メインメニューを開く

大発見!恐怖の法則』(だいはっけん!きょうふのほうそく)は、1996年10月15日から1997年9月9日まで、テレビ朝日系列で放送された朝日放送制作のバラエティ番組である。放送時間は毎週火曜21:00 - 21:54(JST)。法則認定委員長を上岡龍太郎、司会を中山秀征加藤紀子が務めた。

大発見!恐怖の法則
ジャンル バラエティ番組
出演者 上岡龍太郎
中山秀征
加藤紀子
プロデューサー 松田安啓
制作 朝日放送
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1996年10月15日 - 1997年9月9日
放送時間 火曜日21:00 - 21:54
放送分 54分
テンプレートを表示

番組概要編集

身近にありながら知られていない「恐怖の法則」を、実験VTRと激論で検証する番組。視聴者から寄せられた法則を紹介し、5人のゲストパネラー「法則認定委員会」がそれぞれ『納得』か『異議』でまず判定した後、法則の実証VTRが登場し、激論の末に法則認定委員長の上岡が独断と偏見で最終審判『認定』か『却下』を下す形式を取っていた。最初の判定は後に廃止された。

採用された投稿について一般からの投稿には「認定」「却下」にかかわらず、タレントからの投稿には「認定」のときのみ現金10万円が贈られた。

上岡が司会を務めていた同局の人気番組『探偵!ナイトスクープ』の手法を一部取り入れた番組として放送されたが、1年で終了した。

本番組のレポーターにはまだ現在ほど知名度のなかった爆笑問題などがいた。またメジャーデビュー前のSEX MACHINEGUNSもVTR出演していた[1]

主題歌編集

ネット局編集

スタッフ編集

脚注編集

  1. ^ 天才・たけしの元気が出るテレビ!!』(日本テレビ系)に出演していたインディーズ時代のX JAPANのような「奇人・変人集団」としての扱われ方であった。


テレビ朝日系 火曜夜9時台(ABC製作枠)
前番組 番組名 次番組
大発見!恐怖の法則