝では3着に入り、初のGI表彰台を経験した。2008年にはS級S班の初代18名に選出され、獲得賞金4位でKEIRINグランプリに初出場(KEIRINグランプリ08)。井上昌己の2着に入賞する。

2009年、高松宮記念杯決勝では武田豊樹の番手を回り、最終2センターからの番手捲りでGI初優勝を飾る。その後、寬仁親王牌オールスター決勝では平原・武田・神山雄一郎の並びで挑み、神山の連続2着と武田のオールスター優勝に貢献。同年11月には競輪祭で初優勝[4]。翌2010年の高松宮記念杯では再び武田の番手を回り、連覇を達成した[5]

2011年と2012年は目立った活躍がなくグランプリ出場を逃すが、2013年の全日本選抜競輪決勝で3年ぶりにGI優勝を果たす。2014年は前年12月に起こったSS11の移籍騒動に加担したとして、同年5月1日から8ヶ月間の競走出場自粛を言い渡されるが、後に自粛期間が3ヶ月に短縮され、8月より競走に復帰した。

その後、競輪祭(2014年2016年)、全日本選抜競輪(2017年)、寛仁親王牌(2021年)、共同通信社杯(2018年)と多くのタイトルを獲得し、10年連続でS級S班の地位を維持し続けた[注 1][8][9][10]。この間のグランプリでは2021年に2着に入ったほか[11]2020年(5着)には脇本雄太の後位を回り注目を集めた[12]

2023年は相次ぐ落車の影響で故障に苦しみ[13][14]GIの決勝に進めたのはオールスター(7着)のみだった。賞金ランキングでも上位に入れなかったうえに競輪祭も予選敗退したことで、10年連続で続けてきたS班からの降格が決まった[15]

2024年3月1日、玉野記念2日目第8レース(二次予選)にて勝利し、通算500勝を達成。S級創設(1983年4月)以降女子(4人)も含めて通算54人目の記録で、登録日から21年9か月(デビュー日を含まない)での達成であった[16]。規程により後日、JKAより表彰予定[17]

同年5月5日には、吉田拓矢の番手から、約10年前のフレームで[13][18]日本選手権競輪を初優勝し、グランドスラムに王手をかけた(残るはオールスター)。この3年ぶりのGI制覇をもって、わずか1年でS班復帰を果たすことにもなった[19]

主な獲得タイトルと記録

編集

なお、平原は山崎芳仁と同様グランドスラムに最も近く、残るGIタイトルは、オールスター競輪だけとなっている。

人物

編集

自力自在の競走を主とする。若手時代は先行主体の自力選手として活躍しており、「徹底先行の平原康多」として紹介されることもあった[20]。トップスピードに達してからの持久力は評価が高く、他の選手を自ら横の動きで捌くことも多かった。平原自身は「徹底先行から自力自在の感じに変えてから1着が増えてきた」と述べている[21]

2010年代に入り、武田豊樹とのコンビは「(関東)ゴールデンコンビ」と呼ばれ、その時々で前後を入れ替えてタイトルを量産した[22]後閑信一が東京に移籍した理由の一つとして、平原との関係を一層深めたかったからという見方もある。

人望が厚く、近年は関東地区のまとめ役としての一面を持つ。2020年のスーパープロピストレーサー賞では、関東の中で長らく確執[注 2]があったとされる諸橋愛木暮安由を和解に導いている[25]。 また、マスコミに対しての受け答えが非常に良いことから、いわゆる「シンパ」の記者が少なくない[注 3]

脚注

編集

注釈

編集
  1. ^ 2021年に8年で並んでいた浅井康太(2012年 - 2019年)を超えて、平原が単独最長記録となった(2014年 - 2023年の10年でストップ)。KEIRINグランプリの連続出場としては、神山雄一郎(11回)に次いで滝澤正光(10回)と並ぶ記録を持つ[6][7]
  2. ^ レースに同乗してもラインを組まないどころか、両者で競りになることもあった[23][24]
  3. ^ 『KEIRINグランプリ2017 イー新聞特設サイト』中より引用「毎年、同じ様な事を書いているが、全く腹黒さを感じない。勝っても負けても、きちんと新聞記者に対応してくれるし、稲垣裕之と共に関係者の間でも人気は高い」[26]

出典

編集
  1. ^ 平原康多うれしい勝利「凖地元」人気に応える/弥彦 - G3 ふるさとカップ - 競輪 : 日刊スポーツ<
  2. ^ 【#13】優勝こそ逃したものの…「悪い流れは断ち切れた!」/ 火の国杯争奪戦回顧 - 平原康多 | 競輪コラム - netkeirin(ネットケイリン)
  3. ^ 「脇本から得たもの」平原康多【後編】KEIRINグランプリ2021”. MoreCADENCE (2021年12月26日). 2024年6月19日閲覧。
  4. ^ 平原 2度目のG1制覇!気迫で中部勢退けた”. スポーツニッポン (2009年11月24日). 2024年6月20日閲覧。
  5. ^ 【高松宮記念杯競輪】平原がまくって連覇!”. スポーツニッポン (2010年6月7日). 2024年6月20日閲覧。
  6. ^ 2021年版 競輪年間記録集 p.32 GP出場回数上位・連続出場回数上位 月刊競輪
  7. ^ 2022年版 競輪年間記録集 p.33 GP出場回数上位・連続出場回数上位 月刊競輪
  8. ^ 【静岡・KEIRINグランプリ2021】平原 悲願届かず2着、それでも「すがすがしい」”. スポーツニッポン (2021年12月30日). 2022年2月6日閲覧。
  9. ^ 2021年版 競輪年間記録集 p.32 GP出場回数上位・連続出場回数上位 月刊競輪
  10. ^ 2022年版 競輪年間記録集 p.33 GP出場回数上位・連続出場回数上位 月刊競輪
  11. ^ 【静岡・KEIRINグランプリ2021】平原 悲願届かず2着、それでも「すがすがしい」”. スポーツニッポン (2021年12月30日). 2022年2月6日閲覧。
  12. ^ 滝沢佳奈子 (2021年1月15日). “KEIRINグランプリ2020取材コラム “スポーツ”として見た競輪”. Cyclesports. 2024年6月19日閲覧。
  13. ^ a b 【いわき平競輪・GⅠ日本選手権】平原康多が復活! 涙のダービー初制覇 西スポレースサイト、2024年5月5日
  14. ^ 平原康多の勝ちペダル 【#42】「年齢的にパワーが落ちた感覚はない」探り探り見つける、元いた場所 - netkeirin、2024年2月16日
  15. ^ “【競輪】平原康多がS級S班から陥落 10年間守ってきたが準決進出を逃して…/小倉G1”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2023年11月24日). https://www.nikkansports.com/public_race/news/202311240001313.html 2023年11月24日閲覧。 
  16. ^ “【競輪】平原康多が通算500勝、02年の初勝利から21年7カ月での達成で通算54人目/玉野”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2024年3月1日). https://www.nikkansports.com/public_race/news/202403010000525.html 2024年3月1日閲覧。 
  17. ^ 平原康多選手が通算500勝達成!!”. keirin.jp (2024年3月1日). 2024年3月1日閲覧。
  18. ^ 平原康多の勝ちペダル 【#44】「このメンバーをそろえて誰も優勝できなかった」課題と収穫が見つかった地元西武園 - netkeirin、2024年4月25日
  19. ^ 【競輪】平原康多が復活のG1制覇 悲願のダービー王となり1年でのS級S班返り咲き デイリースポーツ online、2024年5月5日
  20. ^ 第19回共同通信社杯競輪 レース展望”. KEIRIN.JP. 2024年6月19日閲覧。
  21. ^ 競輪選手インタビュー 平原康多”. オッズパーク. 2024年6月19日閲覧。
  22. ^ 生涯勝率3割超え、連対率5割超えも縁がない平原康多に相棒・武田豊樹が渾身のエール/平塚GP”. 日刊スポーツ (2022年12月28日). 2024年6月19日閲覧。
  23. ^ 木暮安由「譲れない」地元の諸橋と競り合い/弥彦 日刊スポーツ
  24. ^ 小倉競輪祭 G1 3日目 (長谷川) アオケイ 競輪ニュース
  25. ^ 平原康多を先頭に関東一枚岩!! ~豊橋競輪場~”. 日刊プロスポーツ新聞社. 2024年5月11日閲覧。
  26. ^ KEIRINグランプリ2017(GP)”. イー新聞特設サイト. 2024年6月20日閲覧。

関連項目

編集

外部リンク

編集