メインメニューを開く
日本丸(名古屋港にて)

航海練習船(こうかいれんしゅうせん)は外洋での航海術を習得するために建造もしくは改装された練習船である。独立行政法人海技教育機構の帆船日本丸海王丸などがよく知られている。海上自衛隊においては練習艦海上保安庁においては練習船と呼称している。

目次

日本の主な練習船編集

 
銀河丸(名古屋港にて)

航海訓練所編集

帆船編集

蒸気タービン船編集

  • 大成丸 (3代) - 2014年(平成26年)に引退するまで航海訓練所で現役最年長の練習船だった。2004年(平成16年)2月に大改修工事を実施。世界唯一の蒸気機関の練習船だった。

ディーゼル船編集

大学・大学校・商船高専編集

 
汐路丸(隅田川にて)
 
海鷹丸(晴海埠頭にて)
 
神鷹丸(晴海埠頭にて)

そのほかに、水産高校海上技術学校においても練習船を保有している。

民間編集

一般社団法人グローバル人材育成推進機構編集

  • みらいへ - 1992年(平成4年)に進水。大阪市が所有していた練習帆船。当時の船名は「あこがれ」だった。一般市民も航海を体験できる。2014年(平成26年)からは神戸港を母港とする。

関連項目編集

外部リンク編集