メインメニューを開く
内閣総理大臣専用車(トヨタ・センチュリー

内閣総理大臣専用車(ないかくそうりだいじんせんようしゃ)は、日本国内閣総理大臣が使用する公用リムジンである(但し前席と後席の間に隔壁はない)。

目次

概要編集

現在では、いずれもトヨタ自動車製の「センチュリー」および「レクサスLS600hL」の2車種が併用されている。

内閣総理大臣が外出のため移動する際は、公用・私用(一政党の党首として行なう選挙の遊説も含む)問わず総理専用車を使用し、警視庁セキュリティポリス(SP)による身辺警護がなされる[1]

総理専用車はテロ対策として、防弾ガラス特殊鋼装甲が施された防弾車仕様であるが、セキュリティ上の理由から詳しいスペックは明らかにされていない。他の国務大臣の公用車には防弾改造は施されておらず、この点でも日本国政府たる総理大臣の専用車は特別な扱いである。フロントグリルの内または外およびリアバンパーには、LED光源の青灯が装備されており、総理大臣乗車時にはこれを点灯させて走る。

運転手は総理大臣官邸の職員(内閣技官)。内閣総辞職と共に退任し、新しい首相が誕生すると選任される。

一般の自動車と同様にナンバープレートを取得しているが、老朽化等で車両の入れ替えがあっても番号は30-00、50-00、70-00、80-00等のキリ番であることが多いが、他に38-00も使われている。車検証上の所有者は内閣である。

回送時を除いて総理専用車が単独で移動することはなく、コンボイ(関係車両による車列)を組んで走る。総理専用車の助手席にSPキャップが同乗するほか、これを挟む形で前後2台の警護車(いずれもSPが複数名乗車する覆面パトカー)を加えた3台が車列の最小構成単位であり、あとは状況に応じ、車列に警護車や白黒パトカーが増えたり、共同通信社時事通信社所属の総理大臣担当記者(番記者)が乗るいわゆる「番車」や、随行する官僚の公用車が加わる。

なお、車列の最小構成単位の3台(総理専用車と2台の警護車)は可能な限りメーカーが統一される。現在の総理専用車は上記の通りいずれもトヨタ自動車製であることから、警護車もこれに倣って「センチュリー」、「セルシオ」、「クラウンマジェスタ」といったトヨタ製の大型セダンが使われ、車体色も黒で統一される[2]

(2017年3月、警護車としてレクサスLSが新たに6台配備された。)

総理大臣は移動ルートが頻繁に変わるので、移動タイミングに合わせて信号機をすべて青にするなどの特別措置は基本的に取られず、赤信号でも停車するなど道路交通法を遵守しながら走行する。但し、総理大臣の身の安全を最優先とする観点から、危険が予知される場合には警護車に乗車するSPが箱乗りをしながら赤色の誘導棒を振り回して四囲の一般車両を適宜規制する。この対応でも危険を排除できない場合は、警察の緊急自動車に誘導されている他の車両は緊急自動車とみなす法令上の規定に則り[3]、先導警護車(覆面パトカー)の緊急走行に従って総理専用車も緊急走行し、危険から逃れる。

平常時では、総理専用車に先行する警護車は周囲に不審な車両や人物がないか常に警戒し、後続の警護車は後方から車列に近付く不審車等がないか目を光らせるとともに、交差点では急加速して総理専用車の外側に回り込み、横からの突進に備える。過去には、当時の小泉純一郎総理の乗った信号待ち中の車列を左後方から強引に追い抜こうとした不穏なミニバイク[4]の行く手を、SPが警護車のドアを開けて阻止するという強行措置が取られた[5]

歴史編集

戦前編集

第26代田中義一内閣、第27代浜口雄幸内閣時代は、第一次世界大戦青島で戦利品としたベンツ、第28代若槻礼次郎内閣時代は若槻が内務大臣時代に使用していた内務省パッカード、第29代犬養毅内閣時代は宮内省1928年昭和3年)11月6日御大典のパレード用に購入した1928年式クライスラー、第30代斎藤実内閣、第31代岡田啓介内閣、第32代広田弘毅内閣、第33代林銑十郎内閣、第34代近衛文麿内閣、第35代平沼騏一郎内閣、第36代阿部信行内閣時代は新車で購入した1931年式リンカーンであった。このリンカーンには途中から防弾ガラスとボディに装甲が施されかなりの重量過大となったことで阿部信行から「戦車に乗っているようだ。」と不興を買うこととなった。阿部がこの車に乗ることを拒否したため一時的に南洋庁のパッカードを使用していたが、代替となる車を探そうにも当時新たな車を輸入する目途は無かった。その後、上海に駐留する津田中将の乗車との交換で1939年式ビュイックが総理専用車となり、第38代米内光政内閣までこの車が使用された[6]

戦争の進行と共に燃料が不足し、市中の一般車が木炭自動車に改造されていた第40代東条英機内閣の頃になると、総理専用車もプロパンガス仕様に改造されることとなった[7]が、皮肉にもこの頃になると占領地域で接収された車が入手できる状況となっていた。東条の専用車はシンガポールで接収された1940年式クライスラーで、これと並行して陸軍省にあった1936年式ビュイックをオープントップに改造した車も使用した[8]

戦後編集

戦後も総理専用車を始めとする政府公用車はアメリカ車の使用が続いた。しかし、政府の自動車産業育成政策により、国産車に切り替えられるようになった。 第58代岸信介内閣の時、日産がライセンス生産していたオースチンA50ケンブリッジを導入した。 1960年代初頭、第61代佐藤栄作内閣の時代からは日本車(トヨタ「クラウンエイト」や日産「プレジデント」など)が使用されるようになった。

1963年ケネディ大統領暗殺事件を機に総理専用車の安全性向上が考慮されるようになり、当時発売されて間もない「センチュリー」を開発したトヨタ自動車がこれを引き受けることになった。ボディに使用する特殊鋼は当時の富士製鐵(現・日本製鉄)、はめ殺し式の防弾ガラスは旭硝子(現・AGC)が開発したものであった[9]

1967年以来、センチュリーが総理専用車として使用されてきたが、北海道洞爺湖サミットを控えた2008年6月(第91代福田康夫内閣)からは、低燃費かつCO2排出量が少ない「レクサスLS600hL」が新たに導入された。なお従来のセンチュリーも継続して併用されている。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 警視庁の管轄区域(東京都)外では各道府県警察本部警備部に所属する要人警護担当警察官も警護に加わる。
  2. ^ 警護車が増車される場合や地方での運用等の場合は、「ランドクルーザープラド」などのSUVや、トヨタ製以外の車種(日産フーガ」やホンダレジェンド」、スバルレガシィ」など)も使われる。
  3. ^ 道路交通法施行令第13条第2項。
  4. ^ 33歳の会社員男性が運転しており、暴漢などではなかった
  5. ^ 2003年12月3日、東京都渋谷区の交差点にて。本来は後方不注意にあたり、人身事故となった場合は責任を問われる
  6. ^ 柄澤/NHK p.121 - 123
  7. ^ 柄澤/NHK p.130
  8. ^ 柄澤/NHK p.139
  9. ^ 柄澤/NHK p.199 - 200

参考文献編集

  • 『首相官邸・今昔物語』(大須賀瑞夫 著、朝日ソノラマ、1995年、ISBN 4257034092
  • 『バックミラーの証言 -20人の宰相を運んだ男』(柄澤好三郎/NHK取材班 著、日本放送出版協会、昭和57年6月1日、ISBN 4-14-008275-5

外部リンク編集