メインメニューを開く

株式会社旭屋書店(あさひやしょてん)は、 大阪府大阪市北区に本社を置く日本書店。「旭屋書店」の名称で、近畿地方を中心に日本国内13店舗、香港に1店舗を展開する。みどり会の会員企業[1]

株式会社旭屋書店
Asahiya Shoten Co.,Ltd.
Asahiya Shoten.JPG
2011年まで営業していたかつての旭屋書店本店
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
531-0071
大阪府大阪市北区中津1-17-26
中津グランドビル10階
設立 1946年昭和21年)6月10日
業種 小売業
法人番号 9120001060048
事業内容 書籍・雑誌・AVソフト関連商品の小売販売
代表者 脇尊裕(代表取締役社長)
資本金 20百万円
従業員数 500名
主要株主 株式会社TSUTAYA
主要子会社 関連会社の項目を参照
外部リンク https://www.asahiya.com/
テンプレートを表示

目次

沿革編集

運営店舗編集

大阪市北区曾根崎にあった本店は「協同組合 大阪有名大店会」の会員でもあった。店舗は7フロアで構成され、専門書・軍事関係・鉄道に強みを持っていた。本店ビルは老朽化が進んでおり、改築のため2011年12月31日をもって閉店した[4]。これに伴い、本店の鉄道コーナーはなんばCITY店に移転した[5]

当初は「一時閉店」との名目で、ビル建替え後の2015年に再出店する予定であったが、跡地に建設され2015年4月にオープンした「清和梅田ビル」には家賃の高さから旭屋書店は出店していない[6]

関東地方においては、主に東武鉄道の関連商業施設(東武百貨店VARIEなど)に出店している。

その他、各店舗の詳細については公式サイトの店舗一覧を参照。

過去に存在した店舗編集

国内編集

国外編集

  • 香港ジャスコ店 - 2008年3月に閉店。
  • 香港そごう店

関連会社編集

  • 株式会社東京旭屋書店 - 池袋・アトレヴィ大塚・船橋・志木・新越谷・イオンモール浦和美園・アリオ上尾と閉店した札幌・川越・銀座・渋谷・水道橋・ベルビー赤坂の各店を運営。
  • ASAHIYA HONG KONG INC
  • 旭屋出版

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ メンバー会社一覧 - みどり会
  2. ^ 【新文化】 - CCC、旭屋書店と東京旭屋書店と資本提携”. 新文化. 新文化通信社. 2018年11月5日閲覧。
  3. ^ 株式会社旭屋書店および株式会社東京旭屋書店 子会社化に関するお知らせ”. CCC. 2019年4月2日閲覧。
  4. ^ 本店ビル建替えによる閉店のお知らせ(旭屋倶楽部>>あなたの町の、旭屋書店>>本店)”. 2011年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月22日閲覧。
  5. ^ 鉄道コーナー拡大オープン!(旭屋倶楽部>>あなたの町の、旭屋書店>>なんばCITY店)
  6. ^ “(関西@まち町街)激突、梅田書店戦争 5月に蔦屋、心地よさPR 【大阪】”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2015年3月4日) 
  7. ^ “[現代かわら版]大手書店集客合戦 札幌駅VS大通へ”. どうしんウェブ (北海道新聞社). (2008年11月5日). オリジナルの2014年10月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141006232946/http://www.hokkaido-np.co.jp/cont/kawaraban/41382.html 2011年12月21日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集