メインメニューを開く

道下大樹(みちした だいき、1975年12月24日 - )は、日本政治家立憲民主党所属の衆議院議員(1期)。元北海道議会議員(3期)。

道下 大樹
みちした だいき
生年月日 (1975-12-24) 1975年12月24日(43歳)
出生地 日本の旗 北海道上川郡新得町
出身校 中央大学法学部法律学科
前職 北海道議会議員
現職 衆議院議員
所属政党民主党→)
民進党→)
立憲民主党
公式サイト 道下大樹 - 立憲民主党 衆議院議員

選挙区 北海道1区
当選回数 1回
在任期間 2017年10月26日 - 現職

選挙区 札幌市西区選挙区
当選回数 3回
在任期間 2007年4月9日 - 2017年9月26日
テンプレートを表示

目次

来歴編集

北海道上川郡新得町生まれ[1]。その後苫小牧市八雲町留萌市旭川市に転居する。八雲町立八雲小学校に入学し、転居に伴い留萌市立沖見小学校を経て旭川市立北鎮小学校に転校し、同校を卒業[1]。旭川市立啓北中学校、北海道旭川東高等学校中央大学法学部法律学科卒業[1]。中学校では卓球部、合唱部、生徒会副会長、高校では卓球部に所属し、大学時代は弁論部(辞達学会)に所属する傍ら生協学生委員長を務めていた[1]

1998年北海道知事を退任し2年前の第41回衆議院議員総選挙で国政に復帰して間もない横路孝弘衆議院議員の事務所に入所し、札幌事務所で秘書を務める[1]2006年より横路の公設第一秘書[1]2007年北海道議会議員選挙民主党公認で札幌市西区選挙区から立候補し、同区トップの得票数で初当選した[1]2011年2015年の道議選で、いずれも西区選挙区トップの得票数で再選[1]

2016年5月28日、かつて秘書を務めていた横路孝弘が、次期衆議院議員総選挙に出馬せず、政界を引退する意向を表明[2]。横路の引退を受け、民進党北海道連は次期総選挙において、北海道1区で道下の擁立を決定[3]

2017年9月26日第48回衆議院議員総選挙に出馬するため、北海道議会議員を辞職[4]。衆院選に際し、前原誠司民進党代表9月27日、民進党を事実上解党し、希望の党からの立候補を容認する方針を表明[5]10月1日、道下は希望の党に参加せず[6]10月3日枝野幸男が結党した立憲民主党から出馬する意向を表明した[7]。選挙戦では日本国憲法第9条改正への反対や平和安全法制の廃止を訴え、野党共闘により日本共産党が候補を取り下げて道下の支持に回ったほか、道下を後継指名した横路や地元・札幌市上田文雄前市長からも支援を受け[8]自由民主党元職の船橋利実を北海道1区で破り、当選した(船橋も比例復活[9]

政策・主張編集

人物編集

  • 家族は妻、3女[1]

所属団体・議員連盟編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i 道下大樹プロフィール - 道下大樹
  2. ^ “民進党:横路元衆院議長、引退を正式表明”. 毎日新聞. (2016年5月29日). https://mainichi.jp/articles/20160529/k00/00m/010/047000c 2018年4月15日閲覧。 
  3. ^ “民進、横路氏後継に道下氏擁立へ 衆院北海道1区”. 産経新聞. (2016年5月28日). http://www.sankei.com/politics/news/160528/plt1605280032-n1.html 2018年4月15日閲覧。 
  4. ^ “道下道議が辞職 1区、民進から出馬へ”. 朝日新聞. (2017年9月27日). http://www.asahi.com/area/hokkaido/articles/MTW20170927011730004.html 2018年4月15日閲覧。 
  5. ^ “衆院選:民進党、事実上解党 「希望の党」に合流へ”. 毎日新聞. (2017年9月28日). https://mainichi.jp/senkyo/articles/20170928/k00/00m/010/120000c 2017年11月18日閲覧。 
  6. ^ “民進北海道「全員希望に公認申請」撤回へ 消極姿勢多く”. 朝日新聞. (2017年10月1日). https://www.asahi.com/articles/ASKB14GM6KB1IIPE00M.html 2018年4月15日閲覧。 
  7. ^ “過半数が立憲民主党へ 北海道の民進系候補”. 日本経済新聞. (2017年10月3日). https://r.nikkei.com/article/DGXMZO21841230T01C17A0PP8000 2018年4月15日閲覧。 
  8. ^ “2017衆院選:注目の選挙区(3)1区”. 朝日新聞. (2017年10月16日). https://www.asahi.com/area/hokkaido/articles/MTW20171016011730001.html 2018年4月15日閲覧。 
  9. ^ “立憲民主・道下大樹氏が初当選…北海道1区”. 読売新聞. (2017年10月22日). https://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2017/news/20171022-OYT1T50205.html 2018年4月15日閲覧。 
  10. ^ a b c d e f g “第48回衆院選 立憲 北海道1区 道下 大樹”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/senkyo/48shu/meikan/?mid=D01027001001 2018年4月15日閲覧。 

外部リンク編集