メインメニューを開く

田中広輔

広島東洋カープのプロ野球選手

田中 広輔(たなか こうすけ、1989年7月3日 - )は、広島東洋カープに所属する神奈川県厚木市出身のプロ野球選手内野手)。右投左打。

田中 広輔
広島東洋カープ #2
田中広輔20160617.jpg
2016年6月17日 マツダスタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県厚木市
生年月日 (1989-07-03) 1989年7月3日(30歳)
身長
体重
171 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 遊撃手三塁手
プロ入り 2013年 ドラフト3位
初出場 2014年3月29日
年俸 1億8,000万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本
WBC 2017年
獲得メダル
日本の旗 日本
ワールド・ベースボール・クラシック
2017 野球

自身と同じ右投左打の内野手で、2018年から読売ジャイアンツに所属する田中俊太は実弟に当たる[2]

経歴編集

プロ入り前編集

厚木市立依知南小学校・依知中学校を経て[3]東海大相模高に進学。1年春からベンチ入りし、2年春に甲子園出場を果たしている(2回戦の清峰高戦で敗退)。3年夏は神奈川県予選決勝で桐光学園高に8-10で敗れた。この試合の6回裏の攻撃時に本塁クロスプレーの際、相手捕手(奥野智也)に右ももを負傷させるスライディングを行い批判を受けた[4][5]。奥野には大学時代に謝罪をしている[5]。高校通算38本塁打。卒業後は東海大学へ進学。首都大学リーグでの通算成績は76試合出場、244打数62安打、打率.254、3本塁打、29打点。2011年秋季のリーグ戦で首位打者になる。ベストナイン2回受賞。大学卒業後JR東日本へ入社。高校・大学の同期には菅野智之、JR東日本の同期入社には吉田一将がいた。

JR東日本では1年目から遊撃手のレギュラーを獲得し、第83回都市対抗野球大会2012年、チーム準優勝)では若獅子賞(新人賞)を獲得し、大会優秀選手に選ばれた。同年の第38回社会人野球日本選手権大会(チーム準優勝)でも大会優秀選手を獲得。第26回アジア野球選手権大会日本代表に選ばれ優勝に貢献、大会最優秀守備選手賞を獲得した。この年の社会人ベストナインの遊撃手部門を獲得した。

2013年には、第84回都市対抗野球大会のチーム準優勝に貢献し、大会優秀選手に選ばれた。また、第6回東アジア競技大会野球日本代表に選出された。

2013年のプロ野球ドラフト会議で、広島東洋カープから3巡目で指名。契約金7,000万円、年俸1,100万円(金額は推定)という条件で入団した。背番号は、この年まで丸佳浩が付けていた63。この年に一軍の正中堅手へ定着するとともに、セントラル・リーグ(セ・リーグ)盗塁王のタイトルを獲得した丸佳浩のような活躍を期待したとされている。

プロ入り後編集

2014年オープン戦から「8番・三塁手」として一軍のスタメンに定着すると、そのまま開幕一軍入りを果たした。一軍公式戦では、4月こそ打率1割台と苦しんだが、5月以降徐々に復調。正三塁手だった堂林翔太が主に外野で起用されるようになった夏場に、三塁のレギュラーの座を確保。8月以降は、正遊撃手の梵英心が膝に不安を抱えることを背景に、梵とポジションを入れ替える格好でもっぱら遊撃手として起用された。結局、一軍にはほぼフルシーズン帯同。公式戦110試合の出場で、9本塁打、10盗塁、34打点、打率.292を記録した。

2015年東京ヤクルトスワローズとの開幕戦(3月27日・マツダスタジアム)で、「8番・遊撃手」としてスタメンに起用された。レギュラーシーズン全体では、一軍で自身初の規定打席に到達。打率.274、8本塁打、45打点、OPS.737の成績を残すとともに、リーグ1位の9三塁打、同4位の33二塁打を記録した。また、リーグ最多の22失策を記録する一方で、守備機会1985年高橋慶彦(723)に次ぐ球団歴代2位の710に達した。2試合制で実施された7月のオールスターゲームでは、セ・リーグの監督推薦選手として初出場。代走から登場した東京ドームでの第1戦(17日)で三塁打を放って1打点を挙げる[6]と、「8番・遊撃手」としてスタメンに起用されたマツダスタジアムでの第2戦(18日)でも3打数1安打2打点と活躍した[7]ことから、「チャレンジ精神と個性溢れるプレーで、2試合にわたってファンに夢や希望を届けた」として特別賞(Be a driver賞)を受けた[8]。11月に開催の第1回WBSCプレミア12では、日本代表の第1次候補選手として発表された[9]ものの、最終ロースターの28名に残らなかった[10]

 
打席での田中(2017/6/15 MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島 にて)

2016年、前年に現役を退いた東出輝裕一軍打撃コーチから、背番号2を継承[11]横浜DeNAベイスターズとの開幕戦(3月25日・マツダスタジアム)で「1番・遊撃手」としてスタメンに起用されたことを皮切りに、レギュラーシーズンの一軍公式戦全143試合でフルイニング出場を果たした。広島の遊撃手による一軍公式戦でのフルイニング出場は、1986年の高橋・1994年野村謙二郎に続いで3人目であった。レギュラーシーズン全体では、打率.265ながら、出塁率は.367(リーグ10位)、プロ入り後初の2桁本塁打(13本塁打)、39打点、28盗塁を記録。不動のリードオフマン(1番打者)として、チームを25年振りのリーグ優勝に導いた。7月19日の対中日ドラゴンズ戦(マツダ)では、新井貴浩鈴木誠也と共に3点本塁打を記録。広島の選手が一軍公式戦で1試合に3点本塁打を3本放った事例は、球団史上36年振りであった[12]。優勝マジック1で迎えた9月10日の読売ジャイアンツ戦では4出塁・2得点を記録し、最後の打者となった亀井善行のショートゴロをさばいた。ポストシーズンでは、DeNAとのクライマックスシリーズ ファイナルステージ全4試合(マツダ)に、「1番・遊撃手」としてスタメン出場。打率.833(12打数10安打)、1本塁打、4打点、出塁率.882、長打率1.333、OPS2.215、6打数連続安打、9打席連続出塁という好成績によって、チームのステージ突破・日本シリーズ進出へ大きく貢献するとともに、クライマックスシリーズの最優秀選手に選ばれた[13]

2017年、NPBのオープン戦期間中に催された第4回ワールド・ベースボール・クラシックの本大会に、日本代表の一員として[14]3試合に出場。代表に選ばれていた今宮健太福岡ソフトバンクホークス)・中島卓也北海道日本ハムファイターズ)両内野手の辞退による追加招集[15]であったため、代表の28選手で最後に選ばれながらも、大会通算で打率.250(8打数2安打)、2盗塁、2得点を記録した。レギュラーシーズンでは前年に続いて、一軍の「1番・遊撃手」に定着。オールスターゲームには、セ・リーグの監督推薦選手として2年振り2回目の選出を果たした[16]。シーズンでもホームランこそ前年より減少したものの、前年に続き二年連続の全試合フルイニング出場をマークし、さらに、盗塁王(35盗塁)に加えチームメートの丸にわずかの差で上回る形で最高出塁率の2つのタイトルを獲得した。最高出塁率と盗塁王の同時獲得はイチロー山田哲人に次いでNPB史上3人目の快挙である。打席数もリーグ1位、失策数、盗塁死はリーグワーストとなり形は違えど5部門の項目でリーグ1位になった。またプロ4年目で初のベストナインに選出された。

 
広島市内でのセ・リーグ優勝パレード(2017/11/25)

2018年、この年もレギュラーシーズンの全143試合に出場。2015年4月1日の対DeNA戦(横浜)から始まった一軍公式戦連続フルイニング出場の記録を、568試合まで伸ばした[17]。打撃面では、中盤戦まで打率が.250前後にとどまるほどの不振で、8月中旬から1ヶ月ほど1番を外れた[18]。走塁面では、32盗塁を記録しながら、2年連続盗塁王獲得のチャンスをわずか1個差で山田哲人にさらわれた。さらに、リーグ最多の13盗塁死を記録した。その一方で、守備面では、全143試合で失策数を7にとどめたことを背景に、セ・リーグの遊撃手部門で初めてのゴールデングラブ賞を受賞した。なお、リーグ3連覇を経て迎えたクライマックスシリーズでは、実弟の俊太が所属する巨人とファイナルステージで対戦。第1戦では、同シリーズ史上初めての兄弟対決も実現した。このステージの突破を経て臨んだ福岡ソフトバンクホークスとの日本シリーズでは、「1番・遊撃手」として全6試合にフルイニング出場するとともに、打率.320をマーク。盗塁を3度試みたが、ソフトバンクの捕手・甲斐拓也に全て阻止されたため、盗塁死の日本シリーズ最多タイ(6試合のシリーズでは最多)記録を残す羽目になった[19]

2019年、レギュラーシーズンの開幕から極度の打撃不振に陥ったが、前半戦は打順を頻繁に変更しながら、フルイニング出場を続けていた。6月20日の対ロッテ戦(マツダ)では、新人の小園海斗が「1番・遊撃手」としてスタメンに起用されたため、フルイニング連続出場の記録が635試合でストップ。8回裏に代打で出場した[20]ものの、翌21日の同カードを欠場したことによって、連続出場記録も636試合で止まった[21]。一軍公式戦には通算で93試合に出場したが、打率1割9分3厘、3本塁打、27打点、8盗塁という低調な成績で、8月22日に出場選手登録を抹消。シーズン終盤の同月29日には、右膝半月板部分切除手術を受けた[22]

プレーの判定をめぐるエピソード編集

広島への入団後は、自身の打球や走塁をめぐって、以下のようなハプニングに遭遇している。

プロ初本塁打がビデオ判定編集

2014年4月24日の対東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)2回表の打席でライトポール際にフェンスを越える飛球を放った。当初は本塁打と判定されたが、ヤクルト監督の小川淳司ビデオ判定(リプレー映像による検証)を要求。審判団がリプレー映像で打球を検証した結果、当初の判定通り本塁打と判定されたため、田中のプロ入り初本塁打が正式に認められた。

ちなみにこの年には、5月26日の埼玉西武ライオンズ戦(みよし運動公園野球場)8回裏の打席で、プロ入り後2本目の本塁打を放った。この打球もライトポール際へ飛んだため、本塁打と判定した審判団に対して、西武監督の伊原春樹が抗議。しかし、ビデオ判定の体制が整っていない地方球場で開催された試合であったため、当初の判定通り本塁打と認められた。

幻の本塁打編集

2015年9月12日の対阪神タイガース戦(阪神甲子園球場)延長12回表の打席では、左中間のフェンスを越える大飛球を放ったにもかかわらず、審判団によるビデオ判定の末にインプレー(三塁打)とみなされた。試合自体は2-2の引き分けで終了したが、広島球団では試合後に、セントラル・リーグに対してビデオ映像の再検証を要求。同リーグでは、当該審判団(責任審判:東利夫三塁塁審)および友寄正人審判長・杵渕和秀統括による再検証を経て、同月14日に「本塁打の誤審」と認定した[23]NPB公式戦でのビデオ判定(2010年導入)に対する初めての誤審認定[24]であったことから、セントラル・リーグでは関係者への謝罪コメントも発表したが、記録の訂正までには至らなかった[25]

この年の広島は、レギュラーシーズンを69勝71敗3分で終了。先に全日程を終了した阪神と0.5ゲーム差の4位にとどまったため、クライマックスシリーズ(CS)進出を逃した。前述の試合で広島が阪神に勝利していれば、広島のレギュラーシーズン通算成績(70勝71敗2分)が阪神(70勝72敗1分)を上回ることによって、広島がレギュラーシーズン3位でCSへ進出していた。

本塁への走塁をめぐる日本シリーズ初のビデオ判定編集

NPBでは、2016年のオープン戦から、本塁上のクロスプレーを対象にコリジョンルールを導入。本塁上のクロスプレーに対する球審の判定に疑義が生じた場合にも、監督の抗議や審判団の判断によるビデオ判定が可能になった。

広島は、この年の日本シリーズで、パシフィック・リーグ優勝の北海道日本ハムファイターズと対戦。10月23日の第2戦(マツダ)では、1-1の同点で迎えた6回裏の第3打席に先頭打者として二塁打で出塁した田中が、次打者・菊池涼介の左前安打で二塁から本塁へ突入したが、球審の白井一行は、「日本ハム捕手・大野奨太から田中へのタッチが早かった」という判断で田中にアウトを宣告した。

この判定に対して、広島の緒方孝市監督が、審判団にビデオ判定を要求。田中の左手が大野のタッチより先に本塁に触れていることがリプレー映像で判明したため、責任審判の丹波幸一は、田中の得点と無死走者二塁での試合再開を認めた。日本シリーズにおけるビデオ判定は史上2例目だが、本塁でのクロスプレーに対してビデオ判定を実施したことや、審判による最初の判定がビデオ判定で覆ったことはいずれも初めてであった[26]

外野フェンスを直撃した打球が行方不明に編集

2017年6月23日の対阪神戦(マツダスタジアム)1回裏の第1打席で、阪神の先発ランディ・メッセンジャーから放った打球は、左翼手・福留孝介が頭上にかざしたグラブをかすめた末に外野のラバーフェンスを直撃。審判団はこの打球をいったん本塁打と判定したが、打球の行方が分からない状況での判定であったことから、阪神の首脳陣は審判団にビデオ判定を要求した。

審判団がリプレー映像で確認したところ、ラバーに生じていた小さな裂け目[27]からフェンスの内部へ打球が飛び込んでいたことが判明したため、審判団はこの打球を二塁打とみなして試合を再開した[28]。6月24日も同カードの開催を控えていたことから、広島球団では試合後に急遽裂け目を修復した[29]

ちなみにマツダスタジアムでは、毎年のシーズン終了後に外野フェンスを張り替えている。ラバーに用いられている素材が柔らかく、外野手がフェンスに登って捕球する練習などで傷が付きやすいことによる。田中によれば、「以前の守備練習で、チームメイトの松山竜平外野手がラバーフェンスに登っての打球処理を試みた際に、スパイクの刃がラバーに当たった影響で偶然裂けた」という[30]。また、責任審判の橘高淳は試合後に、「捕球を試みた福留の姿と打球の軌跡が重なったうえに、打球が見当たらなかっため、『ひとまず本塁打と判定してから、すぐにリプレー検証へ入ろう』と判断した。(審判を担当した試合で)打球がラバーを抜けたシーンに遭遇したことがなかったので、まさか『ラバーをぶち破る』とは思っていなかったが、打球を確認する意味でもいったん本塁打と判定した」と述べている[30]

弟・俊太とのクロスプレーをめぐるリプレー検証編集

自身と同じ東海大相模高校・東海大学のOBである実弟の俊太は、日立製作所を経て、2018年に巨人へ入団。広輔が広島の「8番・遊撃手」、俊太が巨人の「1番・三塁手」としてスタメンで出場した2019年5月25日の直接対決(東京ドーム)では、4回表(広島の攻撃中)に広輔が四球での出塁を皮切りに二塁まで到達すると、俊太が守る三塁への盗塁を試みた。広輔の右足が三塁へのオーバーランによって三塁ベースから一瞬離れたところ、小林誠司捕手からの送球を受けた俊太が、広輔の右足へすかさずタッチ。三塁塁審の丹波は、広輔が三塁へ到達した時点でいったんセーフを宣告していながら、俊太のタッチプレーをきっかけに判定をアウトへ変更した。

丹波による判定の変更に対して、広島の首脳陣は、2018年シーズンからNPBの一軍公式戦に導入されているリクエスト制度を通じて審判団にビデオ判定(リプレー検証)を要求。審判団によるリプレー検証の結果、広輔が俊太からのタッチより先に右足を三塁ベースへ戻していたことが映像で確認されたため、丹波の判定はセーフに覆った。

ちなみに2019年には、レギュラーシーズンの開幕カードに広島対巨人3連戦(マツダスタジアム)が組み込まれたばかりか、広輔・俊太とも開幕から一軍に登録。 3月29日には、広輔が広島の「1番・遊撃手」、俊太が巨人の「7番・三塁手」として、開幕戦では初めてのスタメン同時出場を果たした。5月10日には、広輔が同スタジアムでの対DeNA戦でシーズン初本塁打、俊太が東京ドームでの対ヤクルト戦で2号満塁本塁打を放ったことによって、「NPBで別々の球団に所属する兄弟選手による同日開催の一軍公式戦でのアベック本塁打」という珍しい記録も達成している[31]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2014 広島 110 333 295 44 86 11 2 9 128 34 10 3 5 5 24 0 4 68 6 .292 .348 .434 .781
2015 141 590 543 61 149 33 9 8 224 45 6 7 5 1 34 2 7 105 8 .274 .325 .413 .737
2016 143 679 581 102 154 17 3 13 216 39 28 19 3 1 77 1 17 119 1 .265 .367 .372 .739
2017 143 679 565 105 164 32 5 8 230 60 35 13 6 4 89 2 15 120 5 .290 .398 .407 .805
2018 143 675 572 92 150 19 10 10 219 60 32 13 6 5 75 3 17 118 6 .262 .362 .383 .745
2019 97 355 311 33 60 13 0 3 82 27 8 3 4 6 32 2 2 89 4 .193 .268 .264 .531
通算:6年 777 3311 2867 437 763 125 29 51 1099 265 119 58 29 22 331 10 62 619 30 .266 .352 .383 .736
  • 2019年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

WBCでの打撃成績編集

















































2017 日本 3 9 8 2 2 0 0 0 2 0 2 0 0 0 1 0 0 1 0 .250 .333 .250

年度別守備成績編集



二塁 三塁 遊撃




































2014 広島 2 1 1 0 0 1.000 39 11 73 1 10 .988 60 82 141 7 30 .970
2015 - - 141 212 476 22 79 .969
2016 - - 143 224 467 18 97 .975
2017 - - 143 207 467 16 91 .977
2018 - - 143 194 449 7 87 .989
2019 - - 96 116 241 9 52 .975
通算 2 1 1 0 0 1.000 39 11 73 1 10 .988 726 1035 2241 79 436 .976

タイトル編集

表彰編集

記録編集

初記録
その他の記録
  • 635試合連続フルイニング出場(2015年4月1日 - 2019年6月19日)
  • オールスターゲーム出場:3回(2015年、2017年 - 2018年)

背番号編集

  • 63(2014年 - 2015年)
  • 2(2016年 - )

登場曲編集

代表歴編集

著書編集

  • アグレッシブベースボールマガジン社、2016年9月。ISBN 978-4583110912

関連情報編集

出演編集

CM

脚注編集

  1. ^ 広島 - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2019年1月31日閲覧。
  2. ^ “巨人5位で広島田中の弟指名!日立製作所・田中俊太”. 日刊スポーツ. (2017年10月26日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201710250000050.html 2017年12月7日閲覧。 
  3. ^ 広島東洋カープ・田中広輔選手が市長を表敬 厚木市(2017年12月29日)
  4. ^ “黙々と練習、勝利の初安打 桐光学園・山野周選手”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2007年7月30日). https://vk.sportsbull.jp/koshien/89/kanagawa/news/TKY200707300144.html 
  5. ^ a b 『中国新聞』2014年1月19日朝刊
  6. ^ 2015年度マツダオールスターゲーム 試合結果(第1戦)
  7. ^ 2015年度マツダオールスターゲーム 試合結果(第2戦)
  8. ^ マツダオールスターゲーム2015 フォトギャラリー(第2戦)
  9. ^ トップチーム第一次候補選手発表!11月に行われる「WBSC世界野球プレミア12」へ向けて65名が名を連ねる 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト(2015年7月16日)同年8月4日閲覧
  10. ^ 「WBSC プレミア12」侍ジャパントップチーム最終ロースター28名発表!! 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト(2015年10月9日)同年11月11日閲覧
  11. ^ 背番号変更選手 および 新入団選手背番号のお知らせ 広島東洋カープ公式サイト(2015年11月27日)[リンク切れ]
  12. ^ 広島 3ラン3発は36年ぶり、緒方監督「きょうは打線でしょう」 デイリースポーツ 2016年7月19日
  13. ^ “広島“大のビール党”広輔 MVP打率.833「今日は2本、長い方で」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2016年10月16日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/10/16/kiji/K20161016013542400.html 2016年10月16日閲覧。 
  14. ^ “2017 WORLD BASEBALL CLASSIC™出場選手に田中広輔を追加”. 野球日本代表オフィシャルサイト. (2017年1月28日). http://www.japan-baseball.jp/jp/news/press/20170128_1.html 2017年7月2日閲覧。 
  15. ^ “日本代表選手リスト:田中広輔”. 野球日本代表オフィシャルサイト. http://www.japan-baseball.jp/jp/profile/201701003.html 2017年7月2日閲覧。 
  16. ^ マイナビオールスターゲーム2017 出場者”. 日本野球機構 (2017年7月3日). 2017年7月11日閲覧。
  17. ^ 広島田中が阪神鳥谷、衣笠氏の鉄人記録W更新に挑む - プロ野球 : 日刊スポーツ” (日本語). 日刊スポーツ (2018年12月8日). 2019年6月22日閲覧。
  18. ^ ベースボール・マガジン社『週刊ベースボール』2018年10月1日号 pp.13.
  19. ^ 打率.143でMVP 鷹・甲斐が盗塁を刺し続け、多くの記録が刻まれた日本シリーズ”. Full-Count. Creative2 (2018年11月4日). 2018年11月4日閲覧。
  20. ^ 広島田中広輔が代打で出場 連続試合出場は継続”. 日刊スポーツ (2019年8月29日). 2019年6月20日閲覧。
  21. ^ 広島田中広輔「こだわりない」連続試合出場途絶える”. 日刊スポーツ (2019年6月21日). 2019年8月29日閲覧。
  22. ^ 広島田中広輔、来季見据え右膝半月板部分切除手術”. 日刊スポーツ (2019年8月29日). 2019年8月29日閲覧。
  23. ^ NPB誤審認め謝罪、甲子園での三塁打は本塁打 訂正せず スポーツニッポン(2015年9月14日)2016年3月2日閲覧
  24. ^ NPBが“幻弾”誤審認め謝罪 ビデオ判定導入後初 日刊スポーツ(2015年9月14日)同年11月11日閲覧
  25. ^ セ・リーグ、「誤審」認め異例の謝罪 甲子園での本塁打めぐり 産経ニュース(2015年9月14日)同年10月21日閲覧
  26. ^ 広島足で連勝「神ってる」日本シリーズ初リプレー決勝点 日刊スポーツ(2016年10月24日)
  27. ^ 広島・田中「消えた打球」で金庫ゲット!?フェンス広告は創業119年の老舗企業 スポーツニッポン(2017年6月29日)
  28. ^ 左翼フェンスで打球が消えた?! スポーツ報知(2017年6月23日)
  29. ^ 広島・田中のフェンス“直撃二塁打”の“犯人”は松山 夢プレー可能なマツダスタジアム サンケイスポーツ(2017年6月25日)
  30. ^ a b 広島田中の消えた二塁打「松山さんが空けた穴」 日刊スポーツ(2017年6月23日)
  31. ^ 「兄弟」絡むリプレー検証で、NPBの兄弟選手について考えた スポーツニッポン(2019年5月31日)
  32. ^ フレスタCMにカープ田中広輔、ハニカミ笑顔にキュン.広島ニュース 食べタインジャー(2017年3月8日).2017年5月11日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集