メインメニューを開く

大阪府第5区(おおさかふだい5く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

日本の旗大阪府第5区
衆議院小選挙区 大阪府拡大枠.svg衆議院小選挙区 大阪府大阪市5.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 大阪市此花区西淀川区淀川区東淀川区
(2017年7月16日現在)
比例区 近畿ブロック
設置年 1994年
選出議員 國重徹
有権者数 428,874人
1.8 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2018年9月登録日)
テンプレートを表示

目次

区域編集

大阪市淀川以北の淀川3区(西淀川区東淀川区淀川区)及び此花区で構成され、中選挙区制時代は旧2区に属していた。選挙区内にある著名な施設として、新大阪駅ユニバーサル・スタジオ・ジャパンがある。

歴史編集

大阪府第3区兵庫県第8区とともに工場や運送基地の多い工業地帯であり、長く公明党の有数の票田として機能してきた。このため小選挙区制導入後は3区6区16区と並ぶ公明党の金城湯池となっている。谷口隆義が安定した支持を得ていたが、2009年第45回衆議院議員総選挙民主党稲見哲男に敗れた。2012年第46回衆議院議員総選挙で谷口の後継者である弁護士の新人國重徹が初当選し、議席を奪還した。

小選挙区選出議員編集

選挙結果編集

解散日:2017年9月28日 投票日:2017年(平成29年)10月22日
当日有権者数:426,084人 最終投票率:45.46%(前回比:▼0.24ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
國重徹42公明党91,514票
51.5%
――自由民主党推薦
比当長尾秀樹65立憲民主党45,313票
25.5%
49.5%
北山良三65日本共産党31,429票
17.7%
34.3%
数森圭吾38幸福実現党9,522票
5.4%
10.4%

解散日:2014年11月21日 投票日:2014年(平成26年)12月14日
当日有権者数:414,245人 最終投票率:45.70%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
國重徹40公明党92,681票
57.5%
――自由民主党推薦
石井美鈴50日本共産党68,430票
42.5%
73.8%

解散日:2012年11月16日 投票日:2012年(平成24年)12月16日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
國重徹38公明党111,028票
53.8%
――自由民主党推薦、日本維新の会推薦
瀬戸一正63日本共産党48,958票
23.7%
44.1%
尾辻かな子38民主党46,378票
22.5%
41.8%

※尾辻は後に参議院議員として繰り上げ当選

解散日:2009年7月21日 投票日:2009年(平成21年)8月30日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
稲見哲男61民主党121,210票
46.7%
――
谷口隆義60公明党97,604票
37.6%
80.5%
姫野浄73日本共産党35,405票
13.7%
29.2%
柳武37幸福実現党5,113票
2.0%
4.2%

解散日:2005年8月8日 投票日:2005年(平成17年)9月11日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
谷口隆義56公明党118,574票
47.7%
――
稲見哲男57民主党87,002票
35.0%
73.4%
山下芳生45日本共産党43,189票
17.4%
36.4%

解散日:2003年10月10日 投票日:2003年(平成15年)11月9日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
谷口隆義54公明党92,350票
42.9%
――
比当稲見哲男55民主党85,334票
39.6%
92.4%
山下芳生43日本共産党37,694票
17.5%
40.8%

解散日:2000年6月2日 投票日:2000年(平成12年)6月25日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
谷口隆義51公明党79,018票
37.3%
――
稲見哲男51民主党66,679票
31.5%
84.4%
東中光雄75日本共産党55,225票
26.1%
69.9%
井上琢磨26自由連合11,021票
5.2%
13.9%

解散日:1996年9月27日 投票日:1996年(平成8年)10月20日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
谷口隆義47新進党74,925票
36.3%
――
比当東中光雄72日本共産党55,846票
27.1%
74.5%
中山泰秀26自由民主党43,143票
20.9%
57.6%
稲見哲男48民主党32,299票
15.7%
43.1%
  • 中山は第42回は公明党との選挙協力として比例単独立候補も落選。第43回以降は引退した父正暉の地盤を引き継ぐため4区へ国替え。

関連項目編集