濱田泰三

浜田泰三から転送)

濱田 泰三(はまだ たいぞう、1928年 - 2019年8月17日[1])は、日本文学者フランス文学)、文芸評論家早稲田大学名誉教授、公益財団法人パブリックヘルスリサーチセンター顧問。「濱田」の「濱」が旧字体のため、新字体浜田 泰三(はまだ たいぞう)と表記されることもある。

濱田 泰三
(はまだ たいぞう)
ペンネーム 浜田 泰三(はまだ たいぞう)
誕生 濱田 泰三(はまだ たいぞう)
1928年
日本の旗 福岡県
職業 フランス文学者文芸評論家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 東京大学文学部卒業
主題 評論、論説
代表作 『笑い』(1973年
デビュー作 『現代の批評』(1959年
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

日本放送協会での勤務を経て、早稲田大学法学部教授早稲田大学図書館館長(第12代)、学校法人早稲田大学常任理事、財団法人パブリックヘルスリサーチセンター理事長などを歴任した。

概要編集

フランス文学者であるとともに、文芸評論家としても活躍した。また、レフ・トロツキールネ・グルッセの著作の翻訳を手掛け、仏教など宗教に纏わる識見も有するなど、多才な活動を展開した。日本放送協会を経て、長年に渡って早稲田大学法学部にて教鞭を執った。早稲田大学では、図書館館長や、大学を設置する学校法人常任理事を務めるなど、要職を歴任した。

来歴編集

生い立ち編集

1928年福岡県にて生まれた[2][3]。上京し、東京大学に進学した[2][3]。東京大学では文学部フランス文学科に在籍し[2]フランス文芸風潮を専攻した[3]

日本放送協会編集

東京大学を卒業すると、日本放送協会に就職した[2]。日本放送協会では、大学時代の専攻を生かし、ヨーロッパアメリカを対象とする国際放送に関する業務に従事した[3]。また、その傍らで文芸評論を手掛けており、その内容が文壇で注目された[3]

早稲田大学編集

1967年早稲田大学に転じ、法学部講師に就任した[2][3]。それ以来、早稲田大学にて教鞭を執ることになり、助教授を経て教授に昇任した。法学部では、主としてフランス語文学を講じた[2]。また、1982年には早稲田大学図書館館長に就任し、4年に渡って務めた[2]。館長在任中には「学術情報システム基本構想書」を発表し、「学内の全ての学術情報の二次データベースを構築し、『早稲田大学総合目録』を完成させる」[4]と宣言した。館内に所蔵された洋書30万冊の情報のデータベース化に着手し、1985年7月からは外部業者も交えて入力作業を推進した[4]。蔵書の情報を遡及して入力するため、その作業は難航したが、Online Computer Library Center機械可読目録を活用するなどして、最終的にデータベース化に目途がついた[4]。さらに、早稲田大学を設置・運営する「学校法人早稲田大学」の常任理事を務めた[3]1997年、早稲田大学を退職した[2]。早稲田大学での勤続年数は30年に達し、うち教授としての在任年数は22年に及んだ[5]。なお、「教授として満20年以上在職し、教育または学術上の功績が顕著」[5]であることを理由に、同年4月1日付で早稲田大学より名誉教授の称号が贈られている[2][3][5]

また、財団法人である「パブリックヘルスリサーチセンター」にて理事長を務めた[2]。その後、同センターは公益財団法人化を果たし、奥島孝康が理事長に就任すると、白井克彦中嶋宏らとともに顧問に就任した[6][7]

研究編集

専門は文学であり、フランス文学などの分野を中心に研究した[2]。また、1959年に『現代の批評』を上梓するなど[2][3][8]評論批評なども手掛けていた。1973年に上梓した『笑い』など[2][3][9]、多くの著作を著した。また、栗田勇林茂澁澤龍彦らとともにレフ・トロツキーの『わが生涯』を翻訳したことでも知られている[3][10][11][12]。加えて、ヴィクトル・セルジュの『一革命家の回想』なども翻訳している[3][13][14]

そのほか、ルネ・グルッセの『仏陀の足跡を逐って』の翻訳なども知られている[2][15][16]。また、同書をはじめ、天理教とかかわりの深い天理大学附属天理図書館について解説した『やまとのふみくら――天理図書館』を編纂するなど[2][17][18]仏教や天理教といった宗教にも造詣が深く、佐々木宏幹奈良康明西村惠信藤井正雄村中祐生山折哲雄頼富本宏渡邊寶陽らとともに「寺院ルネッサンス」文化推進委員会に参画した[19]

騒動編集

2007年3月東京都大田区議会議員鈴木章浩が提出した海外視察報告書が、濱田の講演要旨を丸写して剽窃したものだったことが発覚した[20][21][22]。鈴木は2005年行政視察のため公費ヨーロッパを歴訪し、帰国後に報告書を提出したが、その内容は千葉県庁ウェブサイトに掲載されていた濱田の講演要旨と、ほとんど同一の文章であった[21][22]日本テレビ放送網によれば「両者を並べ、表現が一致する部分に色をつけてみると、文章の大半が同じ」[21]だとしている。

2007年になってこの事実が発覚したが、鈴木は当初「何か俺が世間に迷惑をかけましたか?」[23]と述べるなど、特に問題ないとの立場を取っていた。しかし、この事態を受け、大田区議会では日本共産党大田区議会議員団が「盗用の疑いが濃厚」[20]だと指摘し、議長に事実解明を要請する申立書を提出する事態に発展した[20]。大騒ぎになったため、鈴木は慌てて濱田に連絡を取った[24]。その際、濱田は「どうぞ使ってください」[24]と温かい言葉をかけ、鈴木の剽窃行為を赦した。ところが、濱田の寛大な言葉を逆手に取り、鈴木は「事後承諾を取ったので何の問題もない」[24]と開き直ったため物議を醸した。

略歴編集

著作編集

単著編集

共著編集

編纂、編著等編集

翻訳編集

  • トロツキー著、栗田勇澁澤龍彦・浜田泰三・野沢協(林茂名義)と共訳『わが生涯』上巻、現代思潮社1961年
  • トロツキー著、栗田勇・澁澤龍彦・浜田泰三・野沢協(林茂名義)と共訳『わが生涯』中巻、現代思潮社、1961年。
  • トロツキー著、栗田勇・澁澤龍彦・浜田泰三・野沢協(林茂名義)と共訳『わが生涯』下巻、現代思潮社、1961年。
  • S. モリニエS-L. プーシュ著、栗田勇・浜田泰三訳『コンミューンの炬火――ブランキとプルードン』現代思潮社、1963年
  • トロツキー著、栗田勇・浜田泰三訳『亡命日記――査証なき旅』現代思潮社、1968年
  • V. セルジュ著、山路昭・浜田泰三訳『一革命家の回想』上巻、現代思潮社、1970年
  • V. セルジュ著、山路昭・浜田泰三訳『一革命家の回想』下巻、現代思潮社、1970年。
  • ピエール・ナヴィル著、浜田泰三訳『生けるトロツキー』現代思潮社、1971年
  • R. グルッセ著、浜田泰三訳『仏陀の足跡を逐って』金花舎、1983年
  • ルネ・グルッセ著、濱田泰三訳『仏陀の足跡を逐って』再版、興山舎2011年ISBN 9784904139578

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ “浜田泰三氏死去/早稲田大名誉教授”. 四国新聞社. (2019年8月29日). http://www.shikoku-np.co.jp/bl/news/national/okuyami-detail.aspx?kid=20190829000708 2019年9月1日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 「濱田泰三公開講座一覧」『濱田泰三 - 公開講座JAPAN千倉書房
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 「訳者紹介」『興山舎の単行本興山舎
  4. ^ a b c 奥島孝康「和書データベース化事業の出発にあたって」『ふみくら』19号、早稲田大学図書館1989年9月1日、2頁。
  5. ^ a b c 早稲田大学教務部「名誉教授称号贈呈者」『名誉・表彰-名誉教授称号贈呈者早稲田大学
  6. ^ 「役員名簿」『役員名簿|財団案内(設立の目的・事業概要・沿革)|公益財団法人パブリックヘルスリサーチセンター』パブリックヘルスリサーチセンター、2010年5月
  7. ^ 役員名簿2012年4月1日
  8. ^ 浜田泰三『現代の批評』三一書房1959年
  9. ^ 濱田泰三解説『笑い』現代思潮社1973年
  10. ^ トロツキー著、栗田勇ほか訳『わが生涯』上巻、現代思潮社1961年
  11. ^ トロツキー著、栗田勇ほか訳『わが生涯』中巻、現代思潮社1961年
  12. ^ トロツキー著、栗田勇ほか訳『わが生涯』下巻、現代思潮社1961年
  13. ^ V. セルジュ著、山路昭・浜田泰三訳『一革命家の回想』上巻、現代思潮社1970年
  14. ^ V. セルジュ著、山路昭・浜田泰三訳『一革命家の回想』下巻、現代思潮社1970年
  15. ^ R.グルッセ著、浜田泰三訳『仏陀の足跡を逐って』金花舎、1983年
  16. ^ ルネ・グルッセ著、濱田泰三訳『仏陀の足跡を逐って』再版、興山舎2011年
  17. ^ 浜田泰三編著『やまとのふみくら――天理図書館』天理教道友社1979年
  18. ^ 浜田泰三編『やまとのふみくら――天理図書館』中央公論社1994年
  19. ^ 「『寺院ルネッサンス』文化推進委員会」『文化推進委員会|寺院ルネッサンス活動のアイエム』アイエム。
  20. ^ a b c 東京新聞中日新聞東京本社2007年3月21日
  21. ^ a b c 「東京・大田区議――海外視察報告書で無断引用」『東京・大田区議 海外視察報告書で無断引用 | 日テレNEWS24日本テレビ放送網2007年3月21日
  22. ^ a b 「自民区議が報告書盗用?――千葉県HPから丸写し――東京・大田――1人80万円海外視察――共産党区議団究明求める」『自民区議が報告書盗用?/千葉県HPから丸写し/東京・大田/1人80万円海外視察/共産党区議団 究明求める日本共産党中央委員会2007年3月21日
  23. ^ 「コピペ謝罪の過去も――セクハラやじ鈴木都議の開き直り人生」『日刊ゲンダイ|コピペ謝罪の過去も セクハラやじ鈴木都議の開き直り人生日刊現代2014年6月24日
  24. ^ a b c 「セクハラやじ都議会犯人の下劣――鈴木章浩51歳自民都議」『週刊文春』56巻26号、文藝春秋2014年7月3日、26頁。

関連人物編集

関連項目編集

学職
先代:
古川晴風
早稲田大学図書館館長
第12代:1982年 - 1986年
次代:
奥島孝康