メインメニューを開く

東條 大樹(とうじょう たいき、1991年8月15日 - )は、神奈川県藤沢市出身[2]プロ野球選手投手)。右投右打。千葉ロッテマリーンズに所属。

東條 大樹
千葉ロッテマリーンズ #20
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県藤沢市
生年月日 (1991-08-15) 1991年8月15日(28歳)
身長
体重
177 cm
81 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2015年 ドラフト4位
初出場 2016年5月1日
年俸 1,200万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入り前編集

藤沢市立高浜中学校では湘南クラブに所属していた。

桐光学園高校進学後、1年からベンチ入りを果たし、第89回全国高等学校野球選手権大会に出場。登板は無かった。2年の秋からエースとなり、神奈川県大会準々決勝で慶應義塾高校白村明弘と投げ合ったが、コールド負け[3]。3年の夏も神奈川県大会準決勝で横浜隼人高校に敗れ、甲子園には届かなかった[4]。2学年先輩に伊東亮大がいる。

青山学院大学進学後、1年春からリーグ戦に登板するが、肘を痛め、2年、3年時は登板が無かった[5]。4年春から復帰し、4年秋には東都大学リーグ1部で防御率トップとなる0.30の成績を残した。野球部の同期には杉本裕太郎、1学年後輩には加藤匠馬、2学年後輩には吉田正尚がいる。

JR東日本入社後、1年目から主力として活躍。第85回都市対抗野球大会ではリリーフとして3イニングを無失点で抑え、第40回社会人野球日本選手権大会でもリリーフで登板した。2年目の第86回都市対抗野球大会では、三菱重工神戸・高砂戦で3イニングを完璧に抑えるが、4イニング目の延長11回に乱れ、敗戦投手となってしまった。

2015年10月22日に行われたプロ野球ドラフト会議千葉ロッテマリーンズに4巡目で指名され、契約金5000万円、年俸1200万円で合意[6]、入団した。背番号は20に決まった。同じくJR東日本のチームメイトの関谷亮太もドラフト2位でロッテに指名された。

ロッテ時代編集

2016年、5月1日の対北海道日本ハムファイターズ9回戦(QVCマリンスタジアム)、7回表から4番手のリリーフでプロ初登板。7回は1四球の無失点だったが、8回は二度の押し出し四死球も含む被安打3・四死球3の3失点。プロ初の対戦打者は中島卓也三塁ゴロ。この年は11試合に登板したが、投球回数を上回る14四球を与え、制球力の課題を露呈する結果となった。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2016 ロッテ 11 0 0 0 0 0 0 0 1 .--- 62 11.2 14 1 14 0 2 6 0 0 13 13 10.03 2.40
2017 12 0 0 0 0 0 0 0 1 .--- 78 17.0 18 1 11 0 2 17 1 0 13 13 6.88 1.71
2018 11 0 0 0 0 0 0 0 2 .--- 42 11.2 6 2 4 0 0 10 0 0 2 2 1.54 0.86
2019 58 0 0 0 0 1 0 0 16 1.000 232 52.1 52 7 21 1 7 53 1 0 26 22 3.78 1.39
通算:4年 92 0 0 0 0 1 0 0 20 1.000 414 92.2 90 11 50 1 11 86 2 0 54 50 4.86 1.51
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績編集



投手












2016 ロッテ 11 0 0 0 0 .---
2017 12 1 2 0 0 1.000
2018 11 1 1 0 0 1.000
2019 58 4 5 3 1 .750
通算:4年 92 6 8 3 1 .824
  • 2019年度シーズン終了時

記録編集

投手記録
その他の記録

背番号編集

  • 20 (2016年 - )

登場曲編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集