メインメニューを開く

矢部 良(やべ りょう、本名の読みは「やべ かずし」、1968年10月14日 - )は、カポエィラヘジォナウジャパォンの創設者、師範代

人物編集

20代で南米ブラジルに渡り、メストリ・ビンバの直系の弟子であるメストリ・バンバの下で修行をし、日本人として初めてカポエイラの道場を設立した人物であり、国内で初めてのカポエイラ教則DVDも出した。 日本におけるカポエイラの普及に大きく貢献した。一時はメディアにも登場したり、他の格闘技と対戦させたり、ダンスとの融合を強化するなり日本での発展と進化をさせてきた人物である。

実は矢部はそれまではダンサーの仕事をやっていたが、カポエイラをはじめたきっかけはアクション映画の『オンリー・ザ・ストロング』を見たのがきっかけだったという。映画がきっかけでカポエイラに魅了され、それまで日本人にはなじみの無かったスポーツと格闘と音楽とダンスを融合させた新しいものとして大いに普及させてきた。K-1異種格闘技戦では武蔵と対戦した事もあったが、敗戦している。

ものまね芸人のマイコーりょうに顔が似てることから、同一人物ではないかという憶測が長らく続いていたが、2014年9月16日、マイコーりょう名義のFacebookにて、矢部良とマイコーりょうが同一人物であることをカミングアウトした。

テレビ出演編集

雑誌掲載編集

レッスンDVD編集

  • 矢部良 カポエィラ(2006年発売)

ゲーム協力編集

  • TOBAL2』(1997年)の魔王マークのモーションを担当した。

脚注編集

外部リンク編集