メインメニューを開く

輝け!2005年お笑いネタのグランプリ

輝け!2005年お笑いネタのグランプリ』(かがやけにせんごねんおわらいネタのグランプリ)は2005年大晦日の20時から23時まで東京国際展示場(東京ビッグサイト)で3時間生放送された『エンタの神様』の拡張版ともいえる日本テレビ系列お笑い特別番組。出演芸人は30組。ほとんどの芸人が『エンタの神様』に出演経験がある。また、多くの芸人が『エンタの神様』で披露したネタをそのままやるか、少しアレンジしただけである。

輝け!
2005年お笑いネタのグランプリ
20030727 27 July 2003 Tokyo International Exhibition Center Big Sight Odaiba Tokyo Japan.jpg
ジャンル バラエティ番組 / 特別番組
演出 五味一男(総合演出、P兼任)
出演者 草野仁
久本雅美
菊川怜
赤坂泰彦
ほか
製作総指揮 田中宏史(制作)
プロデューサー 合田伊知郎、吉田絵
制作 日本テレビ
放送
音声形式 モノステレオ放送→モノラル放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2005年12月31日
放送時間 土曜日 20:00 - 23:00
放送分 180分
回数 1

目次

司会者編集

ネタの前に草野、久本、菊川とトークをする。その間にセットを組んだりする。時間がかかる場合にはCMが入る場合もある。

受賞者編集

出演芸人編集

レギュラーレイザーラモンHGペナルティはカウントダウンイベントの為、三重県志摩スペイン村からの生中継だった。また、カンニング竹山は授賞式には出席しなかった。(出演順)

その他編集

  • 安田大サーカスのネタ「松竹芸能若手芸人祭り」のときに出演した芸人のなかの一人が(全員ふんどし姿で登場した)陰毛を露出してしまうというハプニングが生じた。このことについてはほとんどの出演者が気づいていない様子だった。
  • 桜塚やっくんは、芸の内容上、ネタ時間の調整が比較的容易にできるため、審査員が大賞を選考している間にネタをやった。
  • 出演した芸人の中でペナルティとロバートのみ、本家の「エンタの神様」には1度も出演した事が無い。
  • 2005年までは当番組のようなエンタとは別のネタ番組が大晦日に放送されていたが、2006年からは大晦日に一番近い土曜日に『エンタの神様』の総集編を放送している。
  • サンドウィッチマンはこのときのネタがスベってしまったことがトラウマとなっており(当時の彼らは出演芸人の中でとりたてて知名度が低かった)、それ以降このネタを封印していたが、放送作家の秋元康からの提案のために2008年の単独ライブで再度披露させられる羽目になった。(詳しくはサンドウィッチマンの項を参照。)

スタッフ編集

※スタッフのほとんどは、『エンタの神様』とほぼ一緒である。