メインメニューを開く

福岡県立伝習館高等学校

福岡県立伝習館高等学校(ふくおかけんりつ でんしゅうかんこうとうがっこう)は、福岡県柳川市本町にある県立高等学校。略称は「伝習館」(でんしゅうかん)、「伝習」(でんしゅう)、「伝館」(でんかん)。伝習館の生徒は「伝習生」(でんしゅうせい)、「伝館生」(でんかんせい)とよばれる。ふくおかスーパーハイスクール(FSH)指定校。

福岡県立伝習館高等学校
Denshukan high school.jpg
過去の名称 福岡県尋常中学伝習館
福岡県立中学伝習館
福岡県中学伝習館
福岡県立高等学校伝習館
国公私立の別 公立学校
設置者 福岡県の旗 福岡県
学区 第十学区(旧第十一学区・第十二学区)
併合学校 福岡県立柳河女子高等学校
校訓 明朗 誠実 剛健
設立年月日 1824年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
定時制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科、定時制
学期 3学期制
高校コード 40157K
所在地 832-0045
福岡県柳川市本町142番地

北緯33度9分58.8秒 東経130度24分21.5秒 / 北緯33.166333度 東経130.405972度 / 33.166333; 130.405972座標: 北緯33度9分58.8秒 東経130度24分21.5秒 / 北緯33.166333度 東経130.405972度 / 33.166333; 130.405972
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
福岡県立伝習館高等学校の位置(福岡県内)
福岡県立伝習館高等学校
伝習館高等学校所在地

概観編集

伝習館高校の起源は1824年文政7年) 柳川藩第九代藩主立花鑑賢(あきかた)により創設された柳川藩藩校伝習館にあるが、その発祥は、1660年頃(寛文元禄期)の鎮西の鴻儒であった安東省庵及びその子孫が藩儒となり、藩士子弟を指導していた家塾にある。1824年(文政7年)の伝習館創設後、安東節庵が教授となり学規学則を定め、学校の組織内容を確立した。1868年慶応4年)には藩政の大改革に際し、一時学館を廃止したが、1869年明治2年)に、さらに規模宏大な文武館を建設した。西洋学術を取り入れるなど時代に則した人材教育を行ったが、発足して3年余にして廃校となった。廃校後、英学校、師範学校を経て県立中学校となり、現在の伝習館高校となった[1]

「伝習館」の名は1824年(文政7年) 柳川藩第九代藩主立花鑑賢(あきかた)により設立された藩校の名に由来する。その由来は、論語学而篇の中の「曾子曰く、『吾、日に吾が身を三省す。人のために謀りて忠ならざるか、朋友と交わりて信ならざるか、習わざるを伝ふるかと。』」にある[2]1871年明治4年)の廃藩置県により藩校は廃止されたが、のちに学制の下で学校を設立する際、再び「伝習館」の呼称が用いられた。

沿革編集

  • 1824年(文政7年) - 藩校伝習館(旧字:傳習館)設立。
  • 1879年(明治12年) - 福岡県立柳河中学校(旧字:福岡縣立柳河中學校)設立。
  • 1886年(明治19年) - 福岡県立柳河中学校を廃止、山門郡町村連合により中学伝習館(旧字:中學傳習館)設立。
  • 1887年(明治20年) - 中学伝習館を私立学校に改組し、尋常中学橘蔭学館(旧字:尋常中學橘蔭學館)と改称。
  • 1892年(明治25年) - 尋常中学橘蔭学館を尋常中学伝習館(旧字:尋常中學傳習館)と改称。
  • 1894年(明治27年) - 尋常中学伝習館の運営母体を福岡県に移管し、福岡県尋常中学伝習館(旧字:福岡縣尋常中學傳習館)と改称。
  • 1900年(明治33年) - 福岡県立中学伝習館(旧字:福岡縣立中學傳習館)と改称。山門郡立の柳河高等女学校(旧字:柳河高等女學校)設立。
  • 1908年(明治41年) - 柳河高等女学校の運営母体を福岡県に移管し、福岡県立柳河高等女学校(旧字:福岡縣立柳河高等女學校)と改称。
  • 1925年大正14年) - 福岡県立中学伝習館を福岡県中学伝習館(旧字:福岡縣中學傳習館)と改称。
  • 1948年昭和23年) - 学制改革により新制高等学校となり、福岡県中学伝習館を福岡県高等学校伝習館、福岡県立柳河高等女学校を福岡県立柳河女子高等学校に改組。両校に定時制課程を設置。
  • 1949年(昭和24年)8月31日 - 福岡県高等学校伝習館と福岡県立柳河女子高等学校を統合し、男女共学の福岡県立伝習館高等学校を新設。
  • 1964年(昭和39年) - 校舎を旧福岡県高等学校伝習館の校舎(現在地)に統一。
  • 2006年(平成18年) - 福岡県のふくおかスーパーハイスクールに指定。
  • 2018年(平成30年) - 自然科学部が第20回「日本水大賞」の文部科学大臣賞を受賞[3]

校章編集

三稜と呼ばれている。明治時代に校章に採用されて以来、伝習館の教育目標を象徴。三方にのびる稜線は、「知」「徳」「体」の均衡をめざしバランスよく成長することをあらわす。

校訓・校風編集

「明朗・誠実・剛健」を校訓とし、文武両道を目標にしている。

朝課外が7時40分から行われ、3年次には原則18時までの夕課外が行われている。

国立大学への現役進学志向が強く、多くの生徒は九州大学進学を目指す。私立大学への進学を勧める教諭は少ないが、3年次には、私立文系大学クラスがつくられ、有名私大への指定校推薦が優先的に受けることができる。毎年、難関国立大学へは数名、九州大学へは20名程度合格している。また、5名程度が公務員へ就職する。しかし中には文系にも関わらず理系大学に進む生徒もいる。

校歌編集

伝習館高等学校校歌

一、星座よ輝け 我がこの柳河
    橘蔭後あり 開きて匂はむ
    伝習館 伝習館
    正大ここに集ひ
    剛健夙にきこゆ
    為すべし為すべし 我等友あり

二、平野よ栄あれ 我がこの南筑
    醇風学あり 緑の若葦       
    伝習館 伝習館             
    新人雲と興り                
    誠実土にひびく             
    起つべし起つべし 我等奮へり

三、洋々 明日あり 我がこの清流
    注ぐに海あり 水路は環れり  
    伝習館 伝習館               
    眼眸常に広く                  
    明朗空を慕う                  
    往くべし往くべし 我等競へり 

教育組織編集

全日制普通科(定員200人)のみ。以前は普通科英語コースが存在したが、2001年度入試より募集停止。定時制課程は2015年度から生徒募集を停止、2018年3月を以て廃止された。

通学編集

通学区

全日制は第十学区。

定時制は福岡県内全域。

生徒の主な通学手段

  • 鉄道: 西鉄天神大牟田線
  • バス: 西鉄バス久留米堀川バス
  • 自転車を利用する生徒が多い。
  • バイク通学2年次から開始(春休み中に免許取得)で、学校と自宅との距離が10キロ以上で可能。主に、みやま市山川町や久留米市城島町などの生徒が該当する。
  • 原則、車での送迎は禁止であるが最近では送迎してもらう生徒も少なくない。これに関しては、指導などがない。

最寄り鉄道駅など

著名な出身者編集

政官界

軍人

学界

財界

文化人

スポーツ

マスコミ

芸術・芸能

伝習館訴訟編集

最一判平成2年1月18日 / 民集44巻1号1頁

日本国憲法26条1項に関する訴訟。伝習館高校に勤務していた3人の教師が、授業における教科書の不使用、学習指導要領の逸脱、成績の一律評価をしていたとして、学習指導要領違反、教科書使用義務違反、一律評価による法律違反等を理由に、懲戒免職処分を受け、処分を受けた教師が当該処分の取り消しを求めた訴訟である。最大の争点は学習指導要領法規性、つまり要領が教師の教育活動の適法性の有無を判断する根拠になりうるかであった。最高裁は法規性を認めた。 日本教職員組合はこの3名の教師が日教組内でも最左派であったこと、生徒の保護者に支持を受けていなかったことなどからこの3名の教師を支援しなかった。

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集