藤枝駅

日本の静岡県藤枝市にある東海旅客鉄道の駅

藤枝駅(ふじえだえき)は、静岡県藤枝市駅前一丁目にある、東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線である。

藤枝駅
北口
北口
ふじえだ
Fujieda
CA21 西焼津 (3.3km)
(4.6km) 六合 CA23
所在地 静岡県藤枝市駅前一丁目1-1
駅番号 CA  22 
所属事業者 東海旅客鉄道(JR東海)
所属路線 CA 東海道本線
キロ程 200.3km(東京起点)
電報略号 フエ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
11,404人/日(降車客含まず)
-2016年-
開業年月日 1889年明治22年)4月16日
備考 駅長配置駅管理駅
みどりの窓口
テンプレートを表示

目次

歴史編集

駅構造編集

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを有する地上駅[11]。1番線が副本線、2・3番線が本線となっており、1番線は一部の上り普通列車(平日は1日3本、土休日は1日1本)がホームライナーを待避するために使用する。この他、数本の側線を持つ。駅の南北を結ぶ橋上駅舎を備える。

駅長駅員配置駅(直営駅)である。管理駅として、六合駅を管理している。駅舎内部にはJR全線きっぷうりばが設置されている[11]。また、1番線ホームに設置されているレンガ造りの油庫(ランプ小屋・危険品庫)は、貴重なフランドル積みの建造物である。(原駅 (静岡県) のそれも同様のフランドル積みである)[12]

のりば編集

番線 路線 方向 行先 備考
1・2 CA 東海道本線 上り 静岡沼津方面[13] 1番線は待避列車用
3 下り 浜松豊橋方面[13]  

南北自由通路整備と橋上駅舎改築により、完全バリアフリー化された。工事により、南北自由通路(パープルロード)に、エレベーター2基、エスカレーター4基、公衆トイレ(身体障害者対応トイレ)2か所、音声誘導システム、休憩コーナー1か所が整備された。また、橋上駅舎内にはエレベーター1基、エスカレーター2基、トイレ(身体障害者対応トイレ)が1か所整備された[11]

利用状況編集

「静岡県統計年鑑」によると、近年の1日平均乗車人員は以下の通りである。静岡県の駅では、静岡駅浜松駅三島駅沼津駅に次いで第5位。

年度 1日平均
乗車人員
1993年 15,598
1994年 14,786
1995年 14,565
1996年 14,842
1997年 14,273
1998年 13,845
1999年 13,329
2000年 13,171
2001年 13,121
2002年 12,668
2003年 12,351
2004年 12,195
2005年 12,120
2006年 11,939
2007年 11,775
2008年 11,643
2009年 11,405
2010年 11,470
2011年 11,336
2012年 11,443
2013年 11,708
2014年 11,414
2015年 11,502
2016年 11,404

駅周辺編集

藤枝宿とは北東に約3km離れている。

北口編集

南口編集

南口開発編集

藤枝市は「藤枝駅周辺にぎわい再生拠点施設整備事業」の一環として、市の所有する駅前南口の土地の開発計画についてコンペを行い、2006年に有限会社新日邦を事業者に選定した[14]。その後第1期事業と第2期事業に分けて再開発事業が行われた。なお正式なプロジェクト名は「藤枝駅南口西地区ABC街区開発事業」である[15]

第1期事業(A街区)として複合商業施設オーレ藤枝が2010年に開業した。施設は地上9階建でコンビニや飲食店などの商業施設に加え445台を収容する自走式駐車場からなる。またビルの壁面には大規模なLEDビジョン「オーレビジョン」が設置された[16]。第2期事業(B街区)としてはホテルオーレが整備され、2016年に開業した。地下1階・地上14階建で、ホテル館内にはレストランやサロンといった複数の商業施設が設けられている[17][18][19]。 オーレ藤枝・ホテルオーレともに施工は安藤ハザマ、設計・監理は松田平田設計がそれぞれ担当した[20][21]

隣の駅編集

※「ホームライナー静岡」「ホームライナー浜松」の隣の停車駅は東海道線 (静岡地区)を参照のこと。

東海旅客鉄道
CA 東海道本線
西焼津駅 (CA21) - 藤枝駅 (CA22) - 六合駅 (CA23)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「彙報 - 故肥田宮内省御料局長官履歴」『官報』1889年04月30日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ 吉村昭 『遠い幻影』 文藝春秋、1998年 発行、初版。ISBN 4167169363, 9784167169367。
  3. ^ 藤枝市教育委員会 『藤枝市史研究 第7号』 藤枝市教育委員会、2006年3月 発行、初版。
  4. ^ a b c d e 藤枝市教育委員会・鉄道OB会藤枝支部 『藤枝駅改築記念 トレインフェスタ イン ふじえだ』 藤枝市教育委員会・鉄道OB会藤枝支部、2007年3月 発行、初版、6頁。
  5. ^ 静岡県の事例紹介 藤枝駅北口”. 静岡県. 2018年2月10日閲覧。
  6. ^ “しずおか駅舎探訪(10)JR東海・藤枝駅(藤枝市)”. 静岡新聞. (2017年8月25日). http://www.at-s.com/news/article/featured/culture_life/station/394523.html 2018年2月10日閲覧。 
  7. ^ 八木洋行、野本寛一共編『写真集 明治大正昭和 藤枝』「汽車時間表」 - 明治39年ごろの汽車の回数が、意外と少なかったことが判る。
  8. ^ 八木洋行、野本寛一共編『写真集 明治大正昭和 藤枝』「藤枝駅ホーム」 - 明治時代にはホームの東西に3本ずつ、事務所の脇に4本の桜があって、藤枝駅は桜の名所として知られたという。
  9. ^ 八木洋行、野本寛一共編『写真集 明治大正昭和 藤枝』「馬車バス並走のころ」 - 駅前広場もにぎわい始めた昭和初年。馬車とバスが同居した不思議な時代である。
  10. ^ 八木洋行、野本寛一共編『写真集 明治大正昭和 藤枝』「藤枝駅夕景」 - 昭和10年ごろの駅前。
  11. ^ a b c 藤枝駅駅構内図
  12. ^ これイチ!藤枝 東海道線開通当時の油庫”. 藤枝市. 2018年2月10日閲覧。
  13. ^ a b 駅構内の案内表記。これらはJR東海公式サイトの各駅の時刻表で参照可能(駅掲示用時刻表のPDFが使われているため。2015年1月現在)。
  14. ^ 藤枝駅南口西地区ABC街区開発事業者の決定について (PDF)”. 藤枝市. 2017年11月30日閲覧。
  15. ^ オーレ藤枝・ホテルオーレ整備事業(藤枝駅南口ABC街区開発事業)について”. 藤枝市. 2017年11月30日閲覧。
  16. ^ 「オーレ藤枝」2月24日オープン (PDF)”. 2017年11月30日閲覧。
  17. ^ 藤枝駅南口開発B街区複合施設の整備について (PDF)”. 有限会社新日邦・藤枝市. 2017年11月30日閲覧。
  18. ^ 館内施設 ホテルオーレ 【公式】 藤枝駅南口直結”. HOTEL OLE. 2017年11月30日閲覧。
  19. ^ “JR藤枝駅周辺、開発進む 居住者、歩行者が過去最高 /静岡”. 毎日新聞. (2017年5月25日). https://mainichi.jp/articles/20170525/ddl/k22/010/151000c 2017年11月30日閲覧。 
  20. ^ 藤枝駅南口駅前に大型駐車場445台、プールを完備したフィットネスジム、商業施設が来春誕生。 (PDF)”. 有限会社新日邦. 2017年11月30日閲覧。
  21. ^ オーレ藤枝 第2期プロジェクト始動!”. ヨシコン. 2017年11月30日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集