メインメニューを開く

江崎 道朗(えざき みちお、1962年[1] - )は、日本評論家。専門は安全保障インテリジェンス近現代史研究。

えざき みちお[1]
江崎 道朗[1]
生誕 1962年????[1]
福岡県大川市
国籍 日本の旗 日本
出身校 九州大学文学部哲学[1]
職業 評論家 拓殖大学大学院客員教授
雇用者 日本を守る国民会議[1]日本会議[1]
補足

人物編集

福岡県大川市生まれ[2]福岡県立伝習館高等学校を卒業。1984年九州大学文学部哲学科を卒業。「日本を守る国民会議」事務局、日本青年協議会月刊誌『祖国と青年』編集長[1]を経て、1997年から日本会議事務総局に勤務[1]日本会議国会議員懇談会の政策研究を担当する専任研究員。 

受賞編集

著書編集

単著編集

  • コミンテルンルーズヴェルトの時限爆弾―迫り来る反日包囲網の正体を暴く』 展転社、2012年12月。ISBN 978-4886563804
  • アメリカ側から見た東京裁判史観の虚妄』 祥伝社、2016年9月2日。ISBN 978-4396114817
  • マスコミが報じないトランプ台頭の秘密』 青林堂、2016年10月8日。ISBN 978-4792605681
  • コミンテルンの謀略と日本の敗戦PHP新書PHP研究所、2017年8月11日。ISBN 978-4569836546
  • 『日本は誰と戦ったのか コミンテルンの秘密工作を追求するアメリカ』 KKベストセラーズ、2017年12月5日、ISBN 978-458-413829-8
  • 『日本占領と「敗戦革命」の危機』PHP新書、PHP研究所、2018年8月16日、ISBN 978-4-569-84129-8
  • 『知りたくないではすまされない ニュースの裏側を見抜くためにこれだけは学んでおきたいこと』KADOKAWA、2018年12月19日、ISBN 978-4046040794
  • 『フリーダム 国家の命運を外国に委ねるな』展転社、2019年1月。ISBN 978-4886564726
  • 『天皇家 百五十年の戦い』 ビジネス社、2019年4月1日、ISBN 978-4828420783
  • 『朝鮮戦争と日本・台湾「侵略」工作』 PHP研究所、2019年8月、ISBN 978-4569843490

共著・編集編集

連載編集

脚注編集

外部リンク編集