石川昭政

日本の政治家

石川 昭政(いしかわ あきまさ、1972年(昭和47年)9月18日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(3期)、元復興政務官内閣府政務官経済産業政務官

石川 昭政
いしかわ あきまさ
Akimasa Ishikawa.jpg
生年月日 (1972-09-18) 1972年9月18日(49歳)
出生地 日本の旗 茨城県日立市
出身校 國學院大學文学部神道学科
國學院大學大学院文学研究科
神道学・宗教学専攻博士前期課程
前職 自由民主党本部職員
現職 衆議院議員
所属政党 自由民主党

選挙区比例北関東ブロック→)
茨城5区
当選回数 3回
在任期間 2012年12月16日 - 現職
テンプレートを表示

経歴編集

茨城県日立市生まれ。茨城県立日立第一高等学校國學院大學文学部神道学科を経て、1998年(平成10年)、國學院大學大学院文学研究科神道学・宗教学専攻博士前期課程修了[要出典]

同年に自由民主党本部職員となり、幹事長室でマスコミ担当。2000年(平成12年)、選挙対策本部を担当。党職員を13年間を務めた[1]2011年(平成23年)、公募で自民党衆議院茨城第五選挙区支部長に就任[2]

2012年(平成24年)、第46回衆議院議員総選挙茨城5区神道政治連盟からの支援を受け(石川はその国会議員懇談会にも所属)て自民党から出馬。民主党の元国土交通大臣である大畠章宏に敗れたが、比例北関東ブロックで復活し初当選。

2014年(平成26年)、第47回衆議院議員総選挙で茨城5区から再び出馬。民主党幹事長を務めた大畠に敗れたが、比例復活で再選。

2017年(平成29年)、第48回衆議院議員総選挙の前に大畠が政界引退を表明。選挙戦では後継指名された希望の党浅野哲を接戦の末降し3選。

2018年(平成30年)、第4次安倍改造内閣復興政務官内閣府政務官経済産業政務官に就任[3]

政策編集

憲法改正編集

消費税増税編集

  • 2012年の公開アンケートにおいて、消費税2014年4月に8%、2015年10月に10%まで引き上げる法律が成立したことについて「引き上げは必要だが、時期は先送りすべきだ」と回答している[4]
  • 2014年の公開アンケートにおいて、「2017年5月以降に消費税率を10%に引き上げるべきだ」と回答している[5]
  • 2017年の公開アンケートにおいて、消費税2019年10月に10%に引き上げることについて「賛成」と回答している[6]
  • 消費税減税」「国債を財源とした社会保障と公共事業の拡充」を主張する日本の未来を考える勉強会の幹事長を務めている[7]
  • 「消費税0%の検討」を掲げた『国民を守るための「真水100兆円」令和2年度第2次補正予算に向けた提言』の賛同者に名を連ねている[8]

夫婦別姓編集

  • 2014年のアンケートで、選択的夫婦別姓制度の導入について「どちらかというと反対」と回答[9]
  • 2021年1月30日、石川ら自民党国会議員有志50人は、47都道府県議会議長のうち同党所属の約40人に、選択的夫婦別姓の導入に賛同する意見書を採択しないよう求める文書を提出した。地方議員や市民団体は、地方議会の独立性を脅かす行為だとして石川らを批判した[10][11][12][13][14]

その他編集

人物像編集

  • 小学校3年からサッカーを始め、体育会でもプレーした[1]
  • 大学では、神道学を勉強し、神職の資格を持っている[15]
  • 自民党職員になった理由は、「政治家になるための深い経験ができると思ったから」[1]
  • 東京16区選出の大西英男と共に國學院大學初の衆議院議員となった[16]

所属団体・議員連盟編集

脚注編集

  1. ^ a b c 2012衆院選:各選挙区 予想の顔ぶれ:衆院茨城 ◆5区 民主前職に新人挑む
  2. ^ 自民党日立支部臨時総会|参議院議員 岡田広
  3. ^ 第4次安倍改造内閣 副大臣25人、政務官27人の顔ぶれ
  4. ^ a b c d e f “2012衆院選 茨城5区 石川昭政”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A08005002002 2014年4月25日閲覧。 
  5. ^ “2014衆院選”. 朝日新聞 (朝日新聞社). http://www.asahi.com/senkyo/sousenkyo47/carta/B00001MCV.htm 2020年11月30日閲覧。 
  6. ^ “第48回衆院選 自民 茨城5区 石川 昭政”. 毎日新聞 (毎日新聞社). https://mainichi.jp/senkyo/48shu/meikan/?mid=A08005001001 2020年11月30日閲覧。 
  7. ^ a b 会員一覧” (日本語). 【議員連盟】日本の未来を考える勉強会. 2020年9月18日閲覧。
  8. ^ 賛同者一覧 国民を守るための「真水100兆円」令和2年度第2次補正予算に向けた提言” (日本語). 【議員連盟】日本の未来を考える勉強会. 2020年9月17日閲覧。
  9. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  10. ^ 【全文】夫婦別姓反対を求める丸川大臣ら自民議員の文書、議員50人の一覧” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web (2021年2月25日). 2021年2月25日閲覧。
  11. ^ “全国40議長に別姓反対文書 自民・丸川氏、高市氏ら閣僚経験者も連名”. 東京新聞. (2021年2月25日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/88139 2021年3月2日閲覧。 
  12. ^ 飯田樹与 (2021年2月25日). “夫婦別姓反対を求める丸川担当相らの文書 「地方の意思決定を無視、失礼だ」埼玉県議長が不快感”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/88152 2021年3月2日閲覧。 
  13. ^ “丸川大臣「残念すぎる」選択的夫婦別姓、反対議員50人へ質問状 市民団体”. 東京新聞. (2021年2月27日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/88547 2021年3月2日閲覧。 
  14. ^ 奥野斐 (2021年4月1日). “選択的夫婦別姓 自民議員が反対派に思うこと「理解不足と差別思想を感じた」”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/94526 2021年4月7日閲覧。 
  15. ^ 「青年局」Cafesta『決戦は金曜日』石川昭政青年局次長(2013.3.15)
  16. ^ 國學院大學院友会
  17. ^ 自民党たばこ議員連盟臨時総会(出席者)”. 2018年4月11日閲覧。
  18. ^ a b 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年
  19. ^ 「自民勉強会発言――安保国会新たな火種」『毎日新聞』50135号、14新版、毎日新聞東京本社、2015年6月27日、3面。
  20. ^ 最新の護る会|青山繁晴の道すがらエッセイ/On the Road

外部リンク編集

公職
先代:
大串正樹
平木大作
  経済産業大臣政務官
滝波宏文と共同

2018年 - 2019年
次代:
宮本周司
中野洋昌
先代:
村井英樹
山下雄平
長坂康正
小林史明
山下貴司
新妻秀規
平木大作
簗和生
武部新
福田達夫
  内閣府大臣政務官
長尾敬
舞立昇治
安藤裕
古賀友一郎
白須賀貴樹
菅家一郎
阿達雅志
山田宏と共同

2018年 - 2019年
次代:
神田憲次
今井絵理子
藤原崇
進藤金日子
青山周平
中野洋昌
和田政宗
加藤鮎子
渡辺孝一
先代:
新妻秀規
平木大作
長坂康正
  復興大臣政務官
安藤裕
白須賀貴樹と共同

2018年 - 2019年
次代:
藤原崇
青山周平
中野洋昌