メインメニューを開く

阿波国造(あわのくにのみやつこ、あわこくぞう)は、のちに安房国西部となる地域(阿波国)を支配した国造である。

阿波国造
No image available.svg
本姓 大伴氏又は忌部氏[1]
家祖 大伴氏 - 大伴直大瀧
種別 大伴氏 - 神別天孫
忌部氏 - 神別(天神
主な根拠地 阿波国(のちの安房国安房郡平群郡
著名な人物 大伴氏 - 伴千福麻呂
凡例 / Category:日本の氏族

目次

概要編集

先代旧事本紀』の「国造本紀」によれば、阿波国造が初めて任命されたのは成務天皇(第13代天皇)の時代である。

洞院家記』や『北山抄』によれば、安房国造は10世紀頃までの継続が確認される[2][3][4]

表記編集

律令制においては「阿波国」の表記は南海道の旧粟国が使用した(阿波国)ため、阿波国造が支配した東海道の阿波の地名は安房と表記されるようになった(安房国安房郡など)。これに伴い、阿波国造も安房国造と表記するようになった。『日本文徳天皇実録』の嘉祥3年(850年)6月己酉(3日)条(神道・神社史料集成参照)によれば伴直千福麻呂という人物が「安房国々造」であったという。また『先代旧事本紀』の「国造本紀」の伊甚国造条によれば、伊許保止命という人物が「安房国造」の祖であるという。ただしこの伊甚国造条の「安房国造」は前田侯爵家[注 1]所蔵安貞年間古写本などにおける表記であり、神宮文庫本では「国造」と表記されている[6]

出雲系編集

祖先編集

先代旧事本紀』の「国造本紀」によれば、成務天皇(第13代天皇)の時代に天穂日命の8世孫の彌都侶岐命美都呂岐命とも[1])の孫の大伴大瀧)が初代阿波国造に任命されたという。なお『古代豪族系図集覧』の系図は天穂日命天夷鳥命出雲建子命神狭命身狭耳命五十根彦命―美都呂岐命―比古曽乃凝命建御狭日命(安房国造祖)となっており、これに従えば美都呂岐命は天穂日命の8世孫ではなく6世孫となる。

また同じ『先代旧事本紀』「国造本紀」の伊甚国造条には、成務天皇の時代に安房国造の祖の伊許保止命の孫の伊己侶止直)が初代伊甚国造に任じられたとある。前掲の系図では伊己侶止は初代安房国造大滝の兄であり、伊許保止命の位置にいる人物(伊己侶止の祖父)は比古曽乃凝命である。ただしこの伊甚国造条の「安房国造」は前田侯爵家[注 1]所蔵安貞年間古写本などにおける表記であり、神宮文庫本では「国造」と表記されている[6]

氏族編集

初代国造の大瀧が名乗っていたのは大伴氏)である。この氏は出雲国造などと同系で、天皇の食膳調達(特にアワビの貢納)にあたる部民氏族の膳大伴部(かしわでのおおともべ、大伴部)を在地で統率する氏族であり、膳大伴氏(姓は直)ともいう。弘仁14年(823年)に大伴氏は伴氏(姓は直)と改めた[7]大伴氏#政争への関与と衰退も参照)。

なお同じく大伴氏から伴氏に改姓した氏族には、ヤマト王権の有力豪族で物部氏と共に朝廷軍事を管掌していたと考えられている大伴氏(姓はのち宿禰)のち伴氏(姓は宿禰のち朝臣)がおり、大伴部はこの大伴氏の管掌するをさす場合もある。

人物編集

以下に阿波国造を務めた著名な者を記載する。

子孫編集

以下の二人は安房国造一族と推測される[2][9]

忌部氏系編集

上記の「国造本紀」説とは別に、忌部氏が阿波国造だったとする説がある[1]

祖先編集

天太玉命。『古語拾遺』によれば、神武天皇(初代天皇)の時代に[1]天太玉命の孫の天富命はより豊かな土地を求めて四国の阿波[注 2]忌部氏を従えてこの地に移り住み、阿波忌部の居住地を元居た場所の地名から「阿波」と名付けたのがこの地の地名の由来であるという(#支配領域参照)。同書では安房に移住した阿波忌部が「安房忌部」となったように記されている(忌部氏#阿波忌部の東遷説話参照)が、この2つの忌部の祖神は天太玉命ではなく天日鷲命である。

氏族編集

忌部氏のち宿禰)。

本拠編集

のちの安房国安房郡[12]。現在の千葉県館山市[12]。安房郡の郡司職を担ったのは安房国造(阿波国造)一族であったと見られている[2][3][13]

支配領域編集

阿波国造の支配領域は当時阿波国と呼ばれていた地域である。阿波国はのちの令制国安房国の西部(安房郡平群郡)をさし、現在の千葉県館山市安房郡鋸南町および南房総市の一部に当たる。後に阿波国の北部は平群郡、南部は阿波郡となった[1]。 なおのちの安房国東部(長狭郡朝夷郡)、現在の千葉県鴨川市南房総市の一部にあたる地域には長狭国造の支配する長狭国があったが、この国造は『先代旧事本紀』「国造本紀」に記載されていない。これは長狭国が北に『日本書紀安閑天皇元年(534年)4月条にみえる伊甚屯倉に接し、また南からは阿波国造の圧迫を受けて、長狭国造が7世紀には勢力を失ったためと見られている。

阿波の地名の由来は、『古語拾遺』によれば、神武天皇(初代天皇)の東征(神武東征)において橿原宮を造営した天富命が、同天皇の時代に[1]より豊かな土地を求めて四国の阿波[注 2]忌部氏を従え黒潮にのってこの地に移り住み、阿波忌部の居住地を元居た場所の地名から阿波と名付けたことであるという。阿波国など十数カ国は総国(捄国)と呼ばれたが、『古語拾遺』によれば天富命が植えた麻の育ちが良かったために、麻の別称である「」から、「総国」(一説には「総道」)と命名したと言われている。

高橋氏文』は、景行天皇(第12代天皇)東国巡狩の折、磐鹿六雁命が膳大伴部を賜わり、子孫を上総国・淡国の長と定めたとしている[注 3]ので、この時代には淡国と呼ばれていたことが分かる。なおこの東国巡狩の折の記述として、『日本書紀』には淡国ではなく淡水門が登場し(景行天皇53年10月条)、阿波国の名称はこれに因むとする説もある[14]

阿波国など11国(阿波国、長狭国須恵国馬来田国菊麻国伊甚国上海上国武社国下海上国千葉国印波国)は総国(捄国)と呼ばれた。安閑天皇元年(534年)(『帝王編年記』説)には捄国のうち阿波国を含む8国(阿波国、長狭国、須恵国、馬来田国、菊麻国、伊甚国、上海上国、武社国)が分立して上総国(上捄国)となった。この分立の時期については、毛野国から分かれた上野国と同じく「上」を冠する形式をとることから6世紀中葉とみる説もある[15]。上総国は7世紀令制国となった。養老2年5月2日718年6月4日)に上総国より平群郡安房郡(以上2郡は旧阿波国)・朝夷郡長狭郡(以上2郡は旧長狭国)の4郡を割いて安房国を新設したが、天平13年12月10日742年1月20日)に安房国は再び上総国に併合された。その後天平宝字元年(757年)にもとの4郡をもって安房国が再設置された。

氏神編集

阿波国造の氏神は、千葉県館山市(旧安房郡)にあり安房国一宮安房神社(あわじんじゃ、位置)である。この神社は忌部氏の祖神天太玉命#祖先参照)を主祭神とし、同氏による創建という。この神社の神である安房神は膳大伴氏(大伴氏・伴氏とも。阿波国造の氏族。#氏族参照。)の奉斎神であったと考えられており[16][2][3]、この神社の祭祀を担ったのは安房国造(阿波国造)一族であったと見られている[2][3][13]

崎元正教による考証編集

崎元正教は『日本書紀』に記載されていることは単なる伝承ではないとする立場から、神社伝承からの考証なども加えるべきとして、安房神社をはじめとする複数の神社にまたがる天富命に関する伝承がそれぞれ矛盾なく説明できることをあげ、その信憑性を評価し[17]、景行天皇東国巡狩については、神社伝承などの考証から、伊勢を経由し尾張から海路により房総に至ったとするなど[18]、当地は黒潮と黒潮反流を利用した水上交通によって、律令制以前から、畿内など西国とのつながりが深かったとされている。尚、現在の徳島県和歌山県と南房総に共通の地名が多いのは良く知られていることである。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ a b 前田氏加賀前田家加賀藩本家は明治維新侯爵となっている[5]
  2. ^ a b 和銅6年(713年)の好字令以前は「粟」の表記だった。
  3. ^ 『高橋氏文』では安房神社を御食都神としている。このため安房国を御食国とみなす見解もある。

出典編集

  1. ^ a b c d e f 阿波国造 ( 安房) - 日本辞典(2017年12月12日午前1時14分(JST)閲覧)
  2. ^ a b c d e 安房国(平凡社) & 1996年.
  3. ^ a b c d 千葉県の歴史 通史編 古代2 & 2001年, pp. 604-612.
  4. ^ 川尻秋生 & 2003年, pp. 70-117.
  5. ^ 『寛政重修諸家譜』『金沢市史』『藩史大事典』
  6. ^ a b 新訂増補國史大系 第7巻
  7. ^ 姓氏家系大辞典. 第1巻』。
  8. ^ 日本文徳天皇実録嘉祥3年(850年)6月己酉(3日)条
  9. ^ 安房郡(平凡社) & 1996年.
  10. ^ 日本後紀弘仁2年(811年)3月庚子(6日)条
  11. ^ 続日本後紀承和3年(836年)12月辛丑(7日)条
  12. ^ a b 日本歴史地図 原始・古代編 下』。
  13. ^ a b 千葉県の歴史(山川) & 2012年, pp. 33-35.
  14. ^ 『日本古代史地名事典』 228頁
  15. ^ 楠原佑介他・編『古代地名語源辞典』「総」の項、東京堂出版 1981年。ISBN 4-490-10148-1
  16. ^ 安房斎部(千葉大百科) & 1982年.
  17. ^ 『ヤマトタケるに秘められた古代史』 69-76頁
  18. ^ 『ヤマトタケるに秘められた古代史』 87頁

参考文献編集

  • 加藤謙吉 他・編『日本古代史地名事典』 雄山閣、2007年、ISBN 978-4-639-01995-4
  • 崎元正教・著『ヤマトタケるに秘められた古代史』 けやき出版、2005年、ISBN 4-87751-287-X
  • 小笠原長和・監日本歴史地名大系 12 千葉県の地名』平凡社、1996年。ISBN 4582490123
    • 「安房国」
  • 『千葉県の歴史 通史編 古代2(県史シリーズ2)』千葉県、2001年。
  • 川尻秋生「古代安房国の特質 -安房大神と膳神-」『古代東国史の基礎的研究』塙書房、2003年。ISBN 4827311803
  • 安房坐神社(安房国安房郡)”. 國學院大學21世紀COEプログラム「神道・神社史料集成」. 2015年11月15日閲覧。
  • 『千葉県の歴史(県史12)第2版』山川出版社、2012年。ISBN 978-4634321212
    • 『千葉大百科事典』千葉日報社、1982年。
      • 鈴木邦子 「安房斎部」
  • 新訂増補國史大系 第7巻』黒板勝美吉川弘文館、1998年、新装版、先代舊事本紀凡例1頁,同4頁,先代舊事本紀本文143頁。ISBN 4642003088
  • 太田亮姓氏家系大辞典. 第1巻姓氏家系大辞典刊行会、1936年、1233頁。2018年3月30日閲覧。リンクは国立国会図書館デジタルコレクション、690コマ目。
  • 『古代豪族系図集覧』近藤敏喬東京堂出版、1993年、312頁。ISBN 4-490-20225-3
  • 日本歴史地図 原始・古代編 下』竹内理三等、柏書房、1982年、289頁。

関連項目編集

外部リンク編集