メインメニューを開く

小山 邦太郎(こやま くにたろう、1889年11月16日 - 1981年3月24日)は、日本政治家。戦前の長野県会議員から衆議院議員(6期)。戦後、参議院議員(3期)。参議院永年在職議員[1]。初代小諸市[2]。位階は正三位。勲等は勲一等

目次

経歴編集

長野県生まれ。小諸高等小学校を経て、長野商業学校卒業。小諸高等小学校在学時には、自由主義教育者の伊藤長七の影響を受けた。

戦前は明正会・立憲民政党に所属したが戦後公職追放され、追放解除後は旧民政党左派の松村謙三粟山博鶴見祐輔中村三之丞松浦周太郎川崎末五郎らと行動をともにした。政界復帰後は自由民主党松村・三木派に所属した。

略歴編集

家族編集

参考文献編集

脚注編集