平原康多

平原 康多(ひらはら こうた、1982年6月11日 - )は競輪選手埼玉県狭山市出身。日本競輪学校第87期卒業。日本競輪選手会埼玉支部所属。師匠は太田耕二太田真一の兄)。ホームバンクは大宮競輪場。平原啓多(97期)は弟。

平原 康多
Kōta Hirahara
Cycling (road) pictogram.svg
個人情報
本名 平原 康多
ひらはら こうた
愛称 ヒラ
生年月日 (1982-06-11) 1982年6月11日(35歳)
国籍 日本の旗 日本
身長 185cm
体重 99kg
縁故選手 父:平原康広(28期・引退)
弟:平原啓多(97期)
チーム情報
所属 日本競輪選手会埼玉支部
期別 87期
分野 競輪
役割 選手
特徴 先行・捲り
アマ所属チーム
1999-2001
埼玉県立川越工業高等学校
プロ所属チーム
2002-
日本競輪選手会埼玉支部
主要レース勝利
高松宮記念杯 2009,2010
競輪祭 2009,2014,2016
全日本選抜 2013,2017
ふるさとダービー 1回
S級S班 2008 - 2011 2014 -
最終更新日
2016年11月27日

目次

戦績編集

競輪選手だった父親(平原康広)の影響から埼玉県立川越工業高等学校在学中より自転車競技を行い、ジュニア世界自転車競技大会等、国際大会の出場経験を持つ。やがて第87期生として入学した日本競輪学校では全生徒中、最終バック先頭回数が最も多かったことから、恵まれた体格も相まって同期の中で最も将来性がある生徒と目す関係者が少なくなかった。

デビュー戦は2002年8月5日西武園競輪場で迎え、初勝利も同日。2年後の2004年1月よりS級へ昇進し、同年のヤンググランプリにも出場(7着)。翌2005年のヤンググランプリでは、2センターから捲り追い込みをかけ、優勝した山崎芳仁を鋭く追い詰め2着。そして翌2006年あたりからGI、GIIの常連選手となっていく。

2006年8月に開催されたふるさとダービー富山競輪場)では、本命を背負った武田豊樹を尻目にホームから果敢に先行し、さらに武田を捲り不発に追い込んで堂々逃げ切り優勝。また同年の全日本選抜競輪決勝では3着に入り、初のGI表彰台を経験した。

2007年日本選手権競輪で決勝進出を果たしたが、主導権争いを演じていた村上義弘を最終ホーム通過付近で押し上げたことが原因で村上らを落車させたとして失格を取られる。その影響があってか、その後の競走では精彩を欠く場面も見られたが、同年の全日本選抜競輪決勝では、直線に入って優勝の山崎芳仁に対して4分の3輪差まで迫り2着に入った。2007年のKEIRINグランプリ出場は逸したが、2008年の初代S級S班の18名に選出され、同年は安定した成績を挙げ、獲得賞金によりKEIRINグランプリにも初出場し井上昌己の2着に入賞する。

2009年は6月の高松宮記念杯決勝で武田豊樹の番手を回ることになり、武田の後ろから最終2センターより自ら先頭に出て山崎芳仁の猛追を振り切りGI初優勝を飾る。その後7月の寛仁親王牌決勝と9月のオールスター決勝では、共に平原 - 武田 - 神山雄一郎の並びで挑み、神山の連続2着と武田のオールスター優勝に貢献している。そして11月の競輪祭決勝では3番手の位置を確保した後に差し切って勝ち自力でGI2勝目を奪取した。

2010年高松宮記念杯も決勝で武田豊樹の番手を回ったが、この時は武田との連携から最終バックの自力捲りに戦術を切り替え連覇を達成した。

2013年全日本選抜競輪決勝でも武田豊樹の番手を選択し、最終バックで武田を先行選手の後位に導いたあと最終4角でインを突き、武田を弾いてから直線一気に伸びて3年ぶりのGI優勝を果たした。

2014年は、前年12月に起こったSS11の移籍騒動に加担したとして、日本競輪選手会より同年5月1日より8ヶ月間の競走出場自粛を言い渡されたが、後に自粛期間が3ヶ月に短縮され、8月より競走に復帰した。その後11月の競輪祭決勝では、逃げる武田豊樹の番手より最終4角から追い込んで優勝する。

2015年は日本選手権競輪と競輪祭の決勝で2着に入り、それらを含むGI決勝進出4回で年間獲得賞金上位となりKEIRINグランプリ2015への出場権を獲得し3着となる。

2016年は寛仁親王牌決勝の2着により年間獲得賞金争いで有利となっていたが、競輪祭の決勝において最終バック4番手の位置より前にいた稲垣裕之の捲りに追走する形から自力で捲り切って優勝したことによりKEIRINグランプリ2016への出場権を獲得したが6着となる。

2017年は全日本選抜競輪の決勝においてイン粘りから番手を確保した直後に単騎で捲ってきた新田祐大の番手に入り込み、そのまま追走し自身の番手にいた地元の武田豊樹を振り切る形で直線抜け出し優勝した。

主な獲得タイトル編集

競走スタイル編集

先行主体の自力選手として活躍しており、トップスピードに達してからの持久力には評価が高く、他の選手を自ら横の動きで捌くことも多い。

タイトルホルダーとなる前は失格などが原因で少々不振に喘ぐ時期もあり、少しのことで成績に左右されやすい側面も見受けられたが、精神面や模索していたギアの倍数が安定してからは関東の若手機動型としての地位を確立させている。

エピソード編集

  • マスコミに対しての受け答えが非常に良いことから、いわゆる「シンパ」の記者が少なくない。
  • 後閑信一が東京に移籍した理由の一つとして、平原との関係を一層深めたかったからという見方をする人もいる。実際のところ、後閑が新たなホームバンクとした京王閣競輪場での記念開催では、連日平原は後ろに後閑を従えて主導権を奪う競走を心がけており、2007年と2009年の開催では後閑を優勝へと導いている。

関連項目編集

外部リンク編集