メインメニューを開く

細川 潤次郎(ほそかわ じゅんじろう、1834年3月11日天保5年2月2日) - 1923年大正12年)7月20日[2])は、幕末土佐藩藩士、明治大正時代法制学者[3][4]教育者男爵幼名は熊太郎、は元(はじめ)[4]十洲した[3]

細川 潤次郎
Baron Hosokawa, acting chancellor of Gakushuin.jpg
誕生 (1834-03-11) 1834年3月11日天保5年2月2日
土佐国高知城下南新町(現・高知県高知市桜井町)
別名 十洲、吾園()、習、元
死没 (1923-07-20) 1923年7月20日(89歳没)
墓地 谷中霊園東京都台東区
職業 洋学者法制学者官僚教育者
国籍 日本の旗 日本
教育 文学博士(日本・1909年)
代表作 『細川頼之補伝』(1891年)
『山内一豊夫人若宮氏伝』(1892年)
テンプレートを表示
細川 潤次郎

在任期間 1893年11月10日 - 1923年7月20日

選挙区勅選議員
在任期間 1891年9月29日[1] - 1893年11月13日

在任期間 1880年3月8日 - 1881年11月12日
1883年6月5日 - 1886年3月29日

在任期間 1876年4月8日 - 1880年3月8日
1881年11月12日 - 1883年6月5日
1886年3月29日 - 1890年10月20日

日本の旗 左院少議官 / 中議官 / 二等議官
在任期間 1871年12月10日(明治4年10月28日) - 1872年3月27日(明治5年2月19日
1872年3月27日(明治5年2月19日) - 11月8日10月8日
1872年11月8日(明治5年10月8日) - 1875年4月14日
テンプレートを表示

政治的要職としては司法大輔貴族院副議長位であったが、日本の近代法導入の功績に関しては江藤新平と並んで高く評価されている。また、福沢諭吉に明治新政府に出仕するよう最後まで説得にあたった。

目次

生涯編集

幕末土佐藩編集

天保5年(1834年)、土佐藩に仕える儒者細川延平の次男として生まれる[3]。藩校で優秀な成績を修め、土佐藩の三奇童の一人と謳われた[3](他の二名は岩崎馬之助(秋溟)、間崎哲馬(滄浪))。

幕末の緊張する内外の情勢に関心を持ち、安政元年(1854年)には長崎に遊学して高島秋帆に入門し、兵学砲術を学んだ[3]。帰郷後の安政5年(1858年)には、藩命により江戸海軍操練所でも勉学に励み、航海術を習得した[3]。また、この時期に中浜万次郎の知遇を得て英語も併せて学ぶようになった[3]

帰藩後、吉田東洋にその才覚を認められて山内容堂の侍読及び藩校教授として洋学を教えた。また、吉田東洋政権の下での藩政改革に関わり、松岡時敏福岡孝弟らとともに土佐藩の新しい藩法である「海南政典」・「海南律例」の編纂に参加する[3]

明治維新後編集

明治政府に出仕して開成学校権判事を務めている[3]新聞紙条例[4]出版条例[4]戸籍法の起草に参加する。その深い法律知識を見込まれて民部省に入った。1870年平民苗字を許す規定を提案したのは細川である。続いて同省から分離した工部省に移る。明治4年(1871年)にはサンフランシスコ博覧会の視察を目的にアメリカに渡り、そのまま同国に留学する[3]

帰国後は文部省元老院と移り、柳原前光福羽美静中島信行とともに「国憲取調委員」に任じられる。ここで彼は「法律起草のエキスパート」としての能力を発揮して、刑法治罪法海軍刑法・日本海令草案・医事法薬事法起草の中心人物として活躍する。

1876年(明治9年)元老院議官に選ばれ[3]、また、1881年には司法大輔となる。

1890年(明治23年)には貴族院勅撰議員となり[3]、同年10月20日、錦鶏間祗候となる[5]。1893年(明治26年)に枢密顧問官となり、死去までその席にあった[3]。1900年(明治33年)5月、勲功によって男爵を授けられた[3][6]

教育者として編集

教育者としては、明治初年に開成学校権判事を務め、その基礎を固めている[3]

女子高等師範学校校長を務める。女子高等師範学校付属女学校・付属高等学校(現:お茶の水女子大学附属高等学校)の同窓会組織で明治24年に設立された「作楽会」の名称は、細川によるものである[7]。その後学習院院長心得などを歴任する[3]

古事類苑』の編纂総裁を務めた[3]。新しい印刷農業技術の紹介などに力を尽くして、晩年には文学博士帝国学士院会員の称号が贈られた。

著作集に、『十洲全集』全3巻がある[3]

家族・親族編集

妻は西村勇之進の長女、正(まさ、1844年 - 1918年)。

平成新修旧華族家系大成』によれば4男4女。長男の一之助(かつのすけ)が大山巌の二女である芙蓉子(ふよこ)を、三男の源三郎(げんざぶろう)が青山幸宜の二女である孝子(たかこ)を、それぞれ夫人に迎えている。また、三女の滋(しげ)は黒井悌次郎夫人、四女の淑(よし)が山岡熊治夫人となった。

家督は長男の一之助(1871年 - 1945年)が継いだ。一之助の後は、婿養子となった細川直知(なおのり、奥田直恭の二男。1909年 - 1987年)が継ぎ、1947年の華族制度廃止を迎えている。

栄典編集

著作編集

  • 吾園随筆』 細川潤次郎、1886年10月(全3冊)
  • 十洲詩鈔』 細川潤次郎、1890年11月巻一-巻八 / 求林堂、1903年12月巻九-巻十二 / 西川忠亮、1909年6月巻十三-巻二十 / 1923年4月巻二十一-巻二十八
  • 茶橋録話女子高等師範学校、1893年5月 / 第二編 / 1894年3月第三編
  • 女教一斑華族女学校、1896年1月 / 1896年7月第二編 / 1897年7月第三編 / 1899年1月第四編 / 第五編 / 1901年5月第六編
  • 『梧園歌集』 細川一之助、1914年(上下2冊)
  • 『梧園文集』 西川忠亮、1914年2月(上下2冊)
  • 『十洲文鈔』 細川一之助、1914年10月(全4冊)
  • 『十洲文鈔』 西川忠亮、1915年5月(全4冊)
  • 『十洲全集』 細川一之助、1926年6月-1927年10月(全3冊)
  • 『近代先哲碑文集 第卅五』 亀山聿三編、夢硯堂、1973年10月
  • 「吾園叢書」(国立国会図書館支部法務図書館所蔵)
著書・編書
訳書

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第2182号、明治23年10月6日。
  2. ^ 『平成新修旧華族家系大成』下、489頁では、没日を7月19日としている。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 細川潤次郎”. 朝日日本歴史人物事典(コトバンク所収). "014-03-19閲覧。
  4. ^ a b c d 細川潤次郎”. 日本人名大辞典+Plus(コトバンク所収). "014-03-19閲覧。
  5. ^ 『官報』第2195号、明治23年10月22日。
  6. ^ 『平成新修旧華族家系大成』下、490頁。
  7. ^ 東京女子高等師範学校歴代校長肖像画 細川潤次郎”. お茶の水女子大学デジタルアーカイブズ. お茶の水女子大学. "014-03-19閲覧。
  8. ^ 『官報』第678号「賞勲叙任」1885年10月2日。
  9. ^ 『官報』第994号「叙任及辞令」1886年10月21日。
  10. ^ 『官報』第4349号「叙任及辞令」1897年12月28日。
  11. ^ 『官報』第6490号「叙任及辞令」1905年2月21日。
  12. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1895年12月30日。
  13. ^ 『官報』号外「授爵叙任及辞令」1900年5月9日。

参考文献編集

関連文献編集

  • 「会員細川潤次郎ノ伝」(『東京学士会院雑誌』第13編第4冊、1891年4月)
  • 「細川十洲翁略伝」(『十洲全集 第三巻』 細川一之助、1927年10月)
  • 福島小夜子 「ある資料の運命 : 細川潤次郎旧蔵「吾園叢書」のこと」(『びぶろす』第19巻第11号、国立国会図書館図書館協力部、1968年11月、NAID 40007254353
  • 「吾園叢書目録」(『法務図書館図書月報』第20巻第1号、1969年9月)
  • 「細川潤次郎」(学習院大学史料館編 『旧華族家史料所在調査報告書 本編4』 学習院大学史料館、1993年3月)

外部リンク編集


公職
先代:
田中不二麿
(- 1906年)
  高等捕獲審検所長官
1914年 - 1920年
次代:
清水澄
(1941年 -)
先代:
股野琢
  文事秘書官長
1893年 - 1908年
次代:
内大臣秘書官長
股野琢
先代:
東久世通禧
  貴族院副議長
1891年 - 1893年
次代:
西園寺公望
先代:
玉乃世履
  司法大輔
1881年 - 1883年
次代:
河瀬真孝
日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
細川(潤次郎)家初代
1900年 - 1923年
次代:
細川一之助