メインメニューを開く

京都府第2区(きょうとふだい2く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

日本の旗京都府第2区
衆議院小選挙区 京都府.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 京都市左京区東山区山科区
(2017年7月16日現在)
比例区 近畿ブロック
設置年 1994年
選出議員 前原誠司
有権者数 268,657人
1.13 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2018年9月登録日)
テンプレートを表示

区域編集

歴史編集

京都市の東部、洛東が対象。京都大学などが立地し学術関係者が多く住む地域であり、伝統的に革新系が強い。長く共産党1区と並ぶ得票を得てきた地域でもある。現在は地元の府議出身(第12回統一地方選挙で初当選)で財界から支持を受ける前原誠司が強い地盤を築く。中選挙区時代は隣接する1区と旧京都1区を形成していた。

小選挙区選出議員編集

選挙結果編集

解散日:2017年9月28日 投票日:2017年(平成29年)10月22日
当日有権者数:269,197人 最終投票率:51.13%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
前原誠司55無所属65,480票
48.7%
――×
比当繁本護44自由民主党40,336票
30.0%
61.6%公明党推薦
地坂拓晃44日本共産党28,600票
21.3%
43.7%

解散日:2014年11月21日 投票日:2014年(平成26年)12月14日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
前原誠司52民主党66,227票
50.4%
――
上中康司52自由民主党37,180票
28.3%
56.1%公明党推薦
原俊史47日本共産党27,888票
21.2%
42.1%

解散日:2012年11月16日 投票日:2012年(平成24年)12月16日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
前原誠司50民主党72,170票
49.4%
――国民新党推薦
上中康司50自由民主党42,017票
28.7%
58.2%公明党推薦
原俊史45日本共産党24,633票
16.8%
34.1%
佐藤大33社会民主党7,416票
5.1%
10.3%

解散日:2009年7月21日 投票日:2009年(平成21年)8月30日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
前原誠司47民主党101,151票
57.5%
――
山本朋広34自由民主党42,771票
24.3%
42.3%公明党
原俊史42日本共産党25,856票
14.7%
25.6%
藤田高景60社会民主党5,028票
2.9%
5.0%
軽部芳輝41幸福実現党1,045票
0.6%
1.0%

解散日:2005年8月8日 投票日:2005年(平成17年)9月11日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
前原誠司43民主党73,795票
42.8%
――
比当山本朋広30自由民主党69,330票
40.2%
93.9%
原俊史38日本共産党29,348票
17.0%
39.8%

解散日:2003年10月10日 投票日:2003年(平成15年)11月9日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
前原誠司41民主党73,934票
49.7%
――
山本直彦61自由民主党47,962票
32.3%
64.9%
原俊史36日本共産党26,768票
18.0%
36.2%

解散日:2000年6月2日 投票日:2000年(平成12年)6月25日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
前原誠司38民主党52,077票
33.5%
――
山本直彦58自由民主党48,057票
30.9%
92.3%
井上哲士42日本共産党41,541票
26.7%
79.8%
谷口徹28自由党11,296票
7.3%
21.7%
戸板まさ恵35自由連合2,691票
1.7%
5.2%

解散日:1996年9月27日 投票日:1996年(平成8年)10月20日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
奥田幹生68自由民主党43,060票
29.2%
――
井上哲士38日本共産党42,211票
28.7%
98.0%
比当前原誠司34民主党31,257票
21.2%
72.6%
菱田健次45新進党30,713票
20.9%
71.3%

関連項目編集