北海道旭川西高等学校

日本の北海道の高等学校

北海道旭川西高等学校(ほっかいどうあさひかわにしこうとうがっこう、Hokkaido Asahikawa Nishi High School)は、北海道旭川市にある、公立(道立)の高等学校。日本最北のスーパーサイエンスハイスクールに指定されている。

北海道旭川西高等学校
校舎正面
過去の名称 北海道庁立上川高等女学校
北海道庁立旭川高等女学校
北海道立旭川女子高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 北海道の旗 北海道
学区 北海道上川南(普通科のみ)
校訓 研学・高邁・溌剌
設立年月日 1907年3月10日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 単位制
設置学科 普通科(5クラス)
理数科(1クラス)
学期 2学期制
高校コード 01220D
所在地 070-0815
北海道旭川市川端町5条9丁目1番8号
北緯43度46分59.1秒東経142度20分31.2秒
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

目次

沿革編集

概要・特色編集

  • 旭川市内有数の公立進学校の一つで「研学・高邁・溌剌」の校訓の下、文武両道を目標とし校則も比較的ゆるく、自由で伸び伸びとした、生徒の個性を生かした校風が特徴。
  • 2015年度にスーパーサイエンスハイスクール、2期目の指定を文部科学省から受けた。日本最北の指定校。理数科のみならず普通科の生徒も対象となっており、非常に高い注目を受けている。2015年10月10日には杉本真樹が公演を行った。
  • 三年春秋を合言葉とした校歌は多くの在校生の励みとなっている。
  • 学校祭の「西高祭」では、各1・2・3年合同のブロックごとに分かれ、「仮装」、「ブロック企画」、「ダンスパフォーマンス」といった各々の部門で優勝を競い合う。中でも「ダンスパフォーマンス」は、西高祭の目玉行事である。
  • 毎年7月には、3年生は大学合格祈願の意味合いを含めた日帰りの旭岳登山がある。但し、2004年度はロープウェイが運休した関係で、黒岳登山に変更された。
  • かつては北海道の高校で3校しかない男子新体操部があり、国体でも団体優勝を飾ったこともあったが、人数が集まらないため廃部となった。過去に音尾琢真も所属していた。
  • エレベーターが一機設置されている。通常生徒の使用は認められていないが、学校祭準備期間や階段の使用が困難と考えられる生徒に使用が認められるのが通例である。また、シンドラーが製造したものであったため、一時期使用が中止されたこともある。
  • 2004年4月9日には毛利衛が同校を訪問し、講演を行った。当時校長を務めていた兄の奉信の計らいによるものだが、これまで双方のスケジュールの都合が付かず、ようやく実現したものである。

制服編集

男女とも東洋紡績製の白地の襟付きシャツ(男子はワイシャツ、女子はブラウス)に富士ヨット製の紺色のブレザーを着用する(同じデザインのように見えるが微妙に形状が異なる)。また、みんなの高校情報の「高校指定の制服は可愛いか格好良いか」という項目では5.0点の満点となっている[1]ネクタイは株式会社たまきが製造(販売は明石被服興業)した小豆色と紺色の模様である(本校専用のものではなく、他校でも使用例がある)。2006年度の入学生までは女子はネクタイではなく同じ柄のリボンを着用していた。なお、夏は上着を着用しないことを条件に、ネクタイを着用しなくてもよいことになっている(かつて使用されていたリボンも同様)。また、女子は通常水色ベスト(セーター状のもの、袖なし)を着用するが、絶対着用義務があるわけではなく、逆に男子の着用も認められている(ちなみに、女子がベストを着ないのは主に夏であり、逆に男子のベスト着用が見られるのは主に冬である)。但し、指定以外のベストの着用は認められない。

ジャージ編集

ゴールドウイン製造のジャージTシャツを着用。ジャージの色は3年おきに同じ色になる(の順)。

周辺編集

北海道教育大学旭川校や旭川明成高等学校などの学校の他、イオンモール旭川西店は車で5分ほどの場所にある。また、近くには石狩川が流れており、豊かな自然にも囲まれている。

出身者編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 旭川西高等学校情報 - みんなの高校情報・2015年08月27日閲覧。
  2. ^ “<乃木坂46橋本奈々未の恋する文学>村上春樹「ノルウェイの森」 外から見た旭川に驚き”. どうしんウェブ/電子版 (北海道新聞社). (2016年2月18日). オリジナル2016年2月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160219103449/http://dd.hokkaido-np.co.jp/entertainment/culture/culture/1-0236284.html 2016年2月19日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集