保守王国

自民党が強い都道府県

保守王国(ほしゅおうこく)は、日本の国政選挙や地方選挙において保守勢力の候補が強い地域のことである。主に自由民主党への支持が強い都道府県選挙区を指すことが多い[1]。関連語に民主王国がある。

概説編集

自由民主党のような保守勢力が選挙に強く、立憲民主党日本共産党が弱い地域を指す。特に西日本の地方部、すなわち北陸地方中国地方四国地方九州地方に多く、福井県岡山県山口県鳥取県島根県愛媛県宮崎県鹿児島県などが保守王国と呼ばれている[2]

自民党が惨敗した2009年第45回衆議院議員総選挙でも、福井県・鳥取県・島根県・高知県は小選挙区で自民党候補が独占(高知県に至っては全小選挙区で自民党候補が比例復活も許さないほどの大差で勝利)し、富山県・島根県は比例区で自民党の得票数が民主党を上回るなど、特に西日本の地方部では自民党への支持の厚さが現れた。

第22回参議院議員通常選挙第46回衆議院議員総選挙第23回参議院議員通常選挙の三つの選挙において青森県群馬県富山県石川県・福井県・鳥取県・島根県・山口県徳島県宮崎県は自民党が衆参すべての議席を独占し他党に所属する議員が0になった。

最も強固な保守王国とされ、総理経験者を8人輩出した山口県においては2021年現在衆議院4議席全てと参議院2議席全てを独占するだけでなく、知事村岡嗣政[注釈 1][注釈 2]および県内全19市町の首長全員が自民党所属である。自治体の首長は一般的にさまざまな政治的考えの住民に配慮し、党籍を外すか無所属となるケースも多い中でこのような例は極めて珍しく、県内での自民党の強さを表している(しかし全員が自民党公認で首長選に立候補した者ではなく、自民党推薦の無所属候補が後に自民党所属になった例、保守分裂の関係で自民党推薦を得られなかったものの選挙後に自民党所属になった例、中には自民党の推薦候補を破った民主党系無所属の候補者が後に自民党に入党したケース(柳井市長の井原健太郎)もある)[4][3]

また、参議院選挙においては和歌山県で、2019年の第25回、2022年の第26回において自民党公認候補が選挙区で70%を超える全国トップの得票率を2回連続で記録している(第26回で得票率70%超えは和歌山県のみである)。

主な選挙区編集

衆議院選挙区編集

小選挙区制を導入以後、自民党系候補が独占している選挙区を以下に列挙する。

選挙区 小選挙区当選者 党派
青森県第3区 大島理森 自由民主党
木村次郎
青森県第4区[5] 木村太郎 新進党改革クラブ→自由民主党
茨城県第4区 梶山静六 自由民主党
梶山弘志
栃木県第5区 茂木敏充 自由民主党[注釈 3]
群馬県第4区 福田康夫 自由民主党
福田達夫
群馬県第5区 小渕恵三
小渕優子
埼玉県第11区 加藤卓二
小泉龍司 無所属→自由民主党→無所属→自由民主党
新井悦二 自由民主党
千葉県第11区 森英介
千葉県第12区 浜田靖一
中村正三郎
神奈川県第2区 菅義偉
神奈川県第11区 小泉純一郎
小泉進次郎
神奈川県第15区 河野太郎
東京都第11区 下村博文
東京都第17区 平沢勝栄
東京都第25区 石川要三
井上信治
富山県第2区 住博司
宮腰光寛
上田英俊
富山県第3区 綿貫民輔 自由民主党→国民新党→無所属→自由民主党
橘慶一郎 自由民主党
石川県第2区 森喜朗
佐々木紀
福井県第2区 牧野隆守
山本拓
高木毅
岐阜県第2区 棚橋泰文
岐阜県第4区 藤井孝男 自由民主党→無所属→たちあがれ日本太陽の党日本維新の会次世代の党→自由民主党
金子一義 自由民主党
金子俊平
三重県第5区[5] 藤波孝生 自由民主党→無所属
三ツ矢憲生 自由民主党
京都府第5区 谷垣禎一
本田太郎
兵庫県第9区 宮本一三 新生党→)[注釈 4]新進党→自由民主党→新党日本→国民新党
西村康稔 無所属→自由民主党
和歌山県第3区 二階俊博 (自由民主党→新生党→)[注釈 5]新進党→自由党保守党保守新党→自由民主党
鳥取県第1区 石破茂 (自由民主党→新生党→新進党→)[注釈 6]無所属→自由民主党
島根県第1区 細田博之 自由民主党
島根県第2区 竹下登
竹下亘
高見康裕
岡山県第1区 逢沢一郎
岡山県第3区 平沼赳夫 自由民主党→無所属→たちあがれ日本→太陽の党→日本維新の会→次世代の党→自由民主党
阿部俊子 自由民主党
平沼正二郎 無所属→自由民主党
岡山県第5区 村田吉隆 自由民主党
加藤勝信
広島県第1区 岸田文雄
山口県第1区 高村正彦
高村正大
山口県第3区 河村建夫
林芳正
山口県第4区 安倍晋三
香川県第3区 大野功統
大野敬太郎
愛媛県第1区 関谷勝嗣
塩崎恭久
塩崎彰久
愛媛県第2区 村上誠一郎
愛媛県第4区 山本公一
長谷川淳二
福岡県第7区 古賀誠
藤丸敏
福岡県第8区 麻生太郎
福岡県第11区 山本幸三 (自由民主党→新生党→)[注釈 7]新進党→無所属→自由民主党
武田良太 無所属→自由民主党→無所属→自由民主党
佐賀県第3区[6] 保利耕輔 自由民主党→無所属→自由民主党
熊本県第3区 松岡利勝 自由民主党
坂本哲志 無所属→自由民主党
熊本県第4区 園田博之 (無所属→自由民主党→)[注釈 8]新党さきがけ→自由民主党→たちあがれ日本→太陽の党→日本維新の会→次世代の党→太陽の党→次世代の党→自由民主党
金子恭之 無所属→無所属の会→自由民主党
宮崎県第2区 江藤隆美 自由民主党
江藤拓 自由民主党→無所属→自由民主党
宮崎県第3区 持永和見 自由民主党
古川禎久 自由民主党→無所属→自由民主党
鹿児島県第2区 園田修光 自由民主党
徳田虎雄 無所属→自由民主党→無所属→自由連合
徳田毅 無所属→自由連合→自由民主党→無所属
金子万寿夫 自由民主党
三反園訓 無所属
鹿児島県第4区 小里貞利 自由民主党
小里泰弘
森山裕 自由民主党→無所属→自由民主党
鹿児島県第5区[5] 山中貞則 自由民主党
森山裕 自由民主党→無所属→自由民主党

参議院選挙区編集

現在、自民党系候補が独占している選挙区を以下に列挙する。

選挙区 当選議員 党派
福島県選挙区(2) 森まさこ星北斗 自由民主党
栃木県選挙区(2) 上野通子高橋克法 自由民主党
群馬県選挙区(2) 中曽根弘文清水真人 自由民主党
富山県選挙区(2) 野上浩太郎堂故茂 自由民主党
石川県選挙区(2) 岡田直樹宮本周司 自由民主党
福井県選挙区(2) 滝波宏文山崎正昭 自由民主党
山梨県選挙区(2) 森屋宏永井学 自由民主党
岐阜県選挙区(2) 渡辺猛之大野泰正 自由民主党
三重県選挙区(2) 吉川有美山本佐知子 自由民主党
奈良県選挙区(2) 佐藤啓堀井巌 自由民主党
和歌山県選挙区(2) 鶴保庸介世耕弘成 自由民主党
岡山県選挙区(2) 小野田紀美石井正弘 自由民主党
鳥取県・島根県選挙区(2) 青木一彦舞立昇治 自由民主党
山口県選挙区(2) 江島潔北村経夫 自由民主党
徳島県・高知県選挙区(2) 中西祐介高野光二郎 自由民主党
香川県選挙区(2) 磯﨑仁彦三宅伸吾 自由民主党
佐賀県選挙区(2) 福岡資麿山下雄平 自由民主党
長崎県選挙区(2) 古賀友一郎山本啓介 自由民主党
熊本県選挙区(2) 松村祥史馬場成志 自由民主党
宮崎県選挙区(2) 松下新平長峯誠 自由民主党
鹿児島県選挙区(2) 野村哲郎尾辻秀久 自由民主党

富山県選挙区、石川県選挙区、福井県選挙区、山梨県選挙区、三重県選挙区、奈良県選挙区、和歌山県選挙区、香川県選挙区、山口県選挙区、佐賀県選挙区、長崎県選挙区、宮崎県選挙区の改選数は1947年より一貫して1。岡山県選挙区、熊本県選挙区、鹿児島県選挙区は1998年まで改選数2、2001年より改選数1、鹿児島県選挙区は1998年以降自民党系候補が独占している。栃木県選挙区、群馬県選挙区は2004年まで改選数2、2007年より改選数1。岐阜県選挙区、福島県選挙区は2010年まで改選数2、2013年より改選数1。2016年から鳥取県選挙区島根県選挙区鳥取県・島根県選挙区徳島県選挙区高知県選挙区徳島県・高知県選挙区

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 歴代の山口県知事では村岡の前の知事4人も党籍があった[3]
  2. ^ ただし、県知事選挙の際は無所属で出馬している。
  3. ^ 以前は日本新党に所属し、無所属を経て自民党に入党(小選挙区比例代表並立制導入前に自民党に入党)。
  4. ^ 小選挙区比例代表並立制導入前
  5. ^ 小選挙区比例代表並立制導入前
  6. ^ 小選挙区比例代表並立制導入前
  7. ^ 小選挙区比例代表並立制導入前
  8. ^ 小選挙区比例代表並立制導入前

脚注編集

関連項目編集