金沢 次男(かなざわ つぎお、1958年12月18日 - )は、茨城県常陸太田市出身の元プロ野球選手投手)。

金沢 次男
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 茨城県常陸太田市
生年月日 (1958-12-18) 1958年12月18日(61歳)
身長
体重
186 cm
87 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1981年 ドラフト5位
初出場 1982年4月4日
最終出場 1995年8月18日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

中学1年次でゴルフを始め、当初はプロゴルファー志望だったが、佐竹高在学時にその運動能力を野球部顧問に認められ、野球を始める。

高校卒業後は、社会人野球三菱自動車川崎に進み、1981年都市対抗野球に控え投手として出場。

1981年のプロ野球ドラフト会議横浜大洋ホエールズから5位指名を受け入団。

1年目の1982年は、プロ初登板から5月2日の対ヤクルト戦まで26回1/3連続イニング無失点を記録。この試合では4回表二死満塁の場面で救援登板し無失点に抑えるも5回表先頭の角富士夫に3号本塁打を打たれプロ初失点となった[1]。速球と大きく曲がり落ちるカーブを武器に、1983年1984年と2年連続10勝を挙げるなど、遠藤一彦に次ぐ2番手の先発投手として活躍。監督の関根潤三から、口元から銀歯が見えたのと、名前の『次男』から「銀次」のあだ名をつけられた。1983年10月22日の巨人戦で堀内恒夫の現役最終打席となる8回に本塁打を打たれた。堀内から試合後に「カラ振りしようと思ったのに、ホームランになっちゃって。相手はこれからの投手なのに悪いことしたかな」[2]とコメントされている。

1986年大畑徹と共に木田勇高橋正巳との交換トレードで日本ハムファイターズに移籍。1986年にも10勝を記録するが、1989年は1勝に終わり12月6日、球団から「他球団にトレードを打診したが話がまとまらなかった」として戦力外通告を受ける[3]。弱体の投手陣のヤクルトスワローズから獲得の意思があり、無償トレードでの移籍が決まった[4]

1991年はプロ入りして初となる未勝利に終わり、この頃にサイドスローに転向する。ほとんど中継ぎであったが、ローテーションの谷間で先発するなど、随所で存在感を発揮し、1992年1993年のヤクルトの2年連続優勝に貢献。日本シリーズにも登板した。大洋、日本ハム時代は優しい性格をカバーする為に、パンチパーマ、口ひげという風貌だったが、ヤクルトではひげが禁止だった為、剃り落とし、眼鏡をかけていた。1992年8月9日深夜、自宅近くをランニング中に痴漢を発見してその場で取り押さえ警察から感謝状をもらったことがある。

1995年千葉ロッテマリーンズに移籍し、同年限りで現役を引退。日本ハムから勝利を挙げれば史上3人目の全球団勝利だった。

引退後は、ゴルフ界に転身し、レッスンプロとなった。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1982 大洋 24 5 0 0 0 5 4 0 -- .556 311 73.0 60 11 35 6 3 53 4 0 33 32 3.95 1.30
1983 37 28 4 1 0 10 12 2 -- .455 805 182.1 188 33 85 6 7 118 1 1 108 100 4.94 1.50
1984 30 25 7 2 0 10 11 0 -- .476 790 185.1 184 25 62 8 7 123 4 0 81 79 3.84 1.33
1985 23 14 0 0 0 3 7 0 -- .300 333 70.2 78 19 41 1 2 43 4 0 60 59 7.51 1.68
1986 日本ハム 27 26 7 2 4 10 9 0 -- .526 727 178.1 171 26 38 0 3 122 8 1 75 75 3.79 1.17
1987 23 16 2 0 1 6 6 0 -- .500 455 103.1 125 23 23 0 2 70 4 0 58 57 4.96 1.43
1988 21 16 2 0 0 4 7 0 -- .364 434 103.1 106 10 30 1 2 73 3 0 46 43 3.75 1.32
1989 28 5 0 0 0 1 2 0 -- .333 358 86.2 81 10 22 0 4 58 2 0 39 32 3.32 1.19
1990 ヤクルト 37 0 0 0 0 6 7 5 -- .462 308 74.0 60 12 33 4 0 69 1 0 33 30 3.65 1.26
1991 4 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 24 5.1 8 1 0 0 0 6 0 0 4 4 6.75 1.50
1992 40 6 0 0 0 3 2 0 -- .600 322 73.2 65 6 31 0 9 74 4 1 37 28 3.42 1.30
1993 31 1 0 0 0 1 1 0 -- .500 172 42.0 34 7 11 2 1 39 1 0 16 13 2.79 1.07
1994 23 2 0 0 0 1 1 0 -- .500 136 30.0 34 5 14 0 2 32 0 0 16 14 4.20 1.60
1995 ロッテ 19 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 132 31.0 22 2 14 1 5 26 3 0 14 13 3.77 1.16
通算:14年 367 145 22 5 5 60 70 7 -- .462 5307 1239.0 1216 190 439 29 47 906 39 3 620 579 4.21 1.34
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録編集

  • 初登板:1982年4月4日、対阪神タイガース2回戦(横浜スタジアム)、6回表に2番手で救援登板、1回無失点
  • 初奪三振:1982年4月5日、対読売ジャイアンツ1回戦(横浜スタジアム)、5回表にゲーリー・トマソンから
  • 初勝利:1982年4月11日、対広島東洋カープ3回戦(広島市民球場)、7回裏に2番手で救援登板、2回無失点
  • 初先発:1982年9月1日、対阪神タイガース22回戦(横浜スタジアム)、5回2/3を2失点で敗戦投手
  • 初先発勝利:1983年4月20日、対阪神タイガース1回戦(阪神甲子園球場)、6回2失点(自責点0)
  • 初セーブ:1983年6月9日、対読売ジャイアンツ10回戦(横浜スタジアム)、8回裏に2番手で救援登板・完了、2回無失点
  • 初完投勝利・初完封勝利:1983年7月13日、対ヤクルトスワローズ14回戦(明治神宮野球場
  • 1000投球回数:1990年4月29日、対読売ジャイアンツ4回戦(明治神宮野球場)、5回表2死目に槙原寛己を三振で達成

背番号編集

  • 49 (1982年 - 1983年)
  • 19 (1984年 - 1985年)
  • 20 (1986年 - 1989年)
  • 41 (1990年 - 1994年)
  • 46 (1995年)

出典編集

  1. ^ 読売新聞1982年5月3日17面「無失点とぎれたが ルーキー金沢3勝」読売新聞縮刷版1982年5月p85
  2. ^ 読売新聞1983年10月23日23面「団塊の世代 ヒーロー堀内」読売新聞縮刷版1983年10月p949
  3. ^ 日刊スポーツ1989年12月6日3面「日本ハム金沢"クビ"通告」
  4. ^ 日刊スポーツ1989年12月14日3面「日本ハム金沢、ヤクルト移籍が決定」

関連項目編集

外部リンク編集