糀谷駅

日本の東京都大田区にある京浜急行電鉄の駅

糀谷駅(こうじやえき)は、東京都大田区西糀谷四丁目にある京浜急行電鉄空港線である。駅番号KK12

糀谷駅
Kojiya-Sta.JPG
駅舎(2016年8月)
こうじや
Kōjiya
KK11 京急蒲田 (0.9km)
(1.0km) 大鳥居 KK13
所在地 東京都大田区西糀谷四丁目13-19
駅番号 KK12
所属事業者 京浜急行電鉄
所属路線 空港線
キロ程 0.9km(京急蒲田起点)
駅構造 高架駅
ホーム 相対式 2面2線
乗降人員
-統計年度-
28,843人/日
-2019年-
開業年月日 1902年明治35年)6月28日
テンプレートを表示

年表編集

  • 1902年明治35年)6月28日 - 京浜電気鉄道の穴守線(現空港線)として蒲田駅(現京急蒲田駅) - 穴守駅(現穴守稲荷駅)の開通と同時に開業。
  • 1992年平成4年)4月26日 - 駅舎改築工事完了。
  • 1993年(平成5年)4月1日 - 羽田駅(現天空橋駅)延伸開業に合わせて、都心方面との直通運転開始。
  • 1994年(平成6年)12月10日 - ホーム有効長の8両編成対応延長工事が完了[1]
  • 2005年(平成17年)12月1日 - 京急蒲田駅付近連続立体交差事業の進捗により、駅舎を仮駅舎に移設。
  • 2007年(平成19年)
    • 3月3日 - 京急蒲田駅付近連続立体交差事業の進捗により、京急蒲田寄りの下りホームを北側に線形変更。
    • 11月17日 - 京急蒲田駅付近連続立体交差事業の進捗により、同日夜をもって跨線橋の下り線大鳥居側の階段を閉鎖、撤去。
    • 11月18日 - 京急蒲田駅付近連続立体交差事業の進捗により、京急蒲田寄りの上りホームを北側に線形変更。
  • 2008年(平成20年)
    • 3月2日 - 京急蒲田駅付近連続立体交差事業の進捗により、大鳥居寄りの下りホームを北側に線形変更。
    • 4月6日 - 京急蒲田駅付近連続立体交差事業の進捗により、大鳥居寄りの上りホームを北側に線形変更。
    • 4月22日 - 京急蒲田駅付近連続立体交差事業の進捗により、南口改札を京急蒲田駅寄りに移設。
    • 9月25日 - 京急蒲田駅付近連続立体交差事業の進捗により、同日夜をもって跨線橋を閉鎖、撤去。
  • 2010年(平成22年)5月16日 - 京急蒲田駅付近連続立体交差事業の進捗により、上り線ホーム高架化[2]。同時に京急蒲田駅 - 大鳥居駅が単線並列区間となる。同時にダイヤ改正が実施され、エアポート急行の停車駅となる[2]
  • 2012年(平成24年)10月21日 - 京急蒲田駅付近連続立体交差事業の進捗により、下り線ホーム高架化完成[3]。同時に、単線並列区間が当駅まで短縮される。
  • 2017年(平成29年)3月 - 京急蒲田駅付近連続立体交差事業完了[4]

駅名の由来編集

駅名は開業当時の地名「糀谷」による。「糀谷」は東糀谷西糀谷に東西分割されたため、地名としての「糀谷」は現存しない。「糀谷」の名称は当駅の他、「糀谷商店街」「糀谷幼稚園」「大田区立糀谷小学校」「大田区立糀谷中学校」といった施設などの名称に名残がみられる。ちなみに、北糀谷は「糀谷」から分割された地域ではなく「北糀谷町」という名称で元から独立している地域である。

駅構造編集

相対式ホーム2面2線を有する高架駅で、東西に長い。

かつては地上駅部分のみで、南北のホームはこれまで跨線橋で連絡していたが、空港線京急蒲田 - 大鳥居間の連続立体交差事業の進捗に伴い2008年9月25日に撤去されたため、改札内での各ホーム間の移動は一時的に不可能となった。2012年10月21日に現在の形となり、改札内でのホーム間の移動も可能となった[5]改札口は羽田空港寄りに設置されている[5]

京急蒲田 - 当駅間は単線並列区間となっているが、2012年の下り線高架化時に当駅と京急蒲田駅の間に分岐器(シーサスクロッシング)が挿入されたため、当駅のホームそのものは方向別運用となっている。なお、現在の「単線並列」と言われる区間は京急蒲田駅構内である。2010年の上り線先行高架化時は単線並列区間が京急蒲田駅 - 大鳥居駅間となっており(大鳥居駅の京急蒲田寄りのシーサスクロッシングを使用していた)、1階の1番線に本線基準で下りとなる列車(京急川崎・横浜方面行きと品川方面からの羽田空港行き)が、2階の2番線に本線基準で上りとなる列車(品川方面行きと京急川崎・横浜方面からの羽田空港行き)がそれぞれ発着していた。

のりば編集

番線 路線 方向 行先
1   空港線 下り   羽田空港方面
2 上り 品川方面 / 横浜方面
  • 前述の2012年10月21日のダイヤ改正で、日中と土休日夜間の品川方面のエアポート急行は快特へ格上げされ、また横浜方面のエアポート急行が10分間隔での運行となっている。このため、当該時間帯に当駅から都営浅草線新橋方面へ乗車、または品川・都営浅草線方面から当駅で下車するには、京急蒲田駅で横浜方面からのエアポート急行に乗換えが必要となる。

利用状況編集

2019年(令和元年)度の1日平均乗降人員28,843人である[6]。京急線全72駅中24位。

近年の1日平均乗降乗車人員の推移は下表の通り。

年度別1日平均乗降・乗車人員[7]
年度 1日平均
乗降人員[8]
1日平均
乗車人員[9]
出典
1990年(平成02年) 9,811 [* 1]
1991年(平成03年) 9,691 [* 2]
1992年(平成04年) 9,605 [* 3]
1993年(平成05年) 9,721 [* 4]
1994年(平成06年) 9,907 [* 5]
1995年(平成07年) 9,967 [* 6]
1996年(平成08年) 9,775 [* 7]
1997年(平成09年) 9,411 [* 8]
1998年(平成10年) 9,337 [* 9]
1999年(平成11年) 9,303 [* 10]
2000年(平成12年) 9,614 [* 11]
2001年(平成13年) 9,710 [* 12]
2002年(平成14年) 9,778 [* 13]
2003年(平成15年) 20,320 10,082 [* 14]
2004年(平成16年) 20,578 10,219 [* 15]
2005年(平成17年) 21,118 10,493 [* 16]
2006年(平成18年) 21,845 10,866 [* 17]
2007年(平成19年) 22,452 11,156 [* 18]
2008年(平成20年) 23,138 11,493 [* 19]
2009年(平成21年) 22,626 11,233 [* 20]
2010年(平成22年) 22,294 11,076 [* 21]
2011年(平成23年) 21,862 10,855 [* 22]
2012年(平成24年) 22,369 11,110 [* 23]
2013年(平成25年) 23,512 11,666 [* 24]
2014年(平成26年) 23,834 11,811 [* 25]
2015年(平成27年) 24,909 12,333 [* 26]
2016年(平成28年) 25,429 12,614 [* 27]
2017年(平成29年) 26,918 13,326 [* 28]
2018年(平成30年) 27,990 13,849 [* 29]
2019年(令和元年) 28,843

駅周辺編集

周辺は住宅地で、駅前の空間は南北ともに狭い。東側に線路と交差して伸びる、おいで通り糀谷商店会があり、テレビドラマCMロケーション撮影に使用されることがある。北側には朝6時からの営業と黒湯温泉で知られる銭湯「幸の湯」がある。

当駅の高架化(京急蒲田駅付近連続立体交差事業)に合わせて駅の南側(空港線と環八通りに挟まれた区画)で再開発が計画され、2017年3月に竣工した[10]

バス路線編集

最寄りのバス停留所は糀谷駅となる。以下の路線が発着し、京浜急行バスにより運行されている。各路線の詳細は大森営業所もしくは羽田営業所を参照。

  • <蒲30> 国際線ターミナル行(早朝・深夜のみ)
  • <蒲31> 六間堀経由 羽田空港・羽田車庫(夜間のみ)行
  • <蒲33> 羽田車庫行
  • <蒲35> 東糀谷六丁目行
  • <蒲36> 森ケ崎
  • <蒲30・蒲31・蒲33・蒲35・蒲36> 蒲田駅

隣の駅編集

京浜急行電鉄
  空港線
エアポート快特快特
通過
特急・エアポート急行・普通
京急蒲田駅 (KK11) - 糀谷駅 (KK12) - 大鳥居駅 (KK13)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ “京急 空港線の輸送力増強 ホーム延伸、8両対応に”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (1994年12月5日) 
  2. ^ a b “5月16日(日)ダイヤ改正を実施します 都心への混雑緩和を目指します! 羽田空港国際化に向け、都心・横浜方面へのアクセスがますます便利に!” (日本語) (プレスリリース), 京浜急行電鉄, (2010年5月7日), オリジナルの2013年5月18日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20130518142039/http://www.keikyu.co.jp/company/news/2010/detail/001319.html 2020年5月11日閲覧。 
  3. ^ “10月21日(日)始発から京急蒲田駅など5駅の下り高架ホームを使用開始 京急蒲田駅付近の上下線が全線高架化します!” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 京浜急行電鉄, (2012年7月17日), オリジナルの2013年4月6日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20130406043832/http://www.keikyu.co.jp/company/20120717HP%E3%80%80%E9%AB%98%E6%9E%B6%E5%88%87%E6%9B%BF%E6%97%A5%E7%99%BA%E8%A1%A8%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%EF%BC%88%E7%A2%BA%E5%AE%9A%E7%89%88%EF%BC%89.pdf 2020年5月11日閲覧。 
  4. ^ 鉄道ピクトリアル』2017年8月号 (No.935) p192 - p197、電気車研究会
  5. ^ a b 糀谷駅 | 路線図・各駅情報 - 京浜急行電鉄
  6. ^ 京急グループ会社要覧 2019 - 2020 (PDF)”. 京浜急行電鉄. p. 35. 2019年12月31日閲覧。
  7. ^ 大田区政ファイル - 大田区
  8. ^ レポート - 関東交通広告協議会
  9. ^ 東京都統計年鑑 - 東京都
  10. ^ 「糀谷駅前地区第一種市街地再開発事業」竣工式典”. 株式会社UD consultants (2017年3月27日). 2017年10月9日閲覧。

出典編集

東京都統計年鑑

関連項目編集

外部リンク編集