メインメニューを開く

菅 孝行(かん たかゆき 1939年7月17日 - )は、日本評論家劇作家。『変革のアソシエ』運営委員・編集長、公益財団法人舞台芸術財団演劇人会議評議員、ルネサンス研究所運営委員、河合文化教育研究所研究員。元桐朋学園短期大学演劇専攻科非常勤講師(2004年まで)、元財団法人静岡県舞台芸術センター文芸部(2010年まで)、元河合塾小論文科講師(2016年まで)、元梅光学院大学特任教授(2017年まで)。父は菅晴次[1]

目次

概要編集

略歴編集

1939年東京都市谷に生まれる。 学習院初、中、高等科に進学。学習院での同級生は坂口芳貞松井康子、山中祥子、太田省吾、本田義勝、植村泰久、亀井久興[1]1962年東京大学文学部卒業。同年、東映に入社、東映京都撮影所で演出助手となる。1964年労働組合支部書記長となる。争議の後、1965年、CM/PR映画制作部門(東映京都製作所、TV制作会社 太秦映像の前身)に配転。1967年、退社、上京。以後、文筆業、予備校講師、公共劇場スタッフ、大学特任教授などを生業としてきた。

人物編集

天皇制批判の著作が多く、1983年の国営昭和記念公園開園反対運動以後、反天皇制の運動に関わってきた[2]

2018年刊の「三島由紀夫と天皇」では、三島の小説「金閣寺」の炎上する金閣や戯曲「サド侯爵夫人」の老醜をさらすサド侯爵などは昭和天皇メタファーであり、神と信じていた昭和天皇が人間宣言を行って生き延びたことへの批判が込められていると論じている。

著書編集

社会思想評論編集

  • 吉本隆明論」(第三文明社、1974年)
  • 「騒乱のフォークロア」(大和書房、1974年)
  • 「天皇論ノート」(田畑書店、1975年、1986年、明石書店から再刊)
  • 竹内好論」(三一書房、1976年)
  • 「反昭和思想論」(れんが書房新社、1977年)
  • 鶴見俊輔論」(第三文明社、1980年)
  • 全学連」(現代書館 For beginnersシリーズ イラスト版オリジナル12、1982年)
  • 「感性からの自由を求めて」(毎日新聞社、1982年)
  • マルクスと現代」(未来社、1982年)
  • 「天皇制」(現代書館 For beginnersシリーズ イラスト版オリジナル20、1983年)
  • 「賎民文化と天皇制」(明石書店、1984年)
  • 「女の自立・男の自由 性別役割分業の解体を求めて」(毎日新聞社、1984年)
  • 戦後民主主義の決算書」(農山漁村文化協会、1985年)
  • 「差別」(現代書館 For beginnersシリーズ イラスト版オリジナル38,1986年)
  • 「高度成長の社会史 暮らしの破壊40年」(農山漁村文化協会、1987年)
  • 「天皇制国家と部落差別 現代日本の統合と排除」(明石書店、1987年)
  • 9・11以後 丸山真男をどう読むか」(河合文化教育研究所、河合ブックレット、2004年)
  • 「菅孝行『天皇制論集』 第1巻 天皇制問題と日本精神史」(御茶の水書房、2014年)
  • 三島由紀夫と天皇」(平凡社新書、2018年)
  • 「天皇制と闘うとはどういうことか」(航思社、2019年4月20日)


演劇評論編集

  • 「死せる『芸術』=『新劇』に寄す」(書肆深夜叢書、1967年)
  • 「解体する演劇」(アディン書房、1974年、1981年、れんが書房新社から再刊)
  • 「続 解体する演劇」(れんが書房新社、1981年)
  • 「戦後演劇 新劇は乗り越えられたか」(朝日新聞社、1982年、2003年、社会評論社から増補版刊行)
  • 「想像力の社会史」(未來社、1983年)
  • 「戦う演劇人 戦後演劇の思想 鈴木忠志浅利慶太千田是也」(而立書房、2007年)

身体論編集

  • 「関係としての身体」(れんが書房新社、1981年)
  • 「身体論:関係を内視する」(れんが書房新社、1983年)

戯曲編集

  • 「ヴァカンス/ブルースをうたえ」(戯曲集、三一書房、1969年)
  • 「はんらん狂騒曲」(『現代日本戯曲体系 8』所収、三一書房、1972年)
  • 「いえろうあんちごうね」(アディン書房、1978年)

シナリオ編集

  • 「北村透谷 わが冬の歌」(「アートシアター129」1977年、「シナリオ代表選1977」所収、1978年)

大学受験参考書編集

共編著編集

  • 『近代日本の国家権力と天皇制』安丸良夫対談. 御茶の水書房 2014
  • 佐野碩 人と仕事」編(藤原書店、2014年)

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b 菅孝行「ことにおいて後悔せず 菅孝行の戦後史III 軍人の子」『映画芸術』2018年夏464号、pp.116-120
  2. ^ 「グローカル」684号(2005/09/12) -「昭和天皇記念館いらない宣言」大集会 [1]