メインメニューを開く

池内 豊(いけうち ゆたか、1952年4月7日 - )は、香川県大川郡志度町(現・さぬき市)出身[1]の元プロ野球選手投手)。

池内 豊
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 香川県大川郡志度町(現:さぬき市
生年月日 (1952-04-07) 1952年4月7日(67歳)
身長
体重
177 cm
81 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1970年 ドラフト4位
初出場 1971年10月9日
最終出場 1986年5月18日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

目次

経歴編集

志度商業高校ではエースとして活躍、1970年夏の甲子園県予選で準決勝に進むが坂出商に敗退。

1970年のドラフト会議南海ホークスに4位指名され、卒業後にプロ入り。1年目の1971年10月に初登板、翌1972年8月には初先発を果たすが、南海では通算7試合の登板に留まり、あまり活躍の場はなかった。

1975年オフに江夏豊望月充との交換トレードで、江本孟紀島野育夫長谷川勉と共に阪神タイガースへ移籍。移籍1年目の1976年には監督の吉田義男に抜擢され、中継ぎとして南海時代の総登板数を超える21試合に登板した。翌1977年からは、8年連続で30試合以上に登板。1978年には、7月から先発陣の一角として起用され9勝、翌1979年には先発、抑えを兼ねて5勝13セーブを記録している。翌1980年には先発から外れるが、1982年には当時のセ・リーグ歴代最多タイ、プロ野球歴代5位タイとなる、シーズン73試合登板を記録した[1]。最も活躍した阪神時代の防御率は3点台半ばから4点台で、特筆すべきものでは無いが、登板数が示す通り信頼されたリリーフ投手だった。

その後、1984年オフに、長崎啓二との交換トレードで、横浜大洋ホエールズへ移籍。1985年は23試合に登板したが、1年で自由契約選手となった。1986年阪急ブレーブスに在籍し5試合に登板。同年限りで引退した。

引退後は打撃投手、スコアラーを経て、1994年から1999年までオリックス・ブルーウェーブの二軍投手コーチを務めた。2000年から2001年まで中日ドラゴンズの二軍投手コーチ、2002年は中日の二軍育成担当コーチ、2003年から2005年まで韓国プロ野球起亜タイガースの投手コーチを務めた[1]2006年より動作解析担当として中日に復帰。主に二軍の投手のフォームを撮影し、一流投手のフォームと比較したり、二軍投手コーチの高橋三千丈と相談して改善ポイントをアドバイスするなどした。2008年、動作解析室の廃止に伴い池内も退任。2010年より関西独立リーグ神戸9クルーズの監督を務めたが、同年に球団が解散。2011年から2012年まで同じリーグに新発足した兵庫ブルーサンダーズの監督、2013年から2017年まで兵庫(2014年からはBASEBALL FIRST LEAGUE所属)の投手コーチ兼二軍監督を務め、芦屋学園ベースボールクラブの監督も兼任していた。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1971 南海 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 4 1.0 1 1 0 0 0 0 0 0 1 1 9.00 1.00
1972 3 1 0 0 0 0 1 -- -- .000 55 11.0 12 3 8 0 1 4 0 0 9 7 5.73 1.82
1973 3 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 22 5.0 5 1 3 0 0 1 0 0 2 2 3.60 1.60
1976 阪神 21 1 0 0 0 1 1 0 -- .500 180 41.1 52 6 8 2 5 23 0 0 22 22 4.83 1.45
1977 36 0 0 0 0 2 1 0 -- .667 255 62.0 54 8 19 0 5 34 0 0 28 28 4.06 1.18
1978 42 14 1 0 0 9 6 0 -- .600 563 137.2 129 17 33 4 7 78 2 0 62 56 3.65 1.18
1979 54 9 0 0 0 5 5 13 -- .500 531 130.0 110 17 37 4 5 81 1 0 54 53 3.67 1.13
1980 56 0 0 0 0 4 4 8 -- .500 359 84.2 79 12 28 4 11 48 0 1 38 38 4.02 1.26
1981 38 0 0 0 0 2 2 1 -- .500 231 58.0 54 3 10 1 2 38 1 0 24 23 3.57 1.10
1982 73 0 0 0 0 4 5 4 -- .444 385 95.1 83 14 26 4 6 61 0 0 42 42 3.98 1.14
1983 64 0 0 0 0 2 3 3 -- .400 368 87.2 84 9 25 6 6 48 2 0 43 34 3.49 1.24
1984 33 0 0 0 0 2 2 0 -- .500 158 37.0 39 7 9 4 0 19 0 0 18 14 3.41 1.30
1985 大洋 23 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 139 29.0 33 5 21 5 2 22 1 0 16 16 4.97 1.86
1986 阪急 5 0 0 0 0 0 0 1 -- ---- 16 3.0 7 2 0 0 0 4 0 0 5 5 15.00 2.33
通算:14年 452 25 1 0 0 31 31 30 -- .500 3266 782.2 742 105 227 34 50 461 7 1 364 341 3.92 1.24
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録編集

背番号編集

  • 55 (1971年 - 1975年)
  • 33 (1976年 - 1984年、2010年 - )
  • 13 (1985年)
  • 28 (1986年)
  • 100 (1989年 - 1992年)
  • 83 (1994年 - 1999年)
  • 81 (2000年 - 2002年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、33ページ

関連項目編集

外部リンク編集