源氏物語絵巻、二十帖『朝顔』、バーク・コレクション

土佐光起(とさ みつおき、元和3年10月23日1617年11月21日)-元禄4年9月25日1691年11月14日))は、江戸時代土佐派を代表する絵師和泉国出身。父は土佐光則。本姓は藤原、幼名は藤満丸。住吉如慶は父の門人(叔父説あり)。子は土佐光成土佐光親

目次

略伝編集

 
源氏物語絵巻、四十二帖『匂宮』、バーク・コレクション
 
源氏物語絵巻、五帖『若紫』、バーク・コレクション

寛永11年(1634年)、18歳で父に従い京都に移り、承応3年(1654年)3月10日、38歳で従五位下左近衛将監に叙され、この時、永禄12年(1569年)の土佐光元戦死以来失われた宮廷の絵所預職に85年ぶりに復帰したと考えられる。この職を取り戻すのは土佐家の悲願であり、光起を「土佐家中興の祖」と呼ぶのもこれ故である。同年からの承応度京都御所造営では如慶と共に参加し、襖絵、杉戸絵を制作した。後水尾天皇の覚えが厚く、光起は改めて自邸に絵所の称号を勅許され、「勅許画院」の印象を用いるのを許可された。のちの延宝9年(1681年)、息子・光成に宮廷絵所預の地位を譲り、5月29日法橋となり剃髪、法名を常昭とし、春可軒と号す。貞享2年(1685年)4月12日には法眼に叙した。元禄4年(1691年)、京都で没。享年75。法名は寿光院霊誉常照居士。墓所は知恩寺。容貌は祖父・土佐光吉に似ていたといい、子の光成による肖像画が残る(京都国立博物館蔵)。

大和絵の主流だった土佐派にあきたらず、ライバルの狩野派宋元画を学び、従来の温雅なやまと絵に克明な写生描法を取り入れ、江戸時代の土佐派様式を確立した。特に南宋院体画李安忠の「鶉図」(国宝。現在は根津美術館蔵)を父譲りの細密描法を用いてしばしば描き、後の土佐派の絵師たちに描き継がれている。江戸中期の国学者、有職故実家である橋本経亮は著書『梅窓筆記』(享和元年(1801年))で、光起の鶉の絵に猫が飛びかかったという伝承を記している。また画題の面でも、風俗画や草木図などそれまで土佐派が描かなかった題材を取り上げ、清新な画風を作り出し、土佐派の再興に成功した。

『本朝画法大伝』編集

死の前年にあたる元禄3年(1690年)に『本朝画法大伝』を書き残す。この中で光起は、この本はそれまで口伝であった土佐家伝来の秘伝を誤って伝えられるのを恐れて著したが、決して人に渡してはならないと堅く戒めている。内容は中国の画論にしばしば見かける、画の六法、三品、十二忌といった説明から、様々な技法、筆や顔料の事などきわめて実践的な記述が多い。光起は土佐派の特質を「異国(中国)の画は文の如く、本朝(日本)の画はの如し」と評している。また、狩野派を鋭く批判する声が聞かれる一方で、粉本主義が明白に打ち出されており、同時代の狩野派と類似した体質が指摘できる。

代表作編集

作品名 技法 形状・員数 寸法(縦x横cm) 落款 印章 年代 所有者 指定 備考
石山寺縁起絵巻模本 4巻 1655年(明暦元年)頃 石山寺
十二ヶ月歌意図巻 絹本著色 2巻 上巻 29.0x665.0
下巻 29.0x663.5
1664-68年(寛文4-8年)頃 東京国立博物館
山崎闇斎両親象 絹本著色 1幅 49.4x76.8 「土佐光信五代孫左近衛将監光起圖」 「藤原」朱文方印 1670年2月14日(寛文9年12月24日) 個人 山崎闇斎賛[注釈 1]
北条氏長 紙本著色 1幅 127.2x56.4 1670年(寛文10年) デトロイト美術館 琢玄宗璋賛
北条五代画像 1670年(寛文10年)頃 早雲寺 琢玄宗璋賛
束帯天神図 絹本著色 1幅 「土佐将監光起筆」 1673年(寛文13年) 常盤山文庫 高泉性敦賛[2]
徒然草絵巻 絹本著色 1巻 26.3x510.3 1675年(延宝3年12月) 個人 [注釈 2]
独照性円像 1679年(延宝7年) 東京国立博物 自賛
北野天神縁起絵巻 紙本著色 3巻 1685年 - 1691年 北野天満宮 重要文化財
立花宗茂 絹本著色 1幅 「土佐法眼常昭筆」 「光起之印」白文方印 1688年(貞享5年)賛 京都大慈院 京都市指定文化財 [注釈 3]
悲田院障壁画 紙本墨画著色 34面 1688年(貞享5年、元禄元年) 悲田院(京都)
上杉謙信武田信玄 1688年(貞享5年、元禄元年) 山梨県立博物館
釈迦三尊像 1689年(元禄2年) 宝樹寺 須弥壇裏壁画
大寺縁起絵巻 紙本著色 3巻 上巻 35.0x2300.5
中巻 35.0x2407.5
下巻 35.0x2144.5
1690年頃 開口神社大阪市立美術館寄託 重要文化財 [注釈 4]
源氏物語絵巻「末摘花 紙本著色 1巻 石山寺 重要文化財 伝土佐光起作
厳島・松島図屏風 紙本著色 六曲一双 122.1x366.6 徳川美術館 重要美術品
柿本人麻呂 絹本著色 1幅 個人 重要美術品
粟穂鶉図屏風 紙本著色 八曲一双 個人 重要美術品
朝議図屏風 茶道資料館
春秋花鳥図 紙本金地著色 六曲一双 156.8x366.8(各) 款記「土佐左近近衛将監光起筆」 「藤原」朱文方印 頴川美術館
須磨・宇治図屏風 紙本著色 六曲一双 堺市博物館
源氏物語図屏風 紙本金地著色 六曲一双 140.8x345.2(各) 福岡市美術館
磯千鳥図屏風 紙本金地著色 六曲一双 両隻に「土佐将監光起」 印文不明印章 福岡市美術館 黒田家伝来[注釈 5]
吉野桜図 紙本金地著色 六曲一双 両隻に「土佐将監光起筆」 「光起」朱文六角六脚印[4] ジョン・C・ウェーバー・コレクション
源氏物語図屏風 紙本著色 六曲一双 100.7x286.0(各) 東京国立博物館 [注釈 6]
屋島宇治川合戦図屏風 紙本著色 六曲一双 155.1x365.4(各) 東京国立博物館
三十六歌仙画帖 絹本著色(和歌は紙本墨書) 1帖 17.5x15.4(各) 東京藝術大学大学美術館
女房三十六歌仙画帖 絹本著色 三井記念美術館
百人一首手鑑 林原美術館
徒然草図屏風 紙本著色 六曲一双 個人 同名のものが複数伝わる。
小朝拝・朔旦冬至図屏風 個人
月次風俗図屏風 個人
普照国師像 絹本著色 1幅 泉岳寺 港区指定文化財 高泉性敦
牡丹猫・粟穂鶉図 絹本著色 双幅 相国寺
寛文美人図 1幅 「土佐将監光起筆」 高津古文化会館[5]
桜楓に短冊図 絹本著色 六曲一双 144x286(各) シカゴ美術館
  1. ^ 「乾父坤母/一視同仁/家君壽影/於我尤親/山崎嘉謹賛」[1]
  2. ^ 『徒然草』第137段のみを4場面にして絵画化。詞書は無く、土佐光貞の極状が付属。
  3. ^ 江月宗玩の裏書によると、本図は承応3年(1654年)制作の原本が損傷したため、貞享5年に模写したもの。賛文は大慈院第2世藍渓宗瑛の撰で、筆者はその法孫の大仲宗溈[3]
  4. ^ 外題は常子内親王、詞書は関白近衛基熙公卿親王25名の寄合書。上巻は三村明神この地に鎮座した由来、中巻は行基の行状、下巻は空海空也と当社との関係を描く。特に中巻は、行基の誕生から幼少児の逸話、および剃髪後の布教活動や社会事業に挺身する姿、さらに三村明神の神託を受け薬師を本尊とした神宮寺を建立する次第など、実質行基の行状絵伝とも言うべき内容となっている。奥書によれば近衛基煕を施主とし、天正年間に焼けた縁起の断簡をもとに、光起が新たに写したと記される。堺市博物館に丹念な白描の下絵3巻が残る(大阪府指定文化財)。
  5. ^ 落款の字が弱く印章も類例が余り無いため、真筆ではないとする意見もある。千鳥が333羽描かれており、このゾロ目の数字に意味があるとも考えられる。
  6. ^ 御簾越しであるかのよな緑の線が画面を満遍なく覆っている。

脚注編集

  1. ^ 佐賀県立美術館編集・発行 『企画展 近世の肖像画』 1991年10月9日、pp.14,61。
  2. ^ 『特別展 天神万華鏡 ~常盤山文庫所蔵 天神コレクション~』 渋谷区立松濤美術館編集・発行、2014年、pp.28,104
  3. ^ 京都市文化市民局文化部文化財保護課編集発行 『京都市文化財ブックス第11集 京都近世の肖像画 ─市内肖像画調査報告書─』 1996年2月、p.42。
  4. ^ MIHO MUSEUM編集・発行 『ニューヨーカーが魅せられた美の世界 ジョン・C・ウェーバー・コレクション』 2015年9月15日、pp.170-171、ISBN 978-4-903642-20-8
  5. ^ 高津古文化会館 秋田市立千秋美術館編集・発行 『勇壮・優美・遊楽―江戸時代の男と女―』 2016年、p.73。

参考資料編集

展覧会図録
  • 『土佐派の絵画』 サントリー美術館、1982年
  • 知念理編集 『特別陳列 土佐光起生誕400年 近世やまと絵の開花 ー和のエレガンスー』 大阪市立美術館、2017年9月2日