木月 洋介(きづき ようすけ、1979年11月10日 - )は、テレビ番組企画演出プロデューサーフジテレビ 編成制作局制作センター第2制作室に所属。『久保みねヒャダこじらせナイト』『痛快TVスカッとジャパン』『今夜はナゾトレ』『キスマイ超BUSAIKU!?』『ネタパレ』を企画・演出、生みの親である。東京大学経済学部卒業。神奈川県出身。

きづき ようすけ
木月 洋介
木月洋介(2019年撮影).jpg
木月洋介(2019年撮影)
生誕 (1979-11-10) 1979年11月10日(40歳)
神奈川県
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京大学経済学部卒業
職業 テレビディレクタープロデューサー
活動期間 2004年 - 現在
団体 フジテレビジョン
著名な実績森田一義アワー 笑っていいとも!』ディレクター・プロデューサー
テレビ番組久保みねヒャダこじらせナイト
痛快TVスカッとジャパン
今夜はナゾトレ
キスマイ超BUSAIKU!?
ネタパレ
ヨルタモリ』他
公式サイト 木月洋介 (@yosukekizuki) - Twitter

概要編集

子供の頃から「バラエティ番組」が好きで、作りモノの「コントバラエティ」が大好き。高校時代は「文化祭」の運営に夢中になり、大学は「東京大学」に進学。学生時代は「演劇サークル」に所属し「演者側」と「演出側」の両方を経験。「コントを作りたい」との想いでテレビ局を志望した。

2004年 フジテレビに入社後は「バラエティ制作センター」に配属となり、『FNS 27時間テレビ』『笑っていいとも!』『ココリコミラクルタイプ』『ピカルの定理』『フジ算』『ヨルタモリ』などの番組に携わってきた。今も大事にしている、タモリからの教え“やる気のあるものは去れ”。2019年11月現在、編成制作局 制作センター第二制作室。担当番組は『痛快TVスカッとジャパン』『今夜はナゾトレ』『キスマイ超BUSAIKU!?』『ネタパレ』『久保みねヒャダこじらせナイト』など。各バラエティ番組演出チーフプロデューサーを務める。

自身が企画した番組『今夜はナゾトレ』(演出・チーフプロデュサー)の 関連本『東大ナゾトレ AnotherVisionからの挑戦状』がシリーズ累計125万部のベストセラーを記録する[1]

略歴編集

人物編集

  • もともとテレビ局で働こうとは考えていなかった。大学で演劇をしていた関係でフジテレビに働いていた演劇サークルの先輩から声をかけてもらい受験[3]
  • 小・中学生の頃は『とんねるず』『ウッチャンナンチャン』『ダウンタウン』が大好き。特に「ウッチャンナンチャンのやるならやらねば」「ダウンタウンのごっつええ感じ」が好きで多大なる影響を受ける。フジテレビに入社したらコント番組をつくりたいと考えているキッカケとなった[3]
  • 高校時代は「文化祭」の運営に夢中。「企画」の楽しさに目覚めた。当時日本にまだ無かったスタバのような「低価格で本格コーヒーが飲める大人向けのお店」を企画し、PR映像を制作。3日間で3,000人の客が購買した。3年まで熱中したこともあり受験勉強に間に合わず浪人する[4]
  • 元々、東京大学志望ではなかった。たまたま高校が進学校で、そこの学校の卒業生は予備校の「東大コース」を無料で受講できた。無料だったので軽い気持ちで「東大コース」に入ってみた。当時の講師の先生が林修のような面白い授業で成績アップにつながる[4]
  • フジテレビ同期入社は高橋真麻斉藤舞子倉田大誠である。
  • サイキック芸人のキックは桐朋高等学校の同級生で、フジテレビに入社しバラエティ制作センターでADを務めた共通点を持つ。しかし、キックは木月の入社前年に退社したため、フジテレビで同僚だった時期は無い。
  • 担当番組うもれびと武井壮を、『森田一義アワー 笑っていいとも!』で久保ミツロウをテレビに初出演させた[5]
  • 笑っていいとも!』のディレクター時代は2011年秋にレギュラーになり、その後現代のフジっ子的存在になる指原莉乃(元HKT48STU48)の教育係となる。
  • 同年代のプロデューサーである濱野貴敏とタッグを組み「指原莉乃司会のAKB48の番組[6]」『痛快TV スカッとジャパン』『優しい人なら解ける クイズやさしいね』などを担当。
  • 企画を考える際にタモリの口癖を意識している。「やる気のあるものは去れ」と口にして、その意味を本人に聞くと「やる気がある人は視野が狭く物事の中心しか見ない。一方でラクしようと思ってる人の方が、実は周辺で面白いことが起きていることに気づいている」と。面白いことっていうのはだいたい中心ではなく、周辺で発生している。その周辺がいつの間にかメジャーになって世の中を変えていく。それを拾い上げるのが大事だと。そのほうが予定調和じゃないものが生まれると笑いの哲学を持つ[3]
  • キスマイBUSAIKU!?」(現在は「キスマイ超BUSAIKU!?」)はジャニーズKis-My-Ft2が「ジャニーズなのにブサイク」という噂が面白いなと。極限状態でかっこよさを求めて、素が出たり、失敗する彼らの魅力を映像に出したいと思ったのが番組発端のキッカケ[3]
  • ネタパレ芸人ディレクターが育つお笑い番組を作ろうと思ったのがキッカケ。2016年頃は、若手が出られるお笑い番組が少なかった。「バラエティに力を入れてきたフジテレビこそ新しい人を世に出す場を持たないと!」という思いがあった[7]

現在の担当番組編集

レギュラー
特番

過去の担当番組編集

レギュラー
特番

関連書籍編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 【公式】今夜はナゾトレ「シリーズ累計125万部突破」
  2. ^ a b 桐朋中学校・高等学校・卒業生インタビュー未来を拓く力
  3. ^ a b c d e f g h バラエティーの仕事「今も大事にしている、ある方からの教え“やる気のあるものは去れ”とは?」
  4. ^ a b c 【オリコンニュース】「笑っていいとも!」は僕にとっての学校でした、フジテレビ・木月洋介氏
  5. ^ ウートピ
  6. ^ 恋愛総選挙』→『※AKB調べ』→『僕らが考える夜』→『指原カイワイズ
  7. ^ 次世代の“おもしろさ”のつくりかた──フジテレビ『ネタパレ』チーフプロデューサー・木月洋介さん
  8. ^ 2017年9月までは演出のみ。
  9. ^ a b 2017年9月までは企画・演出、2018年5月までは企画・演出・プロデュース。
  10. ^ 2017年10月までは総合演出のみ→2018年6月8日までは総合演出・プロデュース。
  11. ^ 2019年7月までは演出・プロデューサー。
  12. ^ 2017年9月は企画・演出。
  13. ^ 2018年5月は演出。
  14. ^ 2018年12月はチーフプロデューサー。
  15. ^ フジ演出・木月洋介に聞く【前編】人がウソをつく顔が面白い! 『人間性暴露ゲーム 輪舞曲』ができるまで

関連項目編集

外部リンク編集