メインメニューを開く

和歌山県第1区(わかやまけんだい1く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

日本の旗和歌山県第1区
衆議院小選挙区 和歌山県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 和歌山市
(2017年7月16日現在)
比例区 近畿ブロック
設置年 1994年
選出議員 岸本周平
有権者数 312,150人
1.31 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2018年9月登録日)
テンプレートを表示

区域編集

歴史編集

和歌山県県庁所在地、和歌山市がそのまま区割りとなった選挙区で、中選挙区制時代は旧和歌山1区に含まれていた。保守王国として知られる和歌山県ではあるが、定数3に対して3人自由民主党の候補が当選するのも珍しくないほどの非常に強固な保守地盤を誇った旧和歌山2区に比べると、旧和歌山1区は無党派層の増加により1980年代以降は自民党といえども定数3に対して1つしか取れないという状況が続いていた。

設置された当初、この選挙区を地盤としていたのは旧和歌山1区時代から6選中であったものの長男の大麻所持によって一旦は議員辞職した中西啓介(自民党→新生党新進党)で、1996年第41回衆議院議員総選挙において当選し議員に返り咲いた。しかし、2000年第42回衆議院議員総選挙では自民党和歌山県連が中西への選挙協力を拒絶し、中西推薦を決定した党本部に反旗を翻して独自に谷本龍哉(表向きは無所属)を擁立。連立与党である保守党に対して、自民党和歌山県連が刺客を擁立するという保守分裂の様相を呈した選挙で中西は谷本に2万票近い差を付けられて敗れ、落選した。

その後、正式に自民党に入党した谷本が2003年第43回衆議院議員総選挙2005年第44回衆議院議員総選挙を制して3期連続で当選を続けていたが、2009年第45回衆議院議員総選挙では民主旋風の煽りを受けて谷本は民主党岸本周平に5万票近い大差を付けられて惨敗し議席を失った。

2012年第46回衆議院議員総選挙では与党民主党への逆風の中で岸本は自民党の擁立した新人、門博文の猛烈な追い上げを受けたが300票差という僅差で辛くも門を退け議席を守った。2014年第47回衆議院議員総選挙でも岸本と門の横一線の情勢が続いたが、これも岸本が7,803票差で再び門を下し当選。2017年第48回衆議院議員総選挙では希望の党に移った岸本がさらに門を突き放し4選を決めた。

小選挙区選出議員編集

選挙結果編集

解散日:2017年9月28日 投票日:2017年(平成29年)10月22日
当日有権者数:312,819人 最終投票率:47.27%(前回比:+0.45ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
岸本周平61希望の党72,517票
50.4%
――
比当門博文52自由民主党57,111票
39.7%
78.8%公明党推薦
原矢寸久66日本共産党14,372票
10.0%
19.8%社会民主党和歌山県連合支持

解散日:2014年11月21日 投票日:2014年(平成26年)12月14日
当日有権者数:309,449人 最終投票率:46.82%(前回比:-10.44ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
岸本周平58民主党67,740票
47.8%
――
比当門博文53自由民主党59,937票
42.3%
88.5%公明党推薦
国重秀明54日本共産党14,027票
9.9%
20.7%

解散日:2012年11月16日 投票日:2012年(平成24年)12月16日
当日有権者数:311,046人 最終投票率:57.26%(前回比:-10.05ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
岸本周平56民主党60,577票
34.9%
――国民新党推薦
比当門博文47自由民主党60,277票
34.8%
99.5%公明党推薦
林潤40日本維新の会39,395票
22.7%
65.0%
国重秀明52日本共産党13,094票
7.6%
21.6%

解散日:2009年7月21日 投票日:2009年(平成21年)8月30日
当日有権者数:313,226人 最終投票率:67.31%(前回比:+2.79ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
岸本周平53民主党120,309票
58.1%
――
谷本龍哉42自由民主党72,109票
34.9%
59.9%
国重秀明48日本共産党12,529票
6.1%
10.4%
斉藤昌宏57幸福実現党1,956票
0.9%
1.6%

解散日:2005年8月8日 投票日:2005年(平成17年)9月11日
当日有権者数:314,432人 最終投票率:64.52%(前回比:+13.35ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
谷本龍哉38自由民主党100,868票
51.0%
――
岸本周平49民主党78,621票
39.7%
77.9%
下角力52日本共産党18,418票
9.3%
18.3%

解散日:2003年10月10日 投票日:2003年(平成15年)11月9日
当日有権者数:314,436人 最終投票率:51.17%(前回比:-9.50ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
谷本龍哉37自由民主党101,602票
68.9%
――
下角力50日本共産党45,851票
31.1%
45.1%

解散日:2000年6月2日 投票日:2000年(平成12年)6月25日
当日有権者数:315,298人 最終投票率:60.67%(前回比:+0.08ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
谷本龍哉33無所属83,830票
45.8%
――自民党和歌山県連推薦×
中西啓介59保守党65,468票
35.7%
78.1%自民党本部推薦
原矢寸久48日本共産党33,899票
18.5%
40.4%

解散日:1996年9月27日 投票日:1996年(平成8年)10月20日
当日有権者数:313,750人 最終投票率:60.59%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中西啓介55新進党66,428票
35.9%
――
旅田卓宗51無所属58,119票
31.4%
87.5%×
東力54自由民主党34,851票
18.8%
52.5%
奥村明春46日本共産党25,016票
13.5%
37.7%
田畑真佐子64無所属872票
0.5%
1.3%×
  • 東は第42回では和歌山3区から無所属で立候補したが、落選。

関連項目編集