ロバート (お笑いトリオ)

日本のお笑いトリオ

ロバートは、吉本興業東京本社(東京吉本)に所属する秋山竜次馬場裕之山本博からなる日本お笑いトリオ1998年結成、NSC東京校4期出身。キングオブコント2011王者。

ロバート
ロバートi3F4A0223.jpg
左から山本博、秋山竜次、馬場裕之
メンバー
結成年 1998年
事務所 吉本興業
活動時期 1999年 -
出身 NSC東京校4期
出会い
  • 幼稚園(秋山・馬場)
  • NSC(山本)
旧コンビ名
  • ゼナイル(秋山・馬場)
  • 山本山崎(山本)
現在の活動状況 テレビ・ライブなど
芸種 コント、体ものまね
ネタ作成者 秋山竜次
過去の代表番組
同期
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
テンプレートを表示
ロバート
YouTube
チャンネル
活動期間 2020年6月 -
ジャンル お笑い、エンターテインメント
登録者数 約18.3万人
総再生回数 約1227万回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2022年7月4日時点。
テンプレートを表示

メンバー編集

名前 写真 立ち位置 生年月日 役割
秋山 竜次あきやま りゅうじ 中央 (1978-08-15) 1978年8月15日(43歳) ボケ[1](ネタによってはツッコミ)・ネタ作り
馬場 裕之ばば ひろゆき 右端 (1979-03-22) 1979年3月22日(43歳) ボケ[1]
山本 博やまもと ひろし 左端 (1978-09-05) 1978年9月5日(43歳) ツッコミ(ネタによってはボケ)

来歴編集

結成まで編集

秋山と馬場編集

  • 幼稚園から高校まで同じ学校に通う親友同士。秋山は当初、代官山でおしゃれな雑貨屋をやりたいという夢を抱いて上京するも雑貨屋の面接には落ち続け、NSCへの入学を決意。しかし1人では不安だったため地元の北九州市から人を呼ぼうとしたが、就職や進学が決まっている人が多くフリーターだったのは馬場だけであった。その馬場を「東京見物に来い」と誘い、帰りの電車代まで全部使わせ日雇いの仕事を20日ほど連続で入れた。秋山は馬場の稼いだお金を振り込ませ、NSC入学の手続きを済ませた。振り込んだ時点でそれを知らされた馬場と共にNSCへ入学した。
  • 博多華丸・大吉を見に、福岡に戻って勉強しに行ったこともある。
  • NSC在学中の秋山・馬場によるコンビは、秋山がボケで馬場がツッコミを担当していた。イベントに出るためのネタ見せの時だけ本気を出し、それ以外のネタ見せや演技・ダンスなどの授業は手抜き気味だったという。それでもイベントではトリを務めていた。NSCでは1人でのネタ見せもあったが、馬場は面白いことを言うなど考えもしなかったのでネタ見せ前日の夜に秋山が書いたネタを受け取り、それを当日読んでいた。
  • 馬場のツッコミが笑いながらでボケを殺してしまうものだったため、限界を感じツッコミを探す。一時は同期の板倉俊之(現・インパルス)を加えてトリオ『ゼナイル』をしばらく組んでいた。しかし、板倉がボケをやりたいと言い出したため解散。ゼナイルはネタ見せではウケるのだが、講師から毎回のように板倉がダメ出しをなされて「俺だってボケをやればもっと活きるんだ」という思いから板倉は脱退を決意した。秋山・馬場と仲違いをしたわけではないため、現在でも関係は良好[2]

山本編集

  • NSCでは学生時代の同級生である山崎とコンビ『山本山崎』を結成していた[3]。しかし山本をNSCへ誘った張本人である山崎が入学後わずか2か月で中退したため、山本は「ネタのないピン芸人」として様々な同期とコンビを組んで解散を繰り返し、彷徨っていた。当時、1日だけコンビを組んでは解散し続けていたためニックネームは「お笑いヤリマン」だった。
  • ゼナイルが解散して間もない頃、山本はウチコシくんという同期とコンビを組んでいた。山本たちが喫茶店にてネタ合わせしていた最中へ板倉が現れ、「解散したんだよねー」と告げた途端に山本はネタ合わせ中にも拘らず「こんなことしている場合じゃない!」と、秋山・馬場の元に急接近した[2]
  • 実は板倉も新しい相方の候補として山本を考えていたが、山本が露骨に秋山・馬場へ近づき始めたため板倉は「山本は秋山たちと組むんだな」と察して諦め、堤下敦インパルスを結成した。

トリオ結成以降編集

1998年12月、卒業公演のオーディションを直前に控え焦り気味でツッコミを探していた秋山が同い年の山本を加入させ、現在のトリオを結成。トリオ名の由来は「何となくダサいイメージのアメリカ人の名前」から。

2000年5月、フジテレビ新しい波8』に出演。2001年4月、同番組に出演した若手から選抜され新番組『はねるのトびら』のレギュラーへ抜擢される。この番組を足掛かりにブレイク、本人たち曰く「あまり挫折を経験していない感じ」。

2004年10月から『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』にレギュラー出演、番組の視聴率をアップさせるきっかけとなった「チキンレースクイズ」で最初にプレゼンを務めた。

秋山は潜水企画で非公式ながら日本男子歴代4位(当時)である75メートルという記録を出し、同番組の潜水企画が展開するきっかけを作った。この番組にてロバートは結成9年目でゴールデンタイムでの司会を務めた。

2011年、第4回キングオブコント優勝。決勝でファースト・セカンドステージ共に得点で1位、全体得点のランキング1位・2位を独占する「完全優勝」となった。第4回のエントリー総数3026組は現在でも史上最多である。

2012年10月12日、秋山・馬場の出身地である北九州市より、山本を含めたメンバー全員が観光大使に任命された[4]

2010年代以降は各々がピンでの活動も多く、秋山が憑依芸によるモキュメンタリーロバート秋山のクリエイターズ・ファイル』、馬場が特技である料理を活かした料理番組のレギュラー、山本がプロボクサーのライセンス取得などそれぞれ多方面での活躍が目立つ。

性格編集

雑誌『ザテレビジョン』(2006年9月8日号)の『Qさま!!』特集では、精神科医により3人のキャラクターが次のように分析された。

秋山
行動力・判断力・集中力の強いアクティブタイプ(ただし典型的タイプではない)。目力が強く、理性的で意外に二枚目な“ハンター的な目”をしている。ハンターには所有欲が強い人が多い。
馬場
子供の部分が残るバランスタイプ。責任をもたされると怖がってプレッシャーに負けそうになる。自己陶酔的なロマンタイプが混じっているため、さらに精神的な弱さがある。
山本
勉強家のシミュレーションタイプ。地味な努力を重ねて物事を計画的に進められるが、ハプニングに弱い。義務感や責任感が強く基本に忠実。地味なシミュレーションタイプは芸能人には珍しいが、山本はうまく中立の立場がとれるためコンビではなくトリオで成功した。

放送作家の鈴木おさむは、ハリセンボンと共にロバートを「芸人さんって売れると、大体の人が、先輩や周りから妬みそねみも含めて、陰口たたかれたりするものですが…僕が知る限り、この2組だけは、本当に、悪いことを言う人がいない」と評している[5]

芸風編集

秋山・馬場のキャラクターを全面に押したコントが特徴。チラシを持った山本が教室やセミナーに訪れ、秋山演じる強烈なキャラの“主宰”が登場してそこに秋山の生徒あるいは弟子を演じる馬場も現れて、山本が困惑しながら「なんだぁ〜?」[6]とツッコむというパターンが多い。

秋山がネタの設定を考え、ある程度固めた段階で内容を山本に見せてから反応を見て、よかったものを3人でネタ合わせしている[7]

秋山はラジオ『TOKYO SPEAKEASY』にしずると共に出演した際、ロバートのコントについて『大体パターンが決まってる。仲間が来て、(馬場に)やらせたら「いや、仲間は下手かい! 何年もやって、このレベル!?」っていう』と語り、村上純(しずる)は『本当だ! 秋山さんがやりたい設定とキャラはいろいろあるけど、(3人の)関係性は全部一緒』と指摘。更に秋山は『そう、全部一緒。まず、博が毎回チラシを持って来ちゃうから(笑)』『だから(全部のコントを)同じ人物でやっている』と語った[8]

ネタ中の山本がキャラに扮する機会が一切ないのは、秋山曰く「山本の困ったような表情が絶妙なため、コント中もその表情をしてほしくて山本は山本のままの役にしている」とのこと[2]

出演作品編集

トリオでの出演作品。個別での出演作品は秋山竜次馬場裕之山本博を参照。

テレビ編集

レギュラー出演編集

特別番組編集

ラジオ編集

インターネットテレビ編集

DVD編集

  • はねるのトびら
  • はねるのトびらII
  • ロバートライブ 楽しもうゼ!(YOSHIMOTO WORKS
  • はねるのトびらIII
  • デジガールPOP! B面(ゲスト声優)
  • ロバートLIVE!DVD 2005
  • ウッチャンナンチャンのウリナリ!!芸能人社交ダンス部 2005春 大復活!新たなる挑戦スペシャル!!
  • はねるのトびらIV
  • 非売よしもと本物流 2005年7月号(レンタルのみ。「ネタ下ろし劇場」「ロンドンブーツの天下取り指南」に出演)
  • スチーム係長 お笑い芸人VS係長編
  • ロバートLIVE!2006

広告編集

映画編集

アニメ編集

書籍・雑誌編集

  • CUTIE(『ロバートわくわく新聞』を連載。「ひろし記者の漫遊記」「馬場研究所だぜ!」「旬な俳優インタビュー」などの記事あり)
  • お笑いZOOM vol.1
  • beepa!vol.1
  • お笑いワイルドパーティー!
  • シブスタ S.B.S.T. 若手芸人 edition
  • Matthew’s best hit recipes 2(馬場のみ)
  • お笑いスタイル LAUGH!vol.3
  • 吉本(よしぼん)
  • テレビぼうや(2006年9月、細川徹、五月女ケイ子と共著)雑誌「クイック・ジャパン」連載記事の単行本化
  • ガッチャガッチャ本(2006年11月、キングコング、インパルスと共著)ラジオのネタなど

ライブ編集

  • 2002年
    • 2月24日 -「ロバート単独2じ4じ」(ルミネtheよしもと/東京)
    • 11月25日 -「ロバートおもしろミニライブ」(SPACE107/東京)
  • 2003年
    • 8月5日 -「楽しもうぜ!!」(ヤクルトホール/東京)
  • 2004年
    • 3月14日 -「元気ステージ」(銀座ガスホール/東京)
  • 2005年
    • 5月23日~26日 - エッグモンスターHERO presents「ロバート」(新宿シアターモリエール/東京)
    • 5月29日 - エッグモンスターHERO presents「ロバート」(なんばグランド花月/大阪)
  • 2006年
    • 8月14日 - 17日 -「ロバートLIVE!2006」(シアターサンモール/東京)
  • 2009年
    • 12月14日 -「ロバートアロマライブ~ローズの香りにつつまれて、ネタとおしゃべり90分~」(シアター代官山/東京)
  • 2013年
    • 5月18日~19日 -「週刊少年ロバピオン」(博品館劇場/東京)
    • 9月14日 -「ロバート結成15周年総決算!一夜限りのベストコントLIVE!!」(ルミネtheよしもと/東京)
  • 2018年
    • 11月29日 -「ロバート20周年爆笑コントLIVE『怒涛の無理フェス』」(ウインクあいち/名古屋)
    • 12月12日 -「ロバート20周年爆笑コントLIVE『怒涛の無理フェス』」(なんばグランド花月/大阪)
    • 12月14日 -「ロバート20周年爆笑コントLIVE『怒涛の無理フェス』」(JR九州ホール/福岡)
    • 12月25日〜27日 -「ロバート20周年爆笑コントLIVE『怒涛の無理フェス』」(有楽町朝日ホール/東京)
  • 2019年
    • 12月31日 -「ご飯の出ないディナーショー~大晦日オリジナルソング90分~」(よしもと幕張イオンモール劇場/千葉)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 2017年4月13日放送の『ザキとロバ』(メ~テレ)にて、「ネタ作りの上で縛られたくないから大ボケ・中ボケなどの分担はしていない」と述べている。
  2. ^ a b c 2016年3月4日 日本テレビ『内村てらす』
  3. ^ NSC内ではコントの評価が高かったものの、後に秋山と馬場がお笑いの勉強としてフォークダンスDE成子坂VHSを見て、そのコントのほとんどがパクリだったことが判明している。(『ザキとロバ』(メ~テレ・2017年4月13日OA)より
  4. ^ 北九州市、観光大使にロバート任命 2人が出身2012年10月13日 日本経済新聞
  5. ^ GPS??”. 鈴木おさむのオフィシャルブログ『放送作家鈴木おさむのネタ帳』Powered by Ameba (2018年4月16日). 2018年4月17日閲覧。
  6. ^ ロバート20周年!秋山竜次が語る3人の存在と役割”. 日刊スポーツ (2019年4月5日). 2022年2月28日閲覧。
  7. ^ ロバート、ありえない設定のコントを成立させる“多数決”構造。司令塔・秋山が語る「馬場の使い方」”. テレ朝POST. 2021年8月25日閲覧。
  8. ^ 秋山竜次「博が毎回チラシを持って来ちゃうから(笑)」ロバートの“コントの仕組み”を明かす”. マイナビニュース. 2021年8月25日閲覧。
  9. ^ “ロバートがテレビ埼玉の新番組でスターを発掘”. 日刊スポーツ. (2016年12月26日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1756942.html 2016年12月26日閲覧。 
  10. ^ CENTRAL JAPAN ENTERTAINMENT
  11. ^ みちょぱとロバートが“#ちょいボラ”を体験!あなたも参加した事がある“#ちょいボラ”があるかも?”. 東京都生活文化局. 2017年12月10日閲覧。
  12. ^ ロバート - オリコンCM出演情報
  13. ^ 渡辺直美、ロバートが出演!!ダイナマイトボートレース2018新CM第1弾12月31日(日)より放送開始!~とあるカフェで巻き起こるハートフル…ではなく、“ボートフル”コメディ!?~ - BOAT RACE振興会 2017年12月31日(2018年1月2日閲覧)
  14. ^ ボートレース 新CMシリーズ「姫たちだって Let's BOAT RACE」1月9日(水)より公開! - BOAT RACE振興会 2019年1月9日(2019年1月9日閲覧)
  15. ^ “北九州芸術劇場で映画「レトロの愛情」上映会-「ロバート」お笑いライブも”. 小倉経済新聞. (2013年5月17日). https://kokura.keizai.biz/headline/626/ 2018年7月9日閲覧。 
  16. ^ ゲスト声優まつりにロバート・上白石萌音さんが登場!”. ちびまる子ちゃん オフィシャルサイト (2021年8月15日). 2021年8月15日閲覧。

関連項目編集

  • ルミネtheよしもと
  • みんなのポケモン牧場 -『ポケモン☆サンデー』との連動企画で「おきゃくさま」として登場。
  • インパルス -『はねるのトびら』で共演。先述の通り板倉は秋山・馬場の元相方。
  • キングコング -『はねるのトびら』で共演。
  • ドランクドラゴン -『はねるのトびら』で共演。
  • 北陽 -『はねるのトびら』で共演。
  • さまぁ〜ず -『Qさま!!』で共演。
  • TIM -『ポケモン☆サンデー』『ポケモンスマッシュ!』で共演。
  • ダチョウ倶楽部 - ロバートと同様、3人の内、1人だけ出身地が異なっていた。
  • OH!バンデスさとう宗幸がメインパーソナリティを務めるミヤギテレビで平日夕方に放映されている大型情報バラエティー)- 馬場が「農業住みます芸人 in 仙台」という企画に協力し、仙台市内に自らの名を冠した「馬場農園」を開設。それが番組内で特集を組まれて紹介したのが縁となり、現在は「お食事処馬場ちゃん」というレギュラーコーナーを毎週月曜日に放送している。なお、放送第1回目の当日は馬場本人がスタジオに生出演した。
  • 芸人

外部リンク編集