メインメニューを開く

堂故 茂(どうこ しげる、1952年昭和27年)8月7日 - )は、日本政治家自由民主党所属の参議院議員(2期)。富山県氷見市長(4期)、富山県議会議員(2期)を務めた。

堂故 茂
どうこ しげる
生年月日 (1952-08-07) 1952年8月7日(67歳)
出生地 日本の旗 富山県氷見市
出身校 慶應義塾大学経済学部
所属政党 自由民主党竹下派
公式サイト どうこ茂公式ホームページ

選挙区 富山県選挙区
当選回数 2回
在任期間 2013年7月29日 - 現職

Flag of Himi Toyama.svg 富山県氷見市長
当選回数 4回
在任期間 1998年 - 2013年

選挙区 氷見市選挙区
当選回数 2回
在任期間 1991年 - 1998年
テンプレートを表示

概要編集

富山県氷見市生まれ。富山県立高岡高等学校慶應義塾大学経済学部卒業[1]1979年トナミ運輸株式会社入社。1982年、かつてはトナミ運輸の代表取締役社長も務めていた綿貫民輔衆議院議員の秘書を務める。1988年、氷見青年会議所理事長に就任。

1991年富山県議会議員選挙に出馬し、初当選した。1995年、富山県議会議員再選。1998年、富山県議を任期途中で辞職して氷見市長選挙に出馬し、当選。以後、2013年まで4期15年間、氷見市長を務めた。2003年観光カリスマ百選に選出される[2]

2013年、4期目の任期途中で氷見市長を辞職。自由民主党公認で第23回参議院議員通常選挙富山県選挙区から出馬し、当選した。

2015年10月9日、第3次安倍第1次改造内閣文部科学大臣政務官に就任した。担当は、教育と文化[3]

2018年10月24日、参議院農林水産委員長に就任した[4]

2019年7月の第25回参議院議員通常選挙で再選。

政策編集

  • 2019年10月に予定されている消費税の10%への引き上げについて「法律に従い、引き上げるべきだ」と回答している[5]
  • 憲法9条を改正して自衛隊を他国同様「国防軍」にすべき[6]
  • 集団的自衛権の行使を認めるべき[6]
  • 日本の核武装について、国際情勢によっては検討すべき[6]
  • 首相や閣僚の靖国神社参拝は問題ない[6]

所属団体・議員連盟編集

支援団体編集

脚注編集

外部リンク編集