滝波宏文

日本の旗参議院議員 滝波 宏文
生年月日 (1971-10-20) 1971年10月20日(45歳)
出身地 日本の旗 福井県
出身校 東京大学法学部
シカゴ大学大学院公共政策学科
学位・資格 学士
公共政策学修士
前職 国家公務員大蔵省財務省
所属委員会 経済産業委員会(理事)
決算委員会
東日本大震災復興及び原子力問題特別委員会(理事)
憲法審査会
世襲
選出選挙区 福井県選挙区
当選回数 1回
所属党派 自由民主党細田派
党役職 国際局次長
青年局次長
会館部屋番号 参議院第1議員会館1103号室
ウェブサイト たきなみ宏文事務所 福井の声を中央に、的確に。
テンプレートを表示

滝波 宏文(たきなみ ひろふみ、1971年(昭和46年)10月20日 - )は、日本政治家財務官僚自由民主党所属の参議院議員(1期)。

目次

来歴編集

福井県出身。大野市立下庄小学校、大野市立陽明中学校、福井県立大野高等学校東京大学法学部卒業。1994年大蔵省に入省した。1998年アメリカ合衆国シカゴ大学大学院公共政策学科を修了し、修士号を取得。帰国後は法務省刑事局への出向を経て、主計局主査や人事企画室長、首席監督官、広報室長、機構業務室長等を歴任。2005年米国公認会計士(US CPA)試験に合格。また2009年から、スタンフォード大学で客員研究員を務めた。2012年12月、財務省を退官。

2013年第23回参議院議員通常選挙自由民主党公認で福井県選挙区から出馬し、初当選した。

政策編集

  • 憲法9条を改正して自衛隊を他国同様「国防軍」にすべき。
  • 日本の核武装について、国際情勢によっては検討すべき。
  • 首相や閣僚の靖国神社参拝は問題ない。
  • 原発は日本に必要,原発の海外輸出に賛成。[1]

人物編集

  • 妻は台湾出身で、アメリカ合衆国留学中に知り合った。結婚後は日本に帰化し、金融庁に勤務している[2]
  • 国会議員には珍しく、応援ソングがある[3]

年譜編集

所属団体・議員連盟編集

著書編集

寄稿編集

脚注編集

外部リンク編集