メインメニューを開く

大島 健一(おおしま けんいち、1858年6月19日安政5年5月9日) - 1947年昭和22年)3月24日)は、日本陸軍軍人政治家。最終階級は陸軍中将陸軍大臣貴族院勅選議員、大東文化学院総長(第3代)などを歴任した。

大島 健一
おおしま けんいち
Ōshima Ken'ichi in 1917.jpg
1917年
生年月日 1858年6月19日
安政5年5月9日
出生地 日本の旗 日本 美濃国恵那郡岩村町
(現:岐阜県恵那市
没年月日 (1947-03-24) 1947年3月24日(88歳没)
出身校 陸軍士官学校卒業
前職 陸軍次官
称号 帝國陸軍の階級―肩章―中将.svg 陸軍中将
従四位
勲一等旭日桐花大綬章
功五級金鵄勲章
配偶者 大島磯陽
子女 大島浩(長男)
箕作長江(長女)
親族 箕作祥一(孫)

日本の旗 第13代 陸軍大臣
内閣 第2次大隈内閣
寺内内閣
在任期間 1916年3月30日 - 1918年9月29日

選挙区 貴族院勅選議員
在任期間 1920年6月2日 - 1946年
テンプレートを表示

陸軍中将、駐ドイツ大使大島浩は長男、日本大学農獣医学部教授を務めた箕作祥一は孫。

目次

陸軍大臣期間編集

第一次世界大戦ドイツ帝国が敗戦した際、大島は第2次大隈内閣から留任した陸軍大臣として、板東俘虜収容所徳島県鳴門市大麻町桧、旧板野郡板東町)、松山俘虜収容所などを開設し、青島膠州湾租借地ドイツ兵を収容した[1]。板東俘虜収容所ではルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン交響曲第9番が、俘虜のパウル・エンゲルヘルマン・ハンゼンらにより、日本で初めて全曲演奏された。

ただし1918年1月8日から検討が開始されたパリ講和会議ヴェルサイユ条約締結手続のなかで、日本政府は膠州湾海底ケーブル所有権を含めドイツ帝国の山東権益の無条件譲渡を主張して山東問題に直面し、中国及びアメリカ合衆国からの非難を浴びた。内閣はシベリア出兵付随の米騒動や、河内事故などの影響で9月29日に内閣総辞職し、大島は予備役編入となった。

略歴編集

栄典編集

位階
勲章等
外国勲章佩用允許

その他編集

  • 文人としても知られ、雅号を蘇谷という。数多くの漢詩を残している。
  • 「陸軍大臣まで務めながら、藩閥に属していなかった為に生涯大将になることは出来なかった」と言われることがあるが、これは誤り。陸軍省人事局長を務めた額田坦中将(陸士29期)によると、本人が「自分は戸籍の間違いで既に中将の退職年限に達しているので大将親任の資格は無い」と自ら申し出て、大将親任を断ったとのことである。また長州閥ではなかったが、山縣有朋元帥附副官を務めてその手腕を認められたのがその後の栄達のきっかけであり、準長州閥と見られていた。

家族・親族編集

脚注編集

  1. ^ 1917年4月11日官報『大正6年陸軍省告示第7、8号』。大蔵省印刷局、1917年。
  2. ^ ただし宮武外骨は「前陸軍大臣であつた大島中将は岐阜県の特殊部落の出身であると云ふ事が先年大阪の朝日新聞に出て居たが、果して其事が真ならば、我は旧穢多族なりと叫んで貰ひたい」と発言している(1919年8月13日、平民大学講演会での発言)。このとき臨監の警官は中止を命じたが、外骨は屈せず、これを『赤』第6号に発表している。『宮武外骨著作集』第8巻(河出書房新社)解説「宮武外骨と『穢多』の語」(師岡佑行)を参照。
  3. ^ a b 『官報』第5589号「叙任及辞令」1902年2月24日。
  4. ^ a b c 『官報』第5753号「叙任及辞令」1902年9月5日。
  5. ^ a b c 『官報』第5841号「叙任及辞令」1902年12月20日。
  6. ^ a b c d 『官報』第7315号「叙任及辞令」1907年11月14日。
  7. ^ a b 『官報』第321号「叙任及辞令」1913年8月23日。
  8. ^ a b c d 『官報』第7648号「叙任及辞令」1908年12月22日。
  9. ^ 『官報』第7370号「叙任及辞令」1908年1月23日。
  10. ^ a b 『官報』第8654号「叙任及辞令」1912年4月27日。
  11. ^ 『官報』第7941号「叙任及辞令」1909年12月11日。
  12. ^ a b 『官報』第514号「叙任及辞令」1914年4月18日。
  13. ^ a b 『官報』号外「叙任及辞令」1916年3月30日。
  14. ^ 『官報』第2350号、大正9年6月3日。
  15. ^ 『朝日新聞』1946年9月26日一面
  16. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba 大島健一』 アジア歴史資料センター Ref.A06051183200 
  17. ^ 『官報』第677号「叙任」1885年10月1日。
  18. ^ 『官報』第2551号「叙任及辞令」1892年1月4日。
  19. ^ 『官報』第3521号「叙任及辞令」1895年3月29日。
  20. ^ 『官報』第4943号「叙任及辞令」1899年12月21日。
  21. ^ 『官報』第5920号「叙任及辞令」1903年3月31日。
  22. ^ 『官報』第7352号「叙任及辞令」1907年12月28日。
  23. ^ 『官報』第150号「叙任及辞令」1913年1月31日。
  24. ^ 『官報』第1105号「叙任及辞令」1916年4月11日。
  25. ^ 『官報』第1713号「叙任及辞令」1918年4月22日。
  26. ^ 『官報』第2089号「叙任及辞令」1919年7月22日。
  27. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1889年12月29日。
  28. ^ 『官報』第3578及辞令」1895年6月5日。
  29. ^ 『官報』第3693号「叙任及辞令」1895年10月19日。
  30. ^ 『官報』第3824号・付録「辞令」1896年4月1日。
  31. ^ 『官報』第5072号「叙任及辞令」1900年6月1日。
  32. ^ 『官報』第6627号「叙任及辞令」1905年8月2日。
  33. ^ 『官報』第7514号「叙任及辞令」1908年7月14日。
  34. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  35. ^ 『官報』第1038号「叙任及辞令」1916年1月20日。
  36. ^ 『官報』第1187号「叙任及辞令」1916年7月15日。
  37. ^ 『官報』第4005号「叙任及辞令」1896年11月2日。

外部リンク編集


公職
先代:
岡市之助
  陸軍大臣
1916年 - 1918年
次代:
田中義一
学職
先代:
井上哲次郎
大東文化学院総長
第3代 : 1926年 - 1927年
次代:
鵜澤總明