セキュリティポリス

セキュリティポリス英語: Security Police、略称: SP)とは、日本警視庁警備部警護課で、要人警護任務に専従する警察官を指す呼称である。警視庁以外の各道府県警察警備部警備課警衛警護係に属する、要人警護を行う警察官全体を指す場合もあるが、正確には「警護員」「警護専務員」などと呼ばれ、警視庁警備部警護課の課員(SP)とは区別される[1]

警視庁警備部警護課の訓練風景

本項では日本の警視庁警備部警護課において、要人警護任務に従事する警察官について述べる。

概要

創設

1975年(昭和50年)、佐藤栄作元内閣総理大臣国民葬会場において三木武夫内閣総理大臣大日本愛国党の党員に殴られ負傷した事件(三木首相殴打事件)がきっかけで創設された。それまでの警護は可能な限り目立たないように要人に付き添う形であったが、シークレット・サービスを手本とした威圧型の見せる警護に方針転換し、警護官の存在を前面に出した警護体制を敷くことで不審者の動向を事前に把握して襲撃の抑止を図るものとなった[2]

前年の1974年(昭和49年)、アメリカ合衆国大統領ジェラルド・R・フォードが来日した際、シークレットサービスの警護方式が警視庁警備部幹部に強い印象を残していた。シークレットサービスは大統領を取り囲むように固め、素早く拳銃を抜けるよう背広のボタンを外すなど、合理的で目立つ警護を実施していた[2]。 セキュリティポリスはシークレットサービスを参考に訓練された。略称「SP」はシークレットサービスの略称「SS」に倣った[3]

職務内容

内閣総理大臣が駅前などで街頭演説する際には、直近に配置されている警視庁警護第一係が身辺警護を担当し、聴衆の警戒を行っている所轄警察署機動隊の警護員が行先地警護を担当する[4]。警護警備は所轄警察署員、機動隊員、公安刑事などが周辺に配置され、様々な人物の動向を監視して行われる。高所からの狙撃に備えて周辺の高層ビルにも機動隊員を配置し、襲撃者を発見した場合には無線で報告を行い、付近の警戒員が確保排除する[5]

なお、警視庁以外の警察本部にも警護担当部署は存在しており、例えば大阪府警察京都府警察では警衛警護課が、神奈川県警察などでは公安第二課が警護担当部署となっている。その他の小規模警察本部になると、警備部警備課警衛警護係として少人数の専従員が編制されているが、小規模警察本部は予算などの制約が多いことから、訓練なども十分ではない。例えば内閣総理大臣東京から地方へ視察等に行く場合、近接警護を警視庁の警護第一係が行い、車列警護と近接警護以外の後方支援を地元県警の警護担当部署が行うといった分担がなされる[6]

国会議事堂内では、原則として衛視が身辺警護を務めているが、拳銃の携行は認められていない。立法府行政府の警察に警備を委ねるのは好ましくないという理念から、議院警察権を行使し、議院記章のない警察官は国会議事堂内に立ち入ることはできない。ただし、衛視だけでは国会議事堂内の秩序を維持することができないと判断した場合は、議長内閣に対して、警察官の派出要請を行うことができる[7]天皇皇族の身辺警護(護衛[8])に関しては、警察庁附属機関である皇宮警察本部所属の皇宮護衛官のうち護衛専従の侍衛官が専属で行う[9]。警視庁警備部警衛課および各道府県警察本部警備部の警衛員は地方公務などの際に皇宮護衛官の後方支援を行う。皇籍を離脱して民間人になった者は警察庁から「個人警戒対象者」に指定され、警備部警衛課が警護を担当する[10]。なお、警護対象者の自宅の警備は所轄警察署の担当であり、自宅の周辺には警備派出所が設置される[2]

警視庁警備部警護課の編制

資格・技能

資格条件

警視庁機動隊には、レスキュー隊員爆弾処理班員レンジャー隊員などと同様に儀仗指定員や警護指定員制度があり、その指定員に選ばれると大規模警備の際に警護課への応援要員として派遣され、勤務態度が評価されると警護課への転勤命令が下ることになる。警護課員として配属されるにはその指定員に選ばれたのちに、警視庁警察学校の警護専科講習を修了しなければならない。女性警察官も同様に機動隊へ転勤するか、または所轄警察署で勤務しながら女性特別機動隊員と呼ばれる指定隊員や基幹隊員となり、さらに警護指定員に選ばれることが必要とされる[11]身長173cm以上、剣道合気道3以上、拳銃射撃上級、英会話ができることなど、一定の条件を満たした警察官であることが必須条件とされ、これらの厳しい競争を勝ち抜いた優秀な候補者の中からさらに選ばれた者だけがSPに任命される[12]。なお、内閣総理大臣担当の部署である警護第一係と総理大臣官邸警備隊は同じ警視庁警備部警護課に属しており、両者は人事交流を行っていて総理大臣官邸警備隊からSPが選抜されるケースもある。

逮捕術、格闘術、射撃技能(25メートル先の直径10センチの的に、一般に日本の警察なら銃は口径9ミリ・6発なので全弾を拳銃で10秒以内に5発以上命中させられる事[13])、不審者を相手より先に発見するための目配りを怠らない強靭な体力・精神力が求められる。また、パトカーの運転テクニック、同僚との協調性、自制心、自己管理能力、法令遵守の精神、VIPを接遇する礼儀作法、そして極限状態に陥ったならば犯人が振りかざす凶器や銃口の動線を目標に体当たりの突撃を敢行して、文字通り人間の盾となり受傷、最悪の場合は殉職する自己犠牲の精神、すなわち人間性が問われる職種である。そのため、警察官の中でもとりわけ、それらの条件に該当した者のみが任命される[14]

射撃について

銃器・射撃に関しての技術は、一般の警察官に比べ優秀である。SPは、一般の警察官の射撃レベルをはるかに超える、とされている。しかし、射撃訓練にSWATシークレットサービスが行うようなプログラムが導入されているかは定かではなく、一部の報道機関のニュース映像によれば、一般の警察官と同じく自らは移動せず、射撃の素早さと精密さを鍛える訓練が主とのことである[15]。一方で、同じ警備部に属する特殊部隊(SAT)は、射撃訓練において「実際の銃撃戦」を想定したプログラム等を訓練に取り入れている[16]。SPにも高度な射撃技術は必要されるが、SPの任務は襲撃された場所に留まって銃撃戦を行うことではなく、あくまでも警護対象者を避難させて安全を確保することであり、重武装で組織化された襲撃者を制圧する事は、SPの本来的な任務ではない[17]。過去に公開された訓練を見ると、SPの装備は自動式拳銃とバッグ型の防弾盾程度であり、SPの任務は警護対象者を迅速に避難させる事である。

東京木場に設置されているSATの訓練場では、銃器を所持した襲撃者が現れたという想定で警護側も銃器を使用して対応する訓練を実施しているほか、抜き打ちで銃声に反応させる訓練も実施しているが[18]、小規模警察本部は予算などの制約が多いことから、十分な訓練を受けていなかったことが判明している[6]。こうした実態を踏まえ、小規模警察本部を対象に警察庁主導で銃器や突発事案に対処する高度な訓練として、銃声の識別と瞬時の回避措置などが実施されている[19]安倍晋三元首相銃撃事件の教訓を踏まえ、警察庁はシークレットサービスロンドン警視庁王室・要人警護部など海外当局との合同訓練の予算も計上し、警護に関する高度な教養訓練を実施している[20]

服装と所作

 
警視庁警護員記章
 
指定警護員記章

“SP”の文字をデザイン化した銀色と原色のツートーンのバッジ(警視庁警護員記章と呼ばれ、裏に個人番号が刻印1号は警視庁警備部長が保持。記章の色は偽造防止の為不定期に変更される。通称“SPバッジ”)を上着の衿に付け、大剣に文字が白く染め抜かれた赤いネクタイを締めた地味な色の背広姿が有名だが、実際の活動では周囲に溶け込めるよう、当日の関係者にしか分からないマーク(カラークリップなど)を使っている事も多いという。他には“赤い太陽と三日月の中に白抜きの”(“昼夜を問わず警護対象者を護る”という誓いのシンボル)の警護員記章もあり、こちらは指定警護員記章と呼ばれ、警視庁警備部警護課以外の道府県警察所属の警護員が任務中に着用する[13]

SPは端整な身なりが求められ、髪型も例外ではない(以前、男性SPには七三分けが多かったが、規定があるわけではない)。また、上着の前を開けたままなのは、いざというときに腰や脇に携行している装備品を素早く取り出すためである。

さらに、警護中はトイレに行くことが制限されるため、水分摂取には特に気を配っている[3]。夏場の任務につく際には、熱中症予防のため保冷材を上着の内側やポケットに入れたり、胸や背中に保冷剤を装着した下着を身につけることが認められている。

大規模災害等が発生し、首相や閣僚や各党の党首が防災服を着用して陣頭指揮を執りまた現地視察に入る際は、SPもスーツを着用せず、出動服の襟にSPバッジを装着し、装備品を収めたウエストポーチを携行して災害現場に赴く。

昭和時代は要人の方を注視し、要人に近づく不審者に対応する方法が取られていたが、1992年の金丸信自民党副総裁狙撃事件を受けて、群衆側に向き合って不審者を事前に把握する形に転換するよう警察庁警備局が指示した[21]。この事件を受けて、警察庁警備局は要人が出席する集会では演壇に鉄板を埋め込んだり、金属探知機を使った手荷物検査も実施するよう指示した[2]

装備

 
日本における要人の車列警護
 
車列警護に使用されるメルセデス・ベンツS600
 
車列警護に使用されるランドクルーザープラド

警護車

ベース車にはトヨタのセンチュリーセルシオクラウンマジェスタクラウンロイヤルサルーンレクサス・LS、日産のシーマフーガスカイラインティアナホンダ・レジェンドスバル・レガシィB4など、高級日本車やスポーツセダンが採用される場合が多い[22]。このうち特別警護車と呼ばれるセルシオ、レクサス・LS、フーガなどは防弾ガラス爆発物にも耐えられる特殊鋼の装甲が施されている[23]

2008年頃には右ハンドル防弾仕様のベンツS600Lが数台国費導入されている[24]。また、トヨタ・ランドクルーザープラドトヨタ・ハイラックスサーフスバル・レガシィアウトバックなどのSUVをベースとし、警護の車列には直接加わらない遊撃警護車も配備されている。遊撃警護車は、頑丈なボディを活かし、いざという時には体当たりなどをして守ることができる[25]

武器・防具

SPの武器拳銃である。拳銃に関しては多種多様なものが用意されており、各課員が自らに合う銃を選んで使用していると思われる。大半のSPはSIG SAUER P230JPなどの自動拳銃、もしくは、一般的な自動拳銃よりも堅牢で扱いやすい信頼性が認められるS&W M37などの回転式拳銃を選んで使用している。一部には、数ある自動拳銃の中でも強力な火力(装弾数が多い)を有するとされるグロック社製拳銃[26]およびH&K社製のH&K P2000を装備しているSPもいることが報道[27]されている。

拳銃以外の武器として、特殊警棒を腰周りに携行し、その他の装備品としては防刃衣、携帯用無線機マグライトを常に装備している。また、警護対象者の至近に配置されるSPが携行するブリーフケース、ガーメントバッグ、薄い手さげカバンの中には、防具として折り畳み式の防弾盾が仕込まれており、被襲撃時には警護対象者の周りで盾を広げ、銃弾から守るとされている。さらには、これらの防具を至近距離から犯人の手足や首に叩きつけて瞬時に制圧する格闘術も訓練されている。警護対象者の至近に配置されるSPが携行するトレンチコートは、防具としてケブラー繊維製の防弾素材が仕込まれており、被襲撃時には警護対象者に覆い被せることで、銃弾から守るとされている[17]

警護対象者

SPの警護対象者は、警察法施行令第13条に基づく警護要則の規定により「内閣総理大臣国賓その他身辺に危害が及ぶことが、国の公安に係ることとなるおそれがある者として警察庁長官が定める者」とされている[2]。また、警護細則第1条で警察庁長官が定める警護対象者として、衆議院議長参議院議長最高裁判所長官国務大臣公賓・公式実務訪問賓客、その他警察庁警備局長が定める者として、内閣総理大臣経験者・政党代表者駐日大使等の「指定要人」が規定されている[1]

SPの活動をテーマにした作品

映画
漫画
小説
ドラマ

脚注

  1. ^ a b c SPインフォメーション | 身辺警護SP学院
  2. ^ a b c d e 高橋博 (2007年6月). “自治体首長の警護体制 (PDF)”. 東京海上日動リスクコンサルティング株式会社. 2019年5月5日閲覧。
  3. ^ a b 小泉内閣メールマガジン 第31号”. 首相官邸 (2002年1月24日). 2009年5月5日閲覧。
  4. ^ 警護と警備は違う? 身辺警護SP学院
  5. ^ 伊藤鋼一 - 警察のSPと私設警護の違いは、警視庁はSPだけが警護しているのではない
    「この規模なら警察官50人・機動隊員は20人は必要」元SAT隊員が指摘「背面警護のもろさ」「厳しい言い方で訓練不足」安倍元総理が銃撃され死亡 | 特集 | MBSニュース
  6. ^ a b 安倍氏銃撃で誰もが思った「要人警護」の不十分さ | 東洋経済オンライン
  7. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「議長警察権」
  8. ^ 天皇・皇族の身辺警護については、「警衛」は警察官のみに用いられる語で、皇宮護衛官の警護は「護衛」。
  9. ^ 警衛要則(昭和五十四年国家公安委員会規則第一号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局 (2022年11月1日). 2022年12月31日閲覧。 “2022年11月1日施行分”3条2項
  10. ^ 民間人となった眞子さん、NYでの警備は? 警察幹部に聞く”. 毎日新聞 (2021年10月26日). 2022年9月2日閲覧。
  11. ^ 警視庁FAQ|伊藤塾
  12. ^ 小泉内閣メールマガジン 第31号
  13. ^ a b 『オールアバウト警視庁』イカロス出版  、2017年6月30日、78-79頁。ISBN 978-4-8022-0330-2 
  14. ^ 別冊宝島編集部編 『警察組織パーフェクトブック』 宝島社、P.117、2020年4月20日、ISBN 978-4-8002-9819-5
  15. ^ YouTube 1986年3月13日に赤坂迎賓館で行われた公開訓練の動画
  16. ^ 警察庁 SATの訓練を初公開
  17. ^ a b 麻生幾「テロルの総決算 SPはなぜ○○を撃たなかったか」 『文藝春秋』2022年9月号、118-125頁。
  18. ^ 伊藤鋼一 (2022年7月14日). “本来なら警備があんなに手薄なはずがない…「安倍元首相銃撃事件」で警視庁出身者が抱いた"強烈な違和感" なぜ「選挙カー」も「道路封鎖」も使わなかったのか (抜粋)”. PRESIDENT Online. 2023年1月21日閲覧。
  19. ^ "【速報】国内の『要人警護』57年ぶり抜本改革 決まる 安倍氏襲撃を受けて 「警護要則」見直し 警察庁主導を徹底". FNNプライムオンライン. フジテレビ. 25 August 2022. 2022年8月25日閲覧
    "国家公安委員会委員長記者会見要旨". 国家公安委員会. 警察庁. 25 August 2022. 2022年9月25日閲覧
  20. ^ "【速報】要人警護のルール定めた「警護要則」28年ぶりに改正へ 安倍元総理銃撃事件を受けて「警護についての検証及び見直しに関する報告書」警察庁が発表". テレ朝NEWS. テレビ朝日. 25 August 2022. 2022年8月25日閲覧
    "要人警護にドローン・3D分析 警察庁、関連予算20倍超". 日本経済新聞. 日本経済新聞社. 30 August 2022. 2022年9月25日閲覧
  21. ^ 銃声3発 2000人の聴衆騒然 金丸副総裁狙撃事件(1/2ページ) 産経新聞 (2015年10月26日)
  22. ^ 蓮見清一『パトカー&警察車両徹底ガイド』(宝島社)53-61頁
  23. ^ 要人の安全が最優先のSP 発砲されても基本的に応戦はしない|NEWSポストセブン
  24. ^ 蓮見清一『パトカー&警察車両徹底ガイド』(宝島社)56頁
  25. ^ 蓮見清一『パトカー&警察車両徹底ガイド』(宝島社)60頁
  26. ^ YouTube 2010年4月26日にパシフィコ横浜で行われた公開訓練の動画
  27. ^ 2010年5月6日に、日本テレビ系ニュース番組内の特集である「密着!警視庁SP要人警護の舞台裏」の中で、警視庁警備部の警護員(SP)が、P2000を使用した実弾訓練を行っている。また、2011年高知県警察年頭視閲式の装備点検展示において、制服警官がP2000を装備していることが確認された

参考文献

関連項目