北澤 敬二郎(きたざわけいじろう、1889年5月28日 - 1970年10月25日昭和期の実業家。元住友本社常務理事。大丸元社長・会長。

来歴・人物編集

山形県米沢市出身。米沢尋常中学興譲館(現在の山形県立米沢興譲館高等学校)、一高を経て、1914年東京帝国大学法科大学を卒業後、住友総本店に入社。アメリカプリンストン大学への留学を経て、住友電線支配人、住友倉庫専務、住友生命保険専務を歴任。1931年住友本社常務理事となる。

しかし、敗戦後の1946年財閥解体で理事を辞任し、翌1947年には公職追放の憂き目に遭った。

その後大丸の顧問となり、副社長を経て、1950年に当時・第2代大丸社長の里見純吉の要請で第3代社長に就任。

1954年東京駅八重洲に東京店を出店し、京阪神三店舗の増築、香港タイなどの海外出店するなど売上高世界一のデパートへ成長させた。1963年に会長に就任する。

関西経済連合会設立に尽力したほか、毎日放送、新大阪ホテル(現・リーガロイヤルホテル)などの取締役、関西学院大阪女子学園各理事、懐徳堂記念会理事長、大阪日米協会会長をそれぞれ務めた。

1963年藍綬褒章1965年イタリア共和国功労勲章コメンダトーレ、1970年に勲一等瑞宝章をそれぞれ受章。1970年10月25日、81歳で死去。

家族・親族編集

北沢の娘は伊藤忠商事及び丸紅の創業者一族・伊藤和一(元丸紅副社長・伊藤太一郎の長男)に嫁いだ。伊藤太一郎の長女(和一の妹)はあみだ池大黒の元社長・小林大一郎に嫁ぎ、その長男で現会長・小林隆太郎の妻はサントリーの創業者である鳥井信治郎の兄・鳥井喜蔵の孫娘。鳥井信治郎の長男・鳥井吉太郎の妻は阪急阪神東宝グループ創業者・小林一三の次女春子で(兄には阪急電鉄元社長の小林米三東宝元社長の松岡辰郎がいる)、北沢家は伊藤家・小林家・鳥井家を通して阪急東宝の小林一族の縁戚となったほか、鳥井家の外戚である弘世家や久邇家を通して天皇家と縁戚になった。伊藤太一郎の次女(和一のもう一人の妹)は東邦生命保険創業者一族で科研製薬元会長の太田幹二(6代目太田清蔵の弟で、太田誠一の父方従兄弟)に嫁いでおり、また太田誠一の母方従兄弟は福田赳夫元首相の長男・福田康夫に嫁いだ。また伊藤家は橋本龍太郎麻生太郎吉田茂(麻生の祖父)といった首相経験者と縁戚関係にあるので、北沢は天皇家と二重閨閥の関係にある。

これ以外にも加納久朗武田長兵衛武田國男西園寺公望三村庸平三村景一清水雅嶺駒夫櫻内義雄櫻内幸雄千野志麻山崎種二斎藤明福永一臣石田博英三宅雪子濱口儀兵衛鳩山一郎中曽根康弘渥美健夫鹿島守之助石橋正二郎團紀彦團遥香河野洋平河野太郎石橋湛山盛田昭夫山下亀三郎伊藤次郎左衛門下条進一郎豊田達郎久邇邦昭弘世現正田英三郎安西正夫堀田庄三上原明大平正芳森矗昶松崎哲久三木武夫高碕達之助大原総一郎犬養毅鈴木善幸宮澤喜一宮澤エマ佐藤栄作岸信介安倍晋太郎安倍晋三松崎昭雄森永太平今井善衛住田正二久原房之助五島昇北野隆典中部謙吉池田勇人田中角栄田中直紀黒田暲之助竹中統一小原夏樹井上道義竹下登小沢一郎金丸信DAIGO北川景子椿原慶子小林富次郎13代目西川甚五郎などと縁戚関係にある。

参考文献編集

関連項目編集

先代:
里見純吉
大丸社長
第3代:1950年 - 1963年
次代:
井狩彌治郎
先代:
永井幸太郎
大阪日米協会会長
第4代:1961年 - 1965年
次代:
武田長兵衛