小林恭治

日本の男性声優、俳優、ナレーター (1931-2007)

小林 恭治(こばやし きょうじ、1931年9月3日[8][9][10] - 2007年3月8日[4][11])は、日本声優俳優ナレーター東京都出身[3]。息子は広告写真家の小林恵介、娘はニュースキャスター小栗泉[3]。従甥にはライター竹熊健太郎がいる[12]

こばやし きょうじ
小林 恭治
プロフィール
本名 小林 恭治[1][2]
性別 男性
出身地 日本の旗 日本東京府(現:東京都[3]
死没地 日本の旗 日本・東京都世田谷区[4]
生年月日 (1931-09-03) 1931年9月3日
没年月日 (2007-03-08) 2007年3月8日(75歳没)
血液型 A型[5]
職業 声優俳優
事務所 東京俳優生活協同組合(最終)[6]
配偶者 あり[4]
公称サイズ(時期不明)[2]
身長 / 体重 162 cm / 48 kg
声優活動
活動期間 1952年[5] - 2007年
ジャンル アニメ吹き替えナレーション
デビュー作 丑松(『虹は消えず』)[5]
俳優活動
活動期間 1952年[7] - 2007年
ジャンル 舞台
デビュー作 阿五(『阿Q正伝』)[7]
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

代表作に『おそ松くん(第1作)』(イヤミ)、『ひょっこりひょうたん島』(マシンガン・ダンディ)、『巨人の星』(ナレーション)などがある[4][11][13]

経歴 編集

中学時代、文化祭で中野重治の詩を読んだところ快感で、学校の教師が「読むということがいかにも面白いか」というのを植え付けたという[14]。それが一生の仕事のようなものになったため、1990年にはその教師をありがたく思っていると話している[14]

高校時代に詩の朗読研究会に参加し、詩の朗読の勉強を始める[14]。1949年頃から顔を出すようになって、朗読にのめり込んでいったという[14]。その後、NHKの番組の詩を読むというのに詩の朗読研究会の中から送り込まれてNHKのテレビドラマに出演するようになった[14]

早稲田大学芸術科卒業[注 1][9]。劇団言葉座、NHK芸術劇場(1952年9月 - 1954年3月)、劇団七曜会(1954年4月 - 1956年7月)、劇団作品座(1956年7月 - 1958年9月)を経て[3][6][7][9]東京俳優生活協同組合の創立に参加[15]。在籍中は理事も務めていた。1964年には劇団新演にも所属していた[7]

田漢脚色の『阿Q正伝』の阿五で初舞台[7]1952年2月に『虹は消えず』の丑松役でデビュー[5]。初のアニメレギュラーは、1966年に放送された『おそ松くん』のイヤミ役[16]

新劇の俳優から出発し、テレビ草創期の時代から声優やナレーターとして活躍した。また、後進の育成も積極的であった。

2007年3月8日午前1時2分、クモ膜下出血のため東京都世田谷区の病院で死去。75歳没[4][11]

人物・エピソード 編集

声種バリトン[6][16]。地声が張りのある低い声でそれを活かすことが多い一方、『スペクトルマン』のネビュラなど高域の声を使っての演技もあった[17]

趣味は浄瑠璃、レコード鑑賞、油絵[16]。また、声を保つために義太夫をやっていたといい、「肺が強くなります。義太夫をやっている人は長生きします」と述べている[16]

アニメや吹き替えに出演していたほか、ナレーターとしても活躍し企業CMも多く担当[13]。吹き替えでは、ジョン・ペインジョゼフ・コットンを持ち役としていた[17]。なお、本人の好きだった仕事のジャンルは、詩や文学作品の朗読だったという[13]

俳協演劇研究所にて講師も務めており、自ら朗読の勉強会を開くなど後進の育成を積極的に行っていた[18]。教え子には政宗一成平野文などがいる。後輩声優からも信望が厚かったという[13]

声優としての実績が豊富だが、本人は「俳優である」との考えが強く、従甥の竹熊健太郎にはよく「私は俳優で、声優なんて職業はない。たまたま声の仕事をしているだけ」「声優という職業は、本来、なかったんだよ。おじさんの仕事は俳優であって、たまたま声の仕事を多くやっているだけなんだよ」と語っていたという[12][19]

ナレーターとして60分間の番組で60枚の原稿を読む仕事を引き受けた際、予定では60秒くらいオーバーする文量だったが、小林は「じゃあ、1枚に付き秒ずつ詰めて読んでくから」と簡単にこなしたというエピソードがある[13]

ひょっこりひょうたん島』のダンディ役は、声を先に録音しそれに人形の動きを合わせるプレスコ方式だったため「自分でやる面がいろいろあっていい。それに懐かしい番組だ」と語っていた[16]

おそ松くん』のイヤミ役は、当時出演していた『ひょっこりひょうたん島』のダンディ役で「シェー」を披露したところ、その声が偶然見ていた原作者の赤塚不二夫の耳に留まったことから、原作者指名でのキャスティングとなった[20]。小林はイヤミを演じる際、キャラクター性をだそうと時々裏声を使ったり周囲の子供たちがしていた「シェー」を真似るなどして、「決定版イヤミ」をつくることに苦労したという[20]。また、共演した加藤みどりによれば、仕事仲間の間で普段クールでインテリのイメージがあった小林が声をひっくり返して「シェー」をやるため、現場は笑いの嵐だったという[13]

後任 編集

小林の死後、持ち役・ナレーションを引き継いだ人物は以下の通り。

出演作品 編集

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ 編集

1966年
1967年
1968年
1969年
1971年
1972年
1978年
1989年
2000年
2003年
2005年

OVA 編集

1989年

1997年

1998年

劇場アニメ 編集

1969年

1970年

ゲーム 編集

吹き替え 編集

担当俳優 編集

イアン・ホルム
ジョン・ペイン

映画 編集

海外ドラマ 編集

人形劇 編集

特撮 編集

1967年

1968年

1971年

1972年

1973年

1977年

  • 大鉄人17(ナレーター、ワンセブンの声〈第19話〉)

ラジオ 編集

ナレーション 編集

テレビドラマ 編集

テレビCM 編集

ラジオCM 編集

舞台 編集

  • ゴールデン・ボーイ(1954年、劇団七曜会) - ドリスコイル[27]
  • 海鳴りの底から(1963年 - 1964年、劇団三期会) - 語り手[28][29]
  • 飛砂(1964年、劇団東芸) - ナレーター[30]

その他 編集

参考文献 編集

  • 「新劇便覧」『テアトロ』、カモミール社、1965年8月、267頁。 

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ 中退と記載している資料もある[7]

出典 編集

  1. ^ 『声優事典 第二版』キネマ旬報社、1996年、115頁。ISBN 4-87376-160-3 
  2. ^ a b 日本タレント名鑑2002』VIPタイムズ社、2002年、173頁。ISBN 4-9901242-0-0 
  3. ^ a b c d 小林 恭治とは. コトバンクより2022年1月10日閲覧
  4. ^ a b c d e “イヤミの声、巨人の星ナレーター…小林恭治さん死去”. ZAKZAK. (2007年3月9日). オリジナルの2010年9月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100911165459/http://www.zakzak.co.jp/gei/2007_03/g2007030906.html 2020年7月9日閲覧。 
  5. ^ a b c d 『声優名鑑 アニメーションから洋画まで…』近代映画社、1985年、64頁。 
  6. ^ a b c 小林恭治”. 東京俳優生活協同組合. 2004年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月16日閲覧。
  7. ^ a b c d e f 新劇便覧 1965, pp. 267, 新劇俳優名鑑
  8. ^ 『声優名鑑』、449頁、成美堂出版、1999年、ISBN 978-4415008783
  9. ^ a b c 『タレント名鑑』《NO2》芸能春秋社、1963年、38頁。 
  10. ^ 新劇便覧 1965, p. 264, 新劇俳優名鑑
  11. ^ a b c “声優の小林恭治さん死去 「おそ松くん」のイヤミ担当”. asahi.com (朝日新聞社). (2007年3月9日). オリジナルの2016年3月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160305000952/http://www.asahi.com/culture/news_entertainment/TKY200703090140.html 2020年7月9日閲覧。 
  12. ^ a b @kentaro666 (2017年5月19日). "私の亡くなった叔父さんは小林恭治で、昭和30年代から活躍していた声優第一世代". X(旧Twitter)より2022年1月10日閲覧
  13. ^ a b c d e f “昭和の名声優逝く…職人技に「鳥肌立った」”. ZAKZAK. (2009年1月23日). オリジナルの2016年4月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160430152703/http://www.zakzak.co.jp:80/gei/2007_03/g2007031213.html 2020年1月16日閲覧。 
  14. ^ a b c d e 「朗読とお話」『月刊国語教育研究』1990年11月号、日本国語教育学会、1990年11月、78-83頁。 
  15. ^ 『ピー・プロ70'sヒーロー列伝 (1) スペクトルマン』(ソニー・マガジンズ・1999年)p.194 - 195
  16. ^ a b c d e 『アニメーション大百科』東京三世社、1981年、213頁。 
  17. ^ a b 「すがお 5 「スペクトルマン」ネビュラの声→小林恭治」『日刊スポーツ』、1971年10月9日。
  18. ^ 平野文 (2007年3月13日). “3月13日(火) 小林恭治(きょうじ)さん告別式”. 平野文のDJ blog ~fumi fumi station~. エキサイトブログ. 2023年11月6日閲覧。
  19. ^ 竹熊健太郎 (2007年3月10日). “一時帰宅中”. たけくまメモ 編集家・竹熊健太郎の雑感雑記&業務連絡. ニフティ. 2023年11月6日閲覧。
  20. ^ a b 「「おそ松くん」テレビに」『読売新聞』、1966年1月。
  21. ^ おそ松くん(第1作) : 作品情報”. アニメハック. 2020年12月4日閲覧。
  22. ^ リボンの騎士”. 手塚治虫公式サイト. 2016年5月21日閲覧。
  23. ^ “100万年地球の旅 バンダーブック”. 手塚治虫公式サイト. https://tezukaosamu.net/jp/anime/55.html 2016年5月3日閲覧。 
  24. ^ “手塚治虫が消えた!? 20世紀最後の怪事件”. 手塚治虫公式サイト. https://tezukaosamu.net/jp/anime/152.html 2016年5月3日閲覧。 
  25. ^ 巨人の星 血ぞめの決勝戦”. トムス・エンタテインメント. 2016年6月17日閲覧。
  26. ^ 『ピー・プロ70'sヒーロー列伝 (1) スペクトルマン』p.197
  27. ^ 倉林誠一郎, ed (1966). “昭和二十九年(1954)”. 新劇年代記 戦後編. 白水社. p. 353 
  28. ^ 『芸能』11月号、芸能発行所、1963年、62頁。 
  29. ^ 新劇便覧 1965, pp. 421–422, 三期会
  30. ^ 新劇便覧 1965, pp. 433, 東芸

外部リンク 編集