メインメニューを開く

大宮駐屯地(おおみやちゅうとんち、JGSDF Camp Omiya)は、埼玉県さいたま市北区日進町1丁目40番7に所在し、陸上自衛隊化学学校等が駐屯する陸上自衛隊駐屯地である。地下鉄サリン事件東海村JCO臨界事故の際に活躍した第101化学防護隊(現・中央特殊武器防護隊)も駐屯している。駐屯地司令は、陸上自衛隊化学学校長が兼務。

大宮駐屯地
陸上自衛隊大宮駐屯地正門
陸上自衛隊大宮駐屯地正門
所在地 埼玉県さいたま市北区日進町1丁目40番7
座標 北緯35度55分10秒
東経139度36分4秒
駐屯地司令 陸上自衛隊化学学校長 兼務
主要部隊 化学学校
第32普通科連隊
中央特殊武器防護隊
開設年 1940年
テンプレートを表示

沿革編集

駐屯部隊・機関編集

防衛大臣直轄部隊・機関編集

陸上総隊直轄部隊編集

東部方面隊隷下部隊・機関編集

第1師団隷下部隊編集

最寄の幹線交通編集

重要施設編集

  • 新所沢変電所(超高圧変電所)(鶴ヶ島市
  • 新坂戸変電所(超高圧変電所)(坂戸市
  • 新岡部変電所(超高圧変電所)(深谷市
  • 新飯能変電所(超高圧変電所)(飯能市
  • 北東京変電所(2次変電所)(白岡市
  • 京北変電所(2次変電所)(草加市川口市
  • 北熊谷変電所(2次変電所)(熊谷市
  • 北葛飾変電所(2次変電所)(吉川市
  • 中東京変電所(2次変電所)(日高市
  • 南川越変電所(2次変電所)(川越市

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 自衛隊法施行令の一部を改正する政令(昭和32年9月30日政令第296号)
  2. ^ 『官報』本紙 第9234号(昭和32年10月3日)
  3. ^ 陸上自衛隊20年年表(朝雲新聞社・1971年)
  4. ^ 『官報』本紙 第9246号(昭和32年10月17日)
  5. ^ 『官報』本紙 第9452号(昭和33年6月27日)
  6. ^ 『官報』本紙 第9506号(昭和33年8月29日)
  7. ^ 『官報』号外 第146号(平成9年7月22日)

関連項目編集