メインメニューを開く

和歌山県第3区(わかやまけんだい3く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区である。1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

日本の旗和歌山県第3区
衆議院小選挙区 和歌山県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 御坊市田辺市新宮市有田郡日高郡西牟婁郡東牟婁郡
(2017年7月16日現在)
比例区 近畿ブロック
設置年 1994年2013年区割変更)
選出議員 二階俊博
有権者数 261,346人
1.1 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2018年9月登録日)
テンプレートを表示

区域編集

以前は有田市は3区の区域であったが、2013年の区割変更により、2区に移動した。

歴史編集

中選挙区時代の旧和歌山2区から御坊市地盤とする二階俊博日高郡を地盤とする野田実田辺市を地盤とする東力の3人が議席を巡って争ってきた。

1996年の小選挙区制開始時には自由民主党は協議の末、「前回当選の野田の3区立候補及び元職の東の1区転出」を決定し、新進党に籍を置き、頭角を表しつつあった二階への対抗を目指した。その結果、東は落選、野田は二階に敗れて比例復活で当選するが、選挙での買収事件による連座制の適用により、失職した。その後引退を表明。

二階が中央政界で存在感を増していくのに比例してその地盤は強固となり、「二階王国」化が進んだ。2000年の選挙では、小沢一郎率いる自由党から分離して保守党を結党したばかりの二階に東が無所属で挑戦したが大差で敗北。東も引退を表明した。

2003年の選挙後は二階が自民党に合流し、以降の選挙では毎回二階が他候補をダブルスコア〜トリプルスコアで突き放す圧勝を繰り返した。しかし、第45回衆議院議員総選挙では苦しい戦いとなり、民主党玉置公良相手に辛くも勝利するも、比例復活を許した。その玉置は2012年の46回選挙には出馬せず、民主が不戦敗で維新・共産との戦いとなり、二階が当選した。

小選挙区選出議員編集

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年平成8年) 二階俊博 新進党
第42回衆議院議員総選挙 2000年(平成12年) 二階俊博 保守党
第43回衆議院議員総選挙 2003年(平成15年) 二階俊博 保守新党
第44回衆議院議員総選挙 2005年(平成17年) 二階俊博 自由民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年(平成21年) 二階俊博 自由民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年(平成24年) 二階俊博 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年(平成26年) 二階俊博 自由民主党
第48回衆議院議員総選挙 2017年(平成29年) 二階俊博 自由民主党

選挙結果編集

解散日:2017年9月28日 投票日:2017年(平成29年)10月22日
当日有権者数:263,656人 最終投票率:59.78%(前回比:+4.15ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
二階俊博78自由民主党109,488票
72.9%
――公明党推薦
楠本文郎63日本共産党40,608票
27.1%
37.1%社会民主党和歌山県連合支持

解散日:2014年11月21日 投票日:2014年(平成26年)12月14日
当日有権者数:266,640人 最終投票率:55.63%(前回比:-9.57ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
二階俊博75自由民主党108,257票
76.5%
――公明党
原矢寸久63日本共産党33,260票
23.5%
30.7%

解散日:2012年11月16日 投票日:2012年(平成24年)12月16日
当日有権者数:296,790人 最終投票率:65.20%(前回比:-10.70ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
二階俊博73自由民主党112,916票
60.4%
――公明党
山下大輔45日本維新の会52,358票
28.0%
46.4%
原矢寸久61日本共産党21,570票
11.5%
19.1%
  • 玉置は不出馬。

解散日:2009年7月21日 投票日:2009年(平成21年)8月30日
当日有権者数:304,250人 最終投票率:75.90%(前回比:+3.42ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
二階俊博70自由民主党117,237票
52.1%
――公明党
比当玉置公良54民主党102,342票
45.4%
87.3%
湊侑子26幸福実現党5,634票
2.5%
4.8%

解散日:2005年8月8日 投票日:2005年(平成17年)9月11日
当日有権者数:312,730人 最終投票率:72.48%(前回比:+7.22ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
二階俊博66自由民主党145,735票
66.4%
――
真鍋晃篤34民主党53,532票
24.4%
36.7%
上田稔58日本共産党20,140票
9.2%
13.8%

解散日:2003年10月10日 投票日:2003年(平成15年)11月9日
当日有権者数:315,076人 最終投票率:65.26%(前回比:-6.87ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
二階俊博64保守新党148,274票
78.4%
――
上田稔56日本共産党40,930票
21.6%
27.6%

解散日:2000年6月2日 投票日:2000年(平成12年)6月25日
当日有権者数:315,837人 最終投票率:72.13%(前回比:-4.38ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
二階俊博61保守党138,527票
63.1%
――
東力58無所属55,546票
25.3%
40.1%×
林勤48日本共産党25,516票
11.6%
18.4%
  • 東は前回1区から出馬。与党が二階を統一候補として擁立したことに反発し無所属で立候補。

解散日:1996年9月27日 投票日:1996年(平成8年)10月20日
当日有権者数:314,569人 最終投票率:76.51%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
二階俊博57新進党115,681票
49.2%
――
比当野田実59自由民主党101,074票
43.0%
87.4%
原矢寸久44日本共産党18,155票
7.7%
15.7%
  • 野田はこの選挙での買収事件により秘書が逮捕され、連座制適用により98年に失職した。これは失職規定適用第1号となる。

関連項目編集