メインメニューを開く

筑後平野(ちくごへいや)は、福岡県久留米市を中心に広がる平野である。筑紫平野のうち、筑後川の左岸地域を特に指して呼ぶ名称。福岡県南部に広がり、広さは福岡県下では最大規模である。主にの生産が盛んであり、クリークと呼ばれる水路が発達している。

久留米市付近を境に北部を北野平野または両筑平野、南部を南筑平野と呼ぶ。古くから開発が進み、現在は国内有数の穀倉地帯で、イグサの栽培と加工、果樹・野菜の栽培や、清酒、家具、久留米絣その他の伝統工業が盛んである。

主な河川編集