メインメニューを開く

第78回選抜高等学校野球大会(だい78かいせんばつこうとうがっこうやきゅうたいかい)は、2006年3月23日から4月4日まで阪神甲子園球場で行われた選抜高等学校野球大会である。

日本の旗 第78回選抜高等学校野球大会
試合日程 2006年3月23日 - 4月4日
出場校 32校
優勝校 横浜神奈川、8年ぶり3回目)
試合数 32(再試合1)試合
開会式司会 白河真梨奈大阪聖母被昇天学院高校卒業)
甲斐谷望岩手盛岡二高校3年)
入場行進曲青春アミーゴ」(修二と彰
国歌独唱 古澤加奈子(愛知明和高校卒業)
選手宣誓 太田恵太(岐阜城北
始球式 馳浩文部科学副大臣
閉会式司会 甲斐谷望(岩手・盛岡二高校3年)
総入場者数 約390,000人(1試合平均12,188人)
最高入場者数/1日 45,000人
大会本塁打 14本塁打
 < 20052007 > 
選抜高等学校野球大会
テンプレートを表示

目次

概要編集

日程編集

  • 1月31日 - 出場校選考委員会が開かれ32校の出場が決定。
  • 3月6日 - 部員の不祥事が発覚し出場辞退を申し入れていた駒大苫小牧について日本高等学校野球連盟毎日新聞社は辞退を受け入れる。代替校として北海道栄を選出。
  • 3月15日 - 組み合わせ抽選会。
  • 3月23日 - 開会式。
  • 4月4日 - 決勝戦。閉会式。

選出校編集

地区 選出校 出場回数
北海道 北海道栄[1] 北海道 25年ぶり4回目
旭川実 北海道 3年ぶり2回目
東北 光星学院 青森 8年ぶり3回目
秋田商 秋田 2年ぶり5回目
関東 高崎商 群馬 7年ぶり2回目
成田 千葉 初出場
横浜 神奈川 3年ぶり11回目
東海大相模 神奈川 2年連続7回目
東京 早稲田実 東京 18年ぶり18回目
東海大菅生 東京 9年ぶり2回目
東海 愛知啓成 愛知 初出場
岐阜城北 岐阜 初出場
北信越 日本文理 新潟 初出場
高岡商 富山 18年ぶり3回目
近畿 北大津 滋賀 初出場
京都外大西 京都 8年ぶり6回目
履正社 大阪 初出場
PL学園 大阪 7年ぶり19回目
神港学園 兵庫 11年ぶり4回目
智弁和歌山 和歌山 3年ぶり7回目
地区 選出校 出場回数
中国 関西 岡山 2年連続8回目
岡山東商 岡山 28年ぶり8回目
南陽工 山口 6年ぶり3回目
四国 小松島 徳島 5年ぶり2回目
今治北 愛媛 初出場
九州 伊万里商 佐賀 初出場
清峰 長崎 初出場
延岡学園 宮崎 3年ぶり2回目
八重山商工 沖縄 初出場
21世紀枠
地区 選出校 出場回数
関東 真岡工 栃木 初出場
北信越 金沢桜丘 石川 53年ぶり3回目
希望枠
地区 選出校 出場回数
東北 一関学院 岩手 初出場

組み合わせ・試合結果編集

1回戦 - 準決勝編集

1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝
                           
3月23日(1)            
 神港学園 4
3月28日(2)
 南陽工 0  
 神港学園 2
3月23日(2)
   成田 0  
 小松島 0
3月31日(1)
 成田 3  
 神港学園 0
3月23日(3)
   岐阜城北 4  
 智弁和歌山 4
3月29日(1)
 伊万里商 0  
 智弁和歌山 7
3月24日(1)
   岐阜城北 10  
 一関学院 1
4月3日(1)
 岐阜城北 2x  
 岐阜城北 4
3月24日(2)
   横浜 12
 横浜 1
3月29日(2)
 履正社 0  
 横浜 7
3月24日(3)
   八重山商工 6  
 八重山商工 5
3月31日(2)
 高岡商 2  
 横浜 13
3月25日(1)
   早稲田実 3  
 光星学院 4
3月30日(4):再試合[2]
 関西 6  
 関西 3
3月25日(2)
   早稲田実 4  
 早稲田実 7
 北海道栄 0  
1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝
                           
3月25日(3)            
 北大津 2
3月29日(4)
 旭川実 1  
 北大津 3
3月26日(1)
   日本文理 6  
 日本文理 4
4月1日(1)
 高崎商 3  
 日本文理 0
3月26日(2)
   清峰 4  
 岡山東商 2
3月30日(1):延長14回
 清峰 11  
 清峰 3
3月26日(3)
   東海大相模 2  
 東海大相模 4
4月3日(2)
 京都外大西 1  
 清峰 6
3月27日(1)
   PL学園 0
 PL学園 9
3月30日(2)
 真岡工 1  
 PL学園 1
3月27日(2)
   愛知啓成 0  
 金沢桜丘 3
4月1日(2)
 愛知啓成 4x  
 PL学園 4
3月27日(3)
   秋田商 1  
 今治北 12
3月30日(3):延長12回
 延岡学園 9  
 今治北 3
3月28日(1)
   秋田商 4x  
 秋田商 11
 東海大菅生 10  

決勝編集

4月4日

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
横浜 0 3 1 2 0 9 0 2 4 21 14 0
清峰 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 4
  1. (横) : 川角、浦川 - 福田
  2. (清) : 有迫、富尾、有迫、佐々木伸、木原 - 田辺、大田、内山
  3. 審判:球審…赤井、塁審…橘・小谷・日野
  4. 試合時間:2時間21分

大会本塁打編集

1回戦
  • 第1号:金城長靖(八重山商工)
  • 第2号:山本直哉(関西)
  • 第3号:池野和麻(清峰)
  • 第4号:山本恭介(今治北)
  • 第5号:桧垣鉄生(今治北)
2回戦
  • 第6号:尾藤竜一(岐阜城北)
  • 第7号:岡田龍明(横浜)
  • 第8号:金城長靖(八重山商工)
  • 第9号:小柳竜巳(早稲田実)
  • 第10号:上田剛史(関西)
  • 第11号:斎藤佑樹(早稲田実)
  • 第12号:下田将太(関西)
準決勝
  • 第13号:白井史弥(横浜)
  • 第14号:木原宏輔(清峰)

その他編集

  • 日本文理高校が新潟県勢として初めて選抜大会で勝利を飾ったことにより、47都道府県全てが選抜と選手権の両大会で白星をあげたことになったほか、2勝してベスト8に進出したことにより、選抜では全47都道府県代表がベスト8以上に進出したことになった。

脚注編集

  1. ^ 駒大苫小牧(北海道)の出場辞退による代替出場。
  2. ^ 3月29日(第3試合) 7 - 7 延長15回・引き分けによる再試合。

関連項目編集

外部リンク編集