メインメニューを開く

奥野 敦子(おくのあつこ、1957年10月30日 - )は、日本の歌手ギタリスト東京都出身、女子美術大学卒業。本名よりもイリアという愛称で広く知られている。夫は俳優の山崎大輔。2児の母。

奥野敦子
別名 イリア
生誕 (1957-10-30) 1957年10月30日(61歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都
学歴 女子美術大学卒業
ジャンル J-POP
職業 歌手
ギタリスト
担当楽器
ギター
共同作業者 ガールズ
BEEF
ジューシィ・フルーツ
著名使用楽器
ギブソン・レスポール
グレコ・BW-600
グレコ・BG-800

人物・来歴編集

日本の女性バンドの先駆けであるガールズザ・ランナウェイズばりに下着姿でステージに立ったことで有名)のギターを担当する。その後、近田春夫のバックバンドBEEFギタリストとして参加する。1980年にBEEFがジューシィ・フルーツという名で再編成され、レコードデビューする。ジューシィ・フルーツではボーカルリードギターを担当していた。

愛称「イリア」の由来は『0011ナポレオン・ソロ』の登場人物イリヤ・クリアキンが好きだったことによるもので、「G.I.R.L.S.」の1文字ずつを頭文字とするメンバー5人から構成されるガールズ在籍時以来、この名前を名乗っていた。

ジューシィ・フルーツ時代はチェリーレッドのレスポールカスタムグレコ BW-600(ブローラ)、同BG-800(ブギー)といったギターを愛用。中でもピンクに塗られたBG-800がトレードマークだったが、これは奥野が色見本としてピンクのマニキュアを持参したところ、担当者が奥野にも知らせず、そのマニキュアを大量に使ってカラーリングしたもの(奥野本人のインタビューから)。

ジューシィ・フルーツで活躍していた時期、ギタリストの成毛滋のラジオ番組「ドクター・シーゲルとイリアちゃん」(文化放送)で、アシスタント兼生徒役(成毛の指導でギターの腕を高める)を務めた。

ジューシィ・フルーツ解散(1984年)後はソロでも活躍した。現在も主婦業の傍ら、音楽活動を行っている。 また、2013年に復活したジューシィ・フルーツに参加している[1]

作品リスト編集

アルバム編集

  • Tingle
  • ジャパニーズ・ラヴァーズ

シングル編集

楽曲提供編集

作曲編集

作詞・作曲編集

主な出演作品編集

映画編集

テレビドラマ編集

バラエティ番組編集

ラジオ番組編集

脚注編集

  1. ^ ジューシィ・フルーツ”. ジューシィ・フルーツ. 2014年2月23日閲覧。

外部リンク編集