メインメニューを開く

国道411号

日本の東京都から山梨県に至る一般国道

国道411号(こくどう411ごう)は、東京都八王子市から東京都西多摩郡奥多摩町を経て山梨県甲府市に至る一般国道である。

一般国道
国道411号標識
国道411号
総延長 120.1 km
実延長 120.1 km
現道 116.6 km
制定年 1982年
起点 東京都八王子市
左入町交差点(地図
主な
経由都市
東京都あきる野市青梅市
西多摩郡奥多摩町
山梨県北都留郡丹波山村甲州市
終点 山梨県甲府市
甲府警察署前交差点(地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0016.svg国道16号
首都圏中央連絡自動車道
Japanese National Route Sign 0139.svg国道139号
Japanese National Route Sign 0140.svg国道140号
Japanese National Route Sign 0052.svg国道52号Japanese National Route Sign 0358.svg国道358号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
国道411号 起点
東京都八王子市 左入町交差点
国道411号 終点
山梨県甲府市 甲府警察署前交差点
(国道52号 終点)

概要編集

起点の八王子市から、国道20号甲州街道)の北側を並走するような経路を取り、東京都多摩地域北西部にある奥多摩町や、山梨県の北東部を経由し、終点の甲府市に至る路線である。

途中の青梅市からになるが、青梅街道を踏襲するルートを辿る。青梅街道の踏襲区間では甲州裏街道と呼ばれることがある[1]

路線データ編集

一般国道の路線を指定する政令[2][注釈 1]に基づく起終点および重要な経過地は次のとおり。

路線状況編集

東京都側編集

 
東京都西多摩郡奥多摩町
深山橋交差点付近
(国道139号 終点)

八王子市左入町交差点で国道16号から分かれると、首都圏中央連絡自動車道あきる野インターチェンジ付近まで西進する。この区間は地域高規格道路として整備された新滝山街道と並行する。あきる野ICからは進路を北にとり、途中あきる野市街を通過する。沿線には郊外型店舗が連なるが、しばらくすると市街地を抜け、新満地トンネル満地峠を越える。ここからは青梅市に入る。

青梅市に入ると、多摩川に沿って東京都道45号奥多摩青梅線(吉野街道)及び東日本旅客鉄道(JR東日本)青梅線と並行して西進することになる。車線数は2車線だが、拡張が終わった一部区間では停車帯が加わる。万年橋で多摩川北岸に渡ると、進行方向前面(山梨県方面)に奥多摩の山々が目の前に迫る。青梅市街を抜ける辺りから上り勾配が始まる。途中、吉野梅郷御岳渓谷などの景勝地付近を通過すため、土休日を中心に渋滞することが多い。

御嶽駅を過ぎて西多摩郡奥多摩町に入ると谷沿いを進むようになる。鳩ノ巣駅を過ぎると、しばらく(山梨県境付近まで)狭いトンネルが連続するようになる。新氷川トンネルを抜け、奥多摩の玄関口である奥多摩駅を過ぎると、道幅が狭くなり、勾配がさらに急になる。この区間は「奥多摩むかし道」や、奥多摩湖建設のために敷かれた鉄道「水根貨物線」跡と並行しながら奥多摩湖へ至る。湖畔の北側を西進し、しばらくの間は比較的平坦な道となる。深山橋交差点で国道139号と接続し、程なくして山梨県に入る。

山梨県側編集

 
愛称「大菩薩ライン」の標識
山梨県北都留郡丹波山村鴨沢

小袖川を渡ると、山梨県北都留郡丹波山村に入る。さらにアップダウンとカーブが続く。所々、丹波川沿いの集落へ続く下り坂がある。左手に丹波山温泉「のめこい湯」が見えると、山梨県道18号上野原丹波山線との交差点に至る。青梅街道の宿場町として栄えた中心部と、左眼下にみえる住宅街を過ぎると、丹波山村を抜けるまで集落がなく、暫く山間部に入る。一時、右手に川が見えるが、再び左手に川を見ながら並走する。羽根戸トンネル、丹波山トンネル、大常木トンネルを抜けると甲州市に入る。続くおいらん淵付近にある一之瀬高橋トンネルを抜けると、いくつかの急坂のヘアピンカーブを通り過ぎ、柳沢峠から先は甲州市街まで長い下り坂が続く。愛称「大菩薩ライン」とよばれる山岳道路区間の一部は、12月中旬から4月中旬まで冬季閉鎖のため通行できなくなる[4]。山間部区間を下り終えると、甲州市街(旧塩山市街)の東側を塩山バイパスで通過し、市内勝沼町の等々力交差点で右折し旧甲州街道笛吹市石和町を経て終点の甲府市中心部まで西進する。甲府市内の身延線善光寺駅付近、金手駅付近では昔の城下町時代の名残でクランク状に線形が折れ曲がっているところがある[5]

別名編集

 
滝山街道
東京都八王子市戸吹町
滝山街道
東京都通称道路名。東京都八王子市左入町(国道16号左入町交差点) - 東京都青梅市友田町二丁目(吉野街道・友田町交差点)
吉野街道
東京都通称道路名。東京都青梅市友田町二丁目 - 東京都青梅市畑中一丁目
青梅街道
東京都通称道路名。東京都青梅市青梅(青梅市民会館南交差点) - 山梨県北都留郡丹波山村
大菩薩ライン
山梨県道路愛称名。山梨県丹波山村鴨沢(東京都との県境) - 笛吹市石和町甲運橋[6]。愛称は、甲府盆地の北東部にそびえる大菩薩嶺の西麓を道路が登ってゆくことに由来する[4]
市部本通り
笛吹市
城東通り
甲府市通称道路名。甲府市笛吹市境界(甲府市川田町) - 甲府警察署交差点(甲府市丸の内)

バイパス道路編集

 
城東バイパス
城東大橋(甲府市酒折)

建設・構想中編集

  • 上萩原III期バイパス
平成29年度を目途に建設されている。

道路施設編集

トンネル編集

橋梁編集

 
峰谷橋、奥多摩湖
  • 秋留橋 : 秋川
  • 菅瀬橋 : 平井川
  • 万年橋 : 多摩川
  • 南氷川橋 : 多摩川
  • 弁天橋 : 多摩川
  • 笹平橋 : 多摩川
  • 琴浦橋 : 多摩川
  • 檜村橋 : 多摩川
  • 境橋 : 多摩川
  • 峰谷橋 : 奥多摩湖
  • 小田原橋 : 重川
  • 新千野橋 : 重川
  • 西広門田橋 : 重川
  • 笛吹橋 : 笛吹川

道の駅編集

交通量編集

平日24時間交通量(平成17年度道路交通センサス)

  • 甲府市酒折二丁目3-11 : 22,008

地理編集

奥多摩湖から東京都・山梨県境を越えて山梨県側に入ると丹波山村で、多摩川源流地域ののどかな山間風景でカーブも緩やかである[4]。その西側でそびえる鶏冠山(標高1716メートル)を避けるように、山の北麓で迂回するように道路が走る[4]。国道411号の最高地点である柳沢峠付近は森林に囲まれた区間で、峠の南側で甲府盆地へと下る大菩薩嶺(標高2057メートル)の尾根の西麓付近では、急カーブが連続していて川や渓谷をいくつもの橋で越えてゆく[4]

通過する自治体編集

交差する道路編集

編集

  • 満地峠(東京都あきる野市 - 青梅市。新満地トンネルで通過)
  • 柳沢峠(山梨県甲州市)

自然編集

ギャラリー編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ 1995年9月1日に、五日市町と合併して、あきる野市となる。
  3. ^ 2005年11月1日、勝沼町、大和村と合併して、甲州市となる。
  4. ^ 2004年10月12日、東八代郡石和町・御坂町・一宮町・八代町・境川村・東山梨郡春日居町が合併して、笛吹市となる。
  5. ^ a b c d e f 2015年4月1日現在

出典編集

  1. ^ 中里介山著『大菩薩峠
  2. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2019年11月11日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2016. 国土交通省道路局. p. 23. 2017年5月4日閲覧。
  4. ^ a b c d e 中村淳一編 2018, p. 78.
  5. ^ 城東通りの項を参照。
  6. ^ 山梨全域道路愛称名対象路線及び愛称名 (PDF)”. 山梨県県土整備部道路管理課. 2013年4月9日閲覧。

参考文献編集

  • 『日本の絶景ロード100』中村淳一編、枻出版社、2018年4月20日。ISBN 978-4-7779-5088-1

関連項目編集

外部リンク編集