大洗港

日本の茨城県にある港

大洗港(おおあらいこう)は、茨城県東茨城郡大洗町に存在する港湾。2008年12月25日、日立港常陸那珂港と統合され、新港名茨城港に抱合。独立した港格が消滅し、茨城港大洗港区に改められた。

大洗港

概要 編集

江戸時代から大洗は漁港として栄え、涸沼川河口が海上運搬の拠点として用いられていたが、河口部の水深確保が困難となり、外海部に新港建設が計画された。

1909年(明治42年)から大正初期にかけて、事業費30万円余をかけ「磯浜港」として港湾建設を図ったが、完成間近の1917年(大正6年)に漂砂が堆積し漁船の係留地を失い、応急策として涸沼川の一角に漁港「第二種磯浜港」が建設された[1]

磯浜築港建設が、漂砂の影響を受けて中断されてから50年余りが経過し、同じ場所に新たな築港計画により産業港が計画された[2]

昭和30年代より、漁船の大型化もあり港湾を建設しようとする機運が高まり、1958年(昭和33年)12月の地方港湾指定を機に港名を「磯浜港」から「大洗港」に改められると、1961年(昭和36年)から港湾建設に着手。1970年(昭和45年)に大洗港としての第1船が入港し1971年(昭和46年)に第1埠頭、1978年(昭和53年)に第2埠頭が完成[3]。1979年(昭和54年)までには、約80億円の建設費を投じ漁港区が概成された[4][1]

1979年(昭和54年)5月に重要港湾の指定を受けると、長距離フェリー寄港を前提とする港湾計画が策定され、第3埠頭岸壁(喫水8m)の整備に着手[4]。北海道から首都圏の間において従来の房総半島を迂回し約30時間を要する東京港ルートと比較し大洗発着の場合は約20時間と大幅な短縮を見込めることから[5]、1972年(昭和47年)から1982年(昭和57年)にかけて8社が大洗へのフェリー航路を申請し[6]、特に苫小牧と室蘭の間で「苫蘭(止まらん)戦争」とも揶揄される激しい誘致合戦が生じたが[7][5]、その後1984年(昭和59年)に日本沿海フェリー苫小牧航路と東日本フェリー室蘭航路に免許が下り[8]1985年(昭和60年)2月にはフェリーターミナルが竣工し3月16日よりカーフェリー航路が就航[9]首都圏と北海道を結ぶカーフェリー基地として発展した[4]

1992年(平成4年)7月には、大型クルーザーなど約160隻が保管できる県内初の公共マリーナが供用を開始する。

1994年(平成6年)10月31日にはフェリーの増便に対応した従来の2倍の規模を持つ新旅客ターミナルビルやボーディングブリッジが完成[10][9]、機能性・快適性・利便性に優れた港となって賑わいをみせている。

また、1995年(平成7年)10月には、大型クルーズ客船も接岸できる第4埠頭が完成し、新たに海洋レクリエーション基地としての機能も高めており、2008年には首都圏初のみなとオアシスに認定された[11][12]

旅客港としては、1999年(平成11年)の東京港発着の北海道苫小牧港行き旅客フェリー廃止により、関東地方一円から苫小牧港への徒歩客や団体客、自動車利用客を集め、物流港や漁港の機能も持つとともに、特に夏場の北海道ツーリングの関東地方の拠点であり、また港湾地区にはタワーやアウトレットモールができ、一般人が親しみやすい港湾となっている。

2008年(平成20年)12月25日、茨城港(大洗港区)として抱合され、独立した港格が消滅した。

2011年(平成23年)3月11日には、東北地方太平洋沖地震により大洗港で巨大渦潮が発生した。これにより港内に大量の土砂が流入し、水深が大幅に減少した。このため、2011年以降に入港する船舶については、喫水制限が設けられている。

2019年(平成31年)3月12日、港一帯がみなとオアシス大洗として、みなとオアシスの認定を受けた。

関連施設 編集

 
大洗港周辺の空中写真。
1986年撮影の6枚を合成作成。国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成。
  • 大洗港フェリーターミナル(第3埠頭)
    • 大洗埠頭開発ビル(新館 鉄筋コンクリート造3階建て2,695平米[10]
      • 1階:フェリー会社事務室、発券ロビー[10]
      • 2階:待合室[10]、売店「大洗まいわい市場2号店」[13](旧レストラン「ポートサイド」)、喫煙室、中央西岸壁バース・大洗港フェリーターミナル方面人道橋
      • 3階:会議室、物流企業オフィス
    • 大洗港フェリーターミナルビル(旧館 鉄筋コンクリート造[14]3階建て 物流企業オフィス・中央東岸壁バース方面人道橋)
  • 第4埠頭「イベントバース」
  • 茨城県大洗マリーナ(おおあらい海の駅
  • 大洗漁港(水産埠頭)
  • 大洗マリンタワー - みなとオアシス認定施設
  • 大洗サンビーチ
  • 大洗海浜公園
  • 大洗わくわく科学館
  • 大洗シーサイドステーション

定期航路 編集

 
大洗港フェリーターミナル地図
過去の航路
  • 大洗港 - 室蘭港(東日本フェリー 1985年(昭和60年)3月16日 - 2002年(平成14年)6月1日)
  • 東京港 - 大洗港 - 苫小牧港(ブルーハイウェイライン 1997年(平成9年)9月 - 1999年(平成11年)4月)

アクセス 編集

自動車
鉄道
バス
2004年から2006年には茨城交通「東京 - 大洗 - 勝田線」が下り便のみ停車。

出典 編集

  1. ^ a b 大洗港のあゆみ - 大洗町
  2. ^ 茨城県映画『海岸線を行く』(1965年(昭和40年度)制作)▼ - Youtube「なつかし・いばらき」(茨城県庁映像アーカイブス)
  3. ^ 渡邊瑛季, 阿部依子, 伊藤瑞希, 猪股泰広, 王瑩, 名倉一希, 松原伽那, 山下清海「茨城県大洗町における海浜観光地域の継続的発展要因」『地域研究年報』第38巻、筑波大学人文地理学・地誌学研究会、2016年2月、1-29頁、CRID 1050282677536954880hdl:2241/00138401ISSN 18800254NAID 120005741407 
  4. ^ a b c 茨城港湾事務所大洗港区事業所”. 茨城県ホームページ. 茨城県 (2015年12月2日). 2016年1月10日閲覧。
  5. ^ a b 「北航路」~苫小牧港フェリー就航30周年~ (2)「苫蘭戦争」 - 苫小牧民報2002年4月26日(Internet Archive)
  6. ^ 大洗航路開設で沿海F、東日本F、近郵の三社申請 - 内航近海海運1984年3月増刊号
  7. ^ Vol.4「さんふらわあ」北へ! #2」 - カジュアルクルーズさんふらわあ(商船三井)
  8. ^ 運輸日誌 主要発表事項(六月一日 - 六月三○日) - トランスポート1984年8月号(運輸振興協会)
  9. ^ a b 記念式典 - 大洗町議会議員 今村かずあき 活動報告ブログ(2015年3月23日)
  10. ^ a b c d news Flash 大洗港フェリーターミナル竣工 - 港湾1995年1月号(日本港湾協会)
  11. ^ 茨城港大洗港区|いばらきのみなと 茨城県港湾振興協会連合会ホームページより。
  12. ^ みなとオアシス大洗 - 大洗町
  13. ^ oaraimaiwaiのツイート(1686270842328748032)
  14. ^ 全建賞港湾部門 大洗港のフェリー埠頭整備事業 - 月刊建設1986年8月号(全日本建設技術協会)

関連項目 編集

外部リンク 編集