埼玉県立不動岡高等学校

埼玉県立不動岡高等学校(さいたまけんりつ ふどうおかこうとうがっこう)は、埼玉県加須市不動岡一丁目に所在する公立高等学校。以前は「不高」という略称を用いられていたが、近年では略さず「不動岡」と呼ばれることが多い。

埼玉県立不動岡高等学校
Fudooka-h-new01.jpg
過去の名称 私立埼玉英和學校
私立埼玉和英學校
私立埼玉尋常中學校
私立埼玉中學校
埼玉県立不動岡中学校
国公私立の別 公立学校
設置者 埼玉県の旗 埼玉県
学区 旧第七学区
校訓 質実剛健
設立年月日 1886年11月11日
創立記念日 11月11日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 単位制
設置学科 普通科
外国語科
学期 2学期制
高校コード 11118A
所在地 347-8513
埼玉県加須市不動岡一丁目7番45号
公式サイト 埼玉県立不動岡高等学校
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

目次

概要編集

1886年明治19年)に私立学校として創立したが、1921年大正10年)に埼玉県に移管され県立学校となった。埼玉県の高校では最古の歴史を有する[1]

校是は「質実剛健」「文武両道」。

かつては羽生分校(羽生市)、菖蒲分校(南埼玉郡菖蒲町)、北川辺分校(北埼玉郡北川辺町)、騎西分校(北埼玉郡騎西町)の4分校が設置されていた。これらのうち騎西分校は廃校、他は埼玉県立羽生高等学校埼玉県立菖蒲高等学校埼玉県立北川辺高等学校にそれぞれ改称。さらに、昭和45年4月には不動岡女子高等学校(現埼玉県立誠和福祉高等学校)を、不動岡高校敷地内で仮校舎を用意して開校させている。

埼玉・茨城・千葉・群馬・栃木・福島県教育委員会における「隣接県公立高等学校入学志願者取扱協定」により、群馬県茨城県方面からの入学者もある。

沿革編集

  • 1886年 - 私立埼玉英和學校として、下手子林村戸長岡戸文右衛門、網野長左衛門らにより設立される。岡戸は、1880年(明治13年)に廃校となった埼玉県の教員養成学校「不動岡講習学校」の校舎を借り受け、同校の財務主管だった網野らとともに「私立会川中学校」を設立、翌年これが「公立不動岡中学校」に取って替わられ、1885年には近隣中学2校と合併して「北埼玉郡立中学校」となったが、1886年の学校令の「尋常中学は各府県に1校」の定めにより廃校となった[2]。地元に中等教育機関が無くなってしまったことを憂いた岡戸らは寄付と株主制により資金を集め、生徒定員150名、教員6名の私立埼玉英和学校を設立した[2]。開校後財政難が続いたため、公立校への移管を目指した[2]
  • 1894年 - 私立埼玉和英學校に改称。
  • 1897年 - 私立埼玉尋常中學校に改称。校章を制定。
  • 1899年 - 私立埼玉中學校に改称。
  • 1900年 - 埼玉県内最初の秋季運動会開催。
  • 1902年 - 野球部創設。
  • 1915年 - 校旗と校歌を制定。
  • 1921年 - 埼玉県に移管され、名称を埼玉縣立不動岡中學校と改称。
  • 1947年 - 学制改革に伴い併設中学校を設置。
  • 1948年 - 埼玉県立不動岡高等学校に改称。
  • 1950年 - 男女共学実施。
  • 1953年 - 第1回学校祭実施。
  • 1965年 - ポプラ並木を植樹。
  • 1971年 - 第1回徒歩ラリー実施。
  • 1985年 - 創立100周年記念式典挙行。
  • 1990年 - 外国語科を新設。
  • 1996年 - 創立110周年記念式典挙行。
  • 2002年 - 90分授業導入。
  • 2003年 - オーストラリア・キンガロイ高校、中国・フフホト第2中学と姉妹校提携。
  • 2004年 - 県立高校進学指導アドバンスプラン推進校に指定。
  • 2005年 - 新校舎竣工。
  • 2006年 - 創立120周年記念式典挙行。特別番組「不動120年~過去、今、未来」をテレビ埼玉にて放映。
  • 2007年 - セメスター制導入。
  • 2010年 - 埼玉県教育委員会進学指導重点推進校に指定。
  • 2011年 - 「スーパーサイエンスハイスクール (SSH)」に指定。任期5年より終了。
  • 2015年 - 「スーパーグローバルハイスクール (SGH)」に指定。
  • 2017年 - 「スーパーサイエンスハイスクール (SSH)」に再指定。

施設・校舎編集

 
旧校舎の1号館
 
ホームルーム棟内の2階から4階までの吹き抜け
  • 敷地面積 59,701.59m2(18,000坪余り)
  • 校舎の床面積 13,157m2

2003年から旧校舎取り壊しおよび新校舎建設が始まり、2007年3月に竣工した。

  • ホームルーム棟
  • 教科・研究棟
  • メディア棟(図書館および不動岡ホール)

自家発電用ソーラーパネル設備があり、正面玄関に発電量表示パネルが設置されている。エレベーター2基が整備されている。各教室にエアコン設備が完備されている。

  • 外国語科棟
  • 体育館
    • 大体育館
    • 小体育館
    • 格技場
  • 100周年記念館

100周年記念館および格技場内に宿泊設備があり、長期休業中などに部活動が合宿に使用している。

  • 運動部部室棟
  • 50mプール
  • グラウンド
    • 北グラウンド(陸上300mトラック設置)
    • 西グラウンド
    • 東グラウンド
  • テニスコート(2箇所)
  • バレーコート
ポプラ並木

学校のシンボルの一つ。校舎と東グラウンドの間にあった。1965年に、校庭東側桜並木の老化のため、伐採した後に植樹されたが、2009年に倒木の恐れが出たために健常な1本を残して伐採された。その際にお別れの会が催された。

天体ドーム

新校舎建設と共に新しくさらに高性能な直径20cmの屈折望遠鏡が設置され、主に地学の授業と天文部で活用。

学校行事編集

市中パレード

6月の第1週に行われる学校祭のオープニングとして、加須市街をパレードする。生徒会、吹奏楽部などが中心となり、各部活・クラスの代表が仮装して市内を練り歩く。

文化祭

「不高祭」の名で毎年6月に実施。1983年までは毎年9月に行われていた。 毎年生徒からテーマを募り、それに準じた学校祭名が付けられる。

体育祭

毎年6月、文化祭の直前に実施。1年生から3年生までの組をクラス関係なくまとめた9つの「団」で競い合う。

学校生活編集

校歌・応援歌
  • 校歌(河野省三作詞・楠美恩三郎作曲)
  • 第一応援歌
  • 第二応援歌「若き血潮」
  • 第三応援歌「不動の闘志」(石原竹彦作曲)
通学手段

学校近辺に住む生徒は徒歩で、春日部・久喜・羽生方面からは東武伊勢崎線、蓮田・栗橋・古河方面からはJR宇都宮線[3]、騎西・鴻巣方面からは朝日バス(鴻巣駅~加須駅~加須車庫)を利用して通学してくる。

自転車通学者も多い。市内(合併前の旧3町域も含む)はもとより、行田・鴻巣などの遠方から通学する生徒もいる。

制服

男子は一般的な黒の詰め襟学生服、女子は冬は黒のブレザーで中にジャンパースカート。男女ともに夏は上着を着用しなくてもよい。

授業

2001年度から導入された週3日の90分授業は2006年度をもって廃止され、2007年度より65分5時限授業制になった。2009年度からは隔週で土曜授業(3時限)がある。

生徒会活動・部活動
  • 運動部は21、文化部は22(いずれも同好会を含む)。
  • 応援部は旧制中学の流れを汲む埼玉県六校応援団連盟に加入し、埼玉県立の浦和高校川越高校熊谷高校春日部高校松山高校の各応援部と合同で毎年1回、「日輪の下に」を催している。また、これら六校は対戦時に六大学系の応援を行う申し合わせになっている。
  • 剣道部(男子)は全国大会(インターハイ)にもたびたび出場している。とくに、全国高校総体埼玉県予選会では、5連覇を含む16回もの優勝回数(歴代1位)を誇る。また、昭和33年度にはインターハイ準優勝という現在でも県内最高となる成績を挙げている。近年は埼玉栄高校などの台頭に押され、昭和57年度を最後に優勝から遠ざかっているが、最近は平成7~9、11年度に3位入賞などの成績である。(最近11年間で7回の関東大会出場等)。
  • 陸上競技部は1919年大正8年)創部。以来、全国大会(インターハイ国民体育大会等)で優勝・準優勝者や入賞者(1989年までは6位、1990年平成2年)以降は8位まで)を多数輩出している。主な成績は次の通り。
    • インターハイ連続出場-32年間(1951年~1982年)
    • インターハイ優勝-男子ハンマー投(1961年)、男子棒高跳(1975年、2009年)
    • インターハイ準優勝-男子棒高跳(1965年,2010年)
    • 国民体育大会優勝-高校男子ハンマー投(1961年)、少年男子B棒高跳(1980年)、少年男子共通棒高跳(2010年)
    • 国民体育大会準優勝-高校男子棒高跳(1965年)少年男子A棒高跳(1975年)、少年女子共通棒高跳(2006年,2011年)
  • 新聞部は1950年創部。読売新聞毎日新聞テレビ埼玉等に採り上げられたことがある。また2012年の元旦には埼玉新聞の一面を担当している。5年連続で県知事ふ賞(最優秀賞)を受賞。全国高校新聞コンクールにおいても、5年連続で全国から10校のみ選ばれるという優秀賞を受賞。全国高校総合文化祭には8年連続で出場。
  • 理科学部はアマチュア無線の国内4大コンテスト、6m&DownのPMA部門で全国優勝した(2007年)
  • 箏曲部は2009年、2010年と連続で全国高等学校総合文化祭(全国大会)に出場。また第34回高校邦楽祭において第一位 金賞埼玉県高等学校文化連盟賞を受賞。

大学合格状況編集

  • 国公立大学は例年80名程度。現役合格率は84.2%(2010年度)[4]

著名な出身者編集

政治
官界
教育
芸術・文化
マスコミ
その他

脚注編集

  1. ^ 埼玉県の公立高校で最古の歴史を有する県立浦和高校は1895年創立。
  2. ^ a b c 地域と高等教育から見た明治中後期中等教育 埼玉英和学校を中心に鈴木秀幸、明治大学史紀要第13号 ‎2009
  3. ^ 久喜駅乗り換え
  4. ^ 埼玉県立不動岡高等学校サイト内(進路状況)
  5. ^ 疎開中に在籍したもので、卒業生ではない。

関連項目編集

外部リンク編集