メインメニューを開く

德川 慶光(とくがわ よしみつ、1913年大正2年)2月6日 - 1993年平成5年)2月6日)は、日本官僚政治家陸軍軍人江戸幕府第15代将軍徳川慶喜の孫。爵位公爵。通称は有職読みの「けいこう」。新字体徳川 慶光とも表記される。

德川 慶光
とくがわ よしみつ
生年月日 1913年2月6日
出生地 日本の旗 日本 東京府東京市小石川区(現東京都文京区
没年月日 (1993-02-06) 1993年2月6日(80歳没)
死没地 日本の旗 日本 東京都町田市
出身校 東京帝国大学文学部卒業
前職 官吏宮内省
現職 会社員など
所属政党 火曜会
称号 陸軍上等兵公爵
配偶者 徳川和子
親族 徳川慶喜(祖父)
徳川慶久(父)
宣仁親王妃喜久子(姉)
徳川慶朝(長男)

選挙区 公爵議員
在任期間 1943年2月6日 - 1947年5月2日
テンプレートを表示

目次

生涯編集

1913年大正2年)2月6日公爵徳川慶久有栖川宮威仁親王の第二王女・實枝子の長男として東京府東京市小石川区第六天町(現・東京都文京区小日向)の屋敷で生まれた。お印[1]。赤ん坊の頃、祖父慶喜の膝に抱かれ、おもらしをしたことがある。

1922年(大正11年)に父が急死したため、10歳で襲爵。伯父の侯爵池田仲博後見人となった。学習院から東京帝国大学文学部支那哲学科に進んで中国哲学を専攻し、卒業後は宮内省図書寮に勤務した。[2][3][4][5]学習院時代の補導役は元海軍少将森電三が務めた。[6]1938年(昭和13年)10月5日には、会津松平家子爵松平保男の四女・和子と結婚している。

1940年(昭和15年)1月に召集され、二等兵として入隊。しかし内地肺炎にかかって陸軍病院に入院、退院と同時に除隊。1941年(昭和16年)7月、再び召集されるも徴兵検査即日帰郷となる。1944年(昭和19年)2月、3度目の召集で二等兵として歩兵第101連隊東部62部隊に入隊。中国大陸を転戦したが、行く先々で入退院を繰り返していた。長沙野戦病院では赤痢マラリア栄養失調も加わり、生死の境をさまよった。終戦は上等兵として北京で迎え、1945年(昭和20年)12月に復員

復員後は空襲による類焼を免れていた第六天町の自邸に居住したが、1947年(昭和22年)に華族制度の廃止に伴って爵位貴族院議員の議席を失った上、財産税の支払いのために自邸を物納した。このため妻や娘を伴って静岡県に移り、西園寺公望の別荘・坐漁荘に暮らした。東海大学の附属高校で漢文の講師を務めるが、その後は様々な事業を起こすも失敗、東洋製罐研究所勤務などの職を転々とする。やがて東京都港区高輪借家に移り、1972年(昭和47年)9月[7]には東京都町田市の60坪の建売住宅に転居。

晩年は料理野菜作りなど趣味に没頭して生きる一方、愛人との不倫同棲事件で和製ウィンザー公と報じられたこともあった。1993年平成5年)2月6日パーキンソン病のため東京都町田市の自宅で亡くなった。80歳没。

人物・逸話編集

家族編集

出典編集

  1. ^ 『徳川慶喜家にようこそ―わが家に伝わる愛すべき「最後の将軍」の横顔』42頁
  2. ^ 報知新聞』1938年9月25日。
  3. ^ 『話』1935年9月号「公爵様は何をしてゐるか?」
  4. ^ 本田靖春『現代家系論』p.202-203(文藝春秋社1973年
  5. ^ 『話』1935年9月号「公爵様は何をしてゐるか?」
  6. ^ 関榮次「遥かなる祖国 ロシア難民と二人の提督」P138
  7. ^ 本田靖春『現代家系論』p.201(文藝春秋社1973年
  8. ^ 『徳川慶喜家にようこそ―わが家に伝わる愛すべき「最後の将軍」の横顔』136頁

参考文献編集

日本の爵位
先代:
徳川慶久
公爵
徳川(慶喜)家第3代
1922年 - 1947年
次代:
華族制廃止