メインメニューを開く

郭 同韓(クァク・ドンハン、Gwak Dong Han、 1992年4月20日- )は、韓国浦項市出身の柔道選手。階級は90kg級。身長183cm[1][2][3]

獲得メダル
大韓民国の旗 大韓民国
柔道
オリンピック
2016 リオデジャネイロ 90kg級
世界選手権
2015 アスタナ 90kg級
2017 ブダペスト 90kg級

人物編集

2013年のアジア選手権90kg級で2位になった。ユニバーシアードでは優勝している[2]。2014年に地元で開催されたアジア大会では3位だったが団体戦では優勝を果たした[2]グランドスラム・東京では優勝を飾った[2]。2015年のアジア選手権で優勝すると地元で開催されたユニバーシアードでは2連覇を達成[2]世界選手権では決勝でロシアのキリル・デニソフを技ありで破って優勝を飾っている[4]。続くグランプリ・チェジュでは3連覇を達成したが[5]、2016年のリオデジャネイロオリンピックでは準決勝でジョージアのヴァルラーム・リパルテリアニに合技で敗れて銅メダルに終わった[1][6]。2017年のユニバーシアードでは大会史上初となる個人戦3連覇を達成した[7]。その直後に出場した世界選手権では3位だった[8]。2018年のアジア大会では準決勝でオリンピックチャンピオンのベイカー茉秋に反則勝ちするなどして優勝した[9]世界団体では3位だった[3]。2019年のグランドスラム・パリでは優勝した[3]アジアパシフィック柔道選手権では準々決勝で増山香補に技ありで敗れるなどして5位、団体戦でも決勝の日本戦で増山に反則負けしてチームは2位に終わった[10]

IJF世界ランキングは2010ポイント獲得で、5位(19/4/22現在)[11]

主な戦績編集

(出典[3]JudoInside.com)。

脚注編集

外部リンク編集